NOZOTOWN

WSBK/Rebel250/台湾/音楽。HRCイケル・レクオーナくんガチ勢。

2021MotoGP オーストリアまとめ<1>

長くなったんで2つにわけた。

 

◆レースまとめ動画

 https://mobile.twitter.com/wearetherace/status/1427995755000655885

雨雲がかわいい…

 

Mini bikersさんのまとめアニメ

 https://losminidrivers.com/2021/08/17/minibikers-2021-austrian-gp/

 

KTM公式の本人コメント

https://www.ktm.com/en-pt/racing/racing-news/binder-rolls-the-dice-in-austria-and-storms-to-second-motogp--vi.html

 

33「本当に怖かった!雨が降り始めたのを見た時、俺は周回ごとに何秒ロスしうるか計算した。他の人がピットインした時、俺は賭けに出ることを決めた。1周目はハードにプッシュできたけど、温度が下がってリヤタイヤがスライドし始めた。それからカーボンブレーキも効かなくなった!今日は誰かが側にいて俺を抱きかかえててくれたんじゃないかな、うわあ、こりゃ終わったぜ、と思った瞬間が数回あったんだよ。今日はKTMレッドブルのホームレースであり、ファンの前だ。賭けに出なきゃいけないって感じがしたのさ。今日勝てたことは、マジでキチってるぜ」

 

88「この結果にがっかりしています、もちろん、でも体の方は大丈夫です。ここでの2週間は簡単なものではなかったし、バイクで最高に快適というわけにはいきませんでした。僕にとっては厳しい日でしたが、同時に、チームメイトのブラッドの優勝は、チームにとって素晴らしいものです。だから彼の2度目のMotoGPクラスでの優勝を祝福します」

 

27  (Tech3側のと同じ、後述)

 

9 困難なレースやった。とくに序盤。バイクを止める余地がなかった。マジで遅かったし、週末通してペースが出とらんかった。ワイにとってマジ厳しい。そうなってた理由がわからんが、速くなるのはワイにはかなりトリッキーやった。それから雨が降ったので、バイクに留まって旗を見るようにした。少なくとも、いくらかポイントは稼げた」

 

コメントの順番、オリベイラDNFなんだからいつもなら一番最後になるはずなのに、今回2個目に並んでんの。ワークスへの忖度感というかサテを軽く扱ってるというかほんといちいち癪だな(イライラばあさん)

 

Tech3公式 レクオーナ本人コメ

https://motogp.tech3racing.fr/index.php/en/news-en/archives-2021/215-gp11-austria-red-bull-ring-2021

 

前日(つーか火曜に出てた)

27「今週はグリップに取り組む必要があると思うよ。レースの間ずっとかなり苦戦していたから。オレ達すごくいいレースをしたけど、働き続けて、向上する必要があるよね。バイクのフィーリングについてはすごくハッピーだよ、ただいくつかの点でより良くしていく必要があって、オレ達は達成できるって、オレ自信あるよ。お天気がどうなるか、待たないとね。雨が降る場合はトップ争いができるって確信してる。ドライコンディションならもう少しやるべきことがあるね、それでもトップに近付いて闘えると思うよ」

 

初日

27「午前はグリップに苦戦しました。理由はわからないけど、ラップタイムを更新できなかった、だからこれについては引き続き取り組む必要があるね。でも午後に雷雨になった時、オレはチームと話し合って、日曜日に同じコンディションになる可能性があるからレースシミュレーションをすることを決めました。だからレインタイヤでトラックに出たんだけど、ずっといい感じで、速くなれました。それからフラッグトゥフラッグをやって、スリックタイヤでトラックの感触を確認しました。多分、日曜の限界点(を把握すること)のために役立つと思うよ。いい感触があったし、向上できるようにしました。チームのみんな、素晴らしい仕事をしてくれて、ありがとぉ!明日もそんな感じでやってこ!」

   レース終盤がまさにこの初日の発言の通りになってて、生中継見てて打ち震えた!!レクオーナ成長した!レクオーナ偉い!

 

2日目

27「今日はハッピーです。先週と比べてレースペースをかなり向上できたんだ。ワークスのバイクとほぼ同じペースに到達できたんだよ。だからとっても満足だよぉ。タイムアタックでは向上できるようにしました。FP3での差はわずかなものでした。トップ10からさほど離されてはなかったです。

予選では、1台目のバイクに技術トラブルが発生したので、乗り換えないといけなかった。それからオレはいくつかミスをしてしまった。だってちょっとナーバスになっちゃってたんだもん。だからオレが理解しているようには上手く乗ることができなかったんだ。でもオレ達はもう(十分なレベルに)到達してるし、ただ明日の天気がどうなるかを待つだけだよ。どういう場合でも、準備はできてます」

   ナーバスな様子が国際映像で中継されてて草w後述。

 

レース日

27「確実に本当に嬉しいですっ、現時点でオレのMotoGPクラスでの最高位だから。クレイジーなレースだったよぉ。今朝はまたバイクに苦戦しちゃったし、レースの前半もそうだったんだ。グリップがかなり落ちているのを感じて、それは雨が降った時にトラックに残ることを決める助けになったよ。5周でリカバーするには差が大きすぎたんだ。だから、オレに失うものは何もないって考えて、トラックに残った。何人かのライダーといいバトルができた。最後のセクターで表彰台は獲れなくなってしまったけど、スリックタイヤでは無理だったよぅ。オレとっても嬉しいし、チームに感謝してるよ、今週末の間もたくさん働いてくれたんだ。あとオレのこと信じてくれた全ての人、特に家族に、多大な感謝を捧げます」

 

ポンシャラルさん

「なんてレースでしょう! スタートグリッドでは雨が降る可能性があることはわかっていましたが、グリッドではほんの少ししか降っておらず、残り10周まで雨が降るかはわかりませんでした。これはドライレースになるな、と僕は思ってましたよ。それから、ほんの少しの雨がどんどん強まって、レースを完全に変えてしまったんです。先頭集団はレインタイヤに替えるためピットインし、優勝したブラッド・ビンダーと、イケルとダニロを含む数名はスリックタイヤでトラックに残りました。前輪ハードのタイヤでこれをやるのは、勇気がいることなんですよ。それにもかかわらず、彼らは頭を下げたまま(運転を続けた)でした。

ブラッド・ビンダーと、KTMがここでまた優勝したことに、心からおめでとうと言いたいです。でも、最終ラップの最後の部分のほんのちょっと前には、2つのKTMが表彰台を取れそうで、その2つ目のKTMとはイケルだったんです。残念ながら、レインタイヤに履き替えたライダーがなんとか彼を捕らえ、イケルは6位でフィニッシュしましたが、これは素晴らしいポジションであり、素晴らしい結果でした。もちろん、このレースのシナリオを見ると少しフラストレーションを感じちゃうけど

でも前向きに考えていきましょう。KTMは良い結果を得て、イケルは6位で、ダニロは12位でフィニッシュして数ポイントを獲得しましたから、KTMTech3にとって素晴らしい週末でした。私たちは断然いい気分で、オーストリアでのレースが大好きですよ!」 

 

 

---

◆公式とかの動画

・初日ラウンドアップ登場。はー、かわい……喋り方とか声が未だに少年じみてて、かわいい。言ってることはMotosanとかの記事で言ってることのサマリーみたいなもの。

https://www.motogp.com/ja/videos/2021/08/13/第11戦オーストリアGP-motogp-クラス-ラウンドアップ/385740

 

・レース後インタビュー。

こっちもやっぱかわいい……言ってることはレース後インタビューのサマリー。

https://www.motogp.com/ja/videos/2021/08/15/第11戦オーストリアGP-motogp-クラス-インタビューコンプレーション/386657

 

 

◆個人の感想

レクオーナP6!ここまで自己ベストP9だったのを更新!ラストラップ、一時は、ギリギリ2位取れるかと思ったよ…(あまりにもドキドキしすぎてApple Watchが心拍数160越えを通知してきて草)しかし雨でも強いドカには勝てなかったか…(何気にミルもいたか)

雨の中スリックタイヤで粘るとかいう、難しいコンディションで、あのレクオーナが転ばなかったのがすごい。一時2位争いをしていたはずのアレイシがいつの間にかP10だったから、多分本当にコケる寸前の路面状況だったんだろう。レクオーナ偉い!レクオーナかわいい!!自己ベスト更新おめでとう!!来季シートが決まってないこの状況での自己ベスト更新P6は、本人とファンを励ます結果だ。

スタートもすごいよかった、序盤に8個もポジションが上がった。でも、中盤にやたらめったらペース落ちてたのがなあー、あれがなければ、マージン作って2位取れてたかもしれない…Tech3機、本当にワークスと同等なの??ライブタイミング見てると、レクオーナペトルッチはやたらペースが上がらないんだよいつも中盤に前の人に付いて行けなくなるのが、気になる

 

レクオーナがいい結果=私は精神的に余裕が出る。

というわけで、

ビンダー2回目の優勝おめ!基本雨が苦手な印象だけど、よくコケなかったな去年もそうだけど、誕生日(8/11だっけ?)付近は調子いいんかね。表彰式はライトナーさんじゃなくてビンダーのクルーチーフのマドリードさんを乗せてあげてほしかったよなあライトナーさん、オリベイラのおかげで今年既に2回目じゃんそういう決まりになってるのかもなあ…(KTMのおじさんたちへの不信感がまた………)

 

オリベイラ、レースは残念だったが、嫁ベイラご懐妊おめ!確かに結婚式の画像見直したら、嫁ベイラはお腹を締め付けないデザインのドレス着てたねヘルメットのスペシャルデザイン的に、男の子の予定なのかな?性別どちらでも、父母どっちに似ても、かわいくて頭のいい子になるだろうな〜、楽しみ。

 

その後のMotoEを楽しむ余裕もあった。Tech3のトゥロビッチ初優勝と、エガさんのP3が嬉しい!(レクオーナSBK行くかも説を見て、少しSBKのことを調べたんだけど、エガさんはSBKの中量級カテゴリでヤマハに乗ってんの?!忙しいね…)

 

あと小椋藍、Moto2発のP2おめ!珍しく笑顔で、嬉しかった。チャントラも自己ベスト出して、パルクフェルメと表彰式にお祝いに来てて微笑ましくて可愛い

 

Moto3、歩夢はダリビンに当てられたのにペナなしなんだ……(歩夢がインスタに出したコメント、、お怒りやったぞ。次のエントリーに記載。)マクフィーとゲバラ(かわいい)がダリビンより上でフィニッシュしてくれたから少しは気が晴れたけど。一方、バレンシア人のガルシアが優勝したのは嬉しいな。レクオーナと同じバレンシアの子が活躍するのは嬉しい。来年昇格か、留まってチャンピオン争いかいずれにしても楽しみ。

 

全カテゴリ、満足した!!こんなことはなかなかないw(主に、最推しがよく転ぶという理由でね……)

 

◆おまけ。今週のお気に入りキャプ

・木曜日。髪を切る。猛烈に可愛い……なにこのかわいさ…もうかわいさ世界チャンピオンでいいよもう…(でも先週くらいの長さの方が好きもみあげがほしい…)

f:id:nozoko250:20210817011430j:plain

 

・雨のFP2MotoGPクラスで初めてセッションをP1で終えた!

ドライのFP1とのcombinedのタイムでは下位なんで、予選に対するメリットはないやつ。でも嬉しい!!初めてだもんね!!進歩!!

雨の間、レインタイヤを使ってレースペースでたくさん周回して練習して、ラインが乾いて来てミックスコンディションになってからスリックに履き替えてた。これは乗り換え後の路面の感触を確かめるために、リスクを取りすぎないよう乗ったと本人談。ニコさんの言うことを素直に聞いて実行したね〜。そして、このFP2で学んだ内容がまさに、レースにおいて雨の中のスリックタイヤでの粘り走行に役立ったよね…(つまり、ニコさんの戦略でP6取らせてもらったようなものですね?)

f:id:nozoko250:20210817004316j:plain

というわけでニコチームが2回も映って嬉しい。前髪ちょい長めバージョンのニコさん、イイ……

在宅で仕事しながら見てたけど、FP2はまあ仕事にならなかったw

ニコさんに見とれて中継の時は気付かなかったが、今見直したらギーさんおるな!!

 

Q1ピットイン。本人のコメントの通り、メカトラブルでナーバスになっている図を、国際中継カメラに抜かれたw

f:id:nozoko250:20210817004408j:plain

f:id:nozoko250:20210817004430j:plain

 

ニコさんに向かって「ちーがーうーよ💢」「ありえない!💢」みたいに右手の人差し指を左右に振りながら顔を背けてから、向かい合って首を横に振りながら更に何か言い返していたように見える。あらヤダ険悪!(面白がる奴)

「ぜんぜん〜」みたいに手のひらを横に振るのは反射的に出るジェスチャーだと思うけど、人差し指を振るのは、強い否定や反対の意思を感じる(ぱっと例として思い浮かんだのは、いつだったかのロレンソ。マルケス接触されて順位を落とし、フィニッシュ後のクーリングラップ中にマルケスから握手を求められたのに対して、ロレンソは人差し指を振って拒否してた)

というわけで、レクオーナがクルーチーフに反抗するシーンを初めて見た!初日の各インタビュー内容的に、ニコさん/チームへの信頼がまた強くなっていることが感じられた。その上で、このリアクション。多分、レクオーナはニコさんに心を開きすぎた……感情をぶつけるようになってしまったんだと思う。つまり、生意気になってきたんじゃないの?w(まあ来季契約問題で、精神的余裕もないんだろう)

ニコさんのほうは「ちょ待てよ、聞けよ、落ち着けよ」みたいな感じが手の動きに出てる。最後はレクオーナに気圧されてるように見える!眉毛が険しいのはいつものこと。

 

というわけで、こういう悪い点も、良い点も、週末通してレクオーナにはっきりとした成長実績がいくつも見られて、お姉さん嬉しいわ……

 

ちな、予選後にレクオーナとニコさんがスッキリ仲直りできたかは不明。

今回レース前のグリッドで、珍しくレクオーナがバイクから離れたところに立って待機してたんだよね…(motorsportimages参照)確認できる限り、Moto2の時からいつもバイクに跨って待機してたのに

フィニッシュ後にチームにめちゃ出迎えられるレクオーナの動画を、Tech3インスタで見られる。ニコさんはギーさんと一緒にリヤタイヤを見て肩をすくめ、レクオーナを一瞥しただけで、近寄りもしなかった。いつもニコさんと同じくボックスの奥の方にいるマキシムさん(いつもレクオーナのお尻をたたくストラテジーエンジニア、背がめちゃでかい)は、駆け寄ってヘルメットなでなでしてくれてるのに

去年のアラゴンはニコさんわざわざ奥から速足に出てきてグータッチしてくれてたのに……去年のサンマリノはピットボックスの前でお迎えしてグータッチしてくれてたのにレクオーナが「よくできました」な直後は、早く話しかけたそうにウズウズしてる(ニコかわ!)のに…今回はこれよ。あらヤダ今回のニコさんたら冷たいわ!喧嘩中かしら!

(……多分、その後フィードバックタイムで散々しゃべるから、この時は若いノリのクルー達に譲ったのだ……と思う………けど過去に上手くやった時より、反応がなんか冷たい…。

まあ、42歳と21歳がガチ喧嘩するとは、思わないんだけど…。)

 

・ここだけレクオーナ関連じゃなくてガルソ。本人のインスタで見れるけど、わざわざ貼りたくなるくらいにいい写真、お気に入り。日本語Tシャツも味わい深い。「希望、信頼、感謝、未来」

f:id:nozoko250:20210817003943j:plain