NOZOTOWN

WSBK/Rebel250/台湾/音楽。HRCイケル・レクオーナくんガチ勢。

2021MotoGPアッセンまとめメモ

◆レースまとめ動画

https://mobile.twitter.com/wearetherace/status/1409466190741843969

 

Mini bikersさんのまとめ動画

https://losminidrivers.com/2021/06/30/minibikers-2021-dutch-gp/

 

KTM公式の本人コメント

https://www.ktm.com/ja-jp/racing/racing-news/steady-top-five-motogp--finish-for-oliveira-at-assen.html

 

88「厳しい週末でしたが、5位で、直近4つのレースをトップ5でまともなポイントで終えられたことが嬉しいです。これは今日期待できる最大のことでした。そしてお休みです。夏が終わって後半戦に入ったら、仕事を続けていくモチベーションが全開です」

 

33「俺にとっては困難なレースだった。21番グリッドからレースを始めて、始めに他の人を追い越して、それから、レースの前半は明確に俺はスピードが出なくて。周回を続けるごとにトラック上の違った点でライディングを向上し始めて、早くなった。最後には、ラストラップで俺の最速タイムと同じタイムを出せた。向上させることができたのには喜んでいるけど、早い段階でのロスが多過ぎた。アップダウンのある週末で、ちょっと迷子になってたけど、レースには俺の全てを捧げたよ。12位は少し残念だが、シーズンの次のフェーズではより強くなって戻ってくるだろうね」

 

9「最終的には少しポイントを獲得できたで。困難なレースやったわ、始まりにいくつもポジションを上げてたくさん闘わないといけなかったからな。ワイはリヤタイヤを使い過ぎたかもしれん。前にいたブラッドについて行けんかったわ。でもとにかく、18番グリッドからスタートしたという事実を考慮すれば、フィニッシュできてポイントを取れたのはよかった。ベストを尽くしたで。もちろん次のレースでは予選を向上せんといかん。」

 

27Tech3側の方が詳しいのでそっちで。

 

 

Tech3公式 本人コメ

 

https://motogp.tech3racing.fr/index.php/en/news-en/archives-2021/213-gp09-netherlands-assen-2021

 

前日

27「アッセンもまたオレにとってはGPマシンで初めてのトラックだね、去年はここでのレースはなかったから。他のラウンドと同じように、オレの目標は同じ、トップ10を狙ってフィニッシュしたいです」

 

初日

27「なんか変な天気の日だったね。でもオレはかなりハッピーだよ。午前はとっても上手くいきました、オレたちは特にバイクに触れず、たくさん学びました。オレは走るごとに向上できたよー。FP2ではタイヤだけ変えたんだけど、もっといい感じになったよ。1人でも朝とほぼ同じくらいのラップタイムを出せたんだぁ。クリーンなラップはまだ見つけられてないけど、速かったよ。いい感触があるし、その時が来たって感じ、だから金曜日についてはとってもハッピーなんだあ。明日はFP3でオレたちはプッシュし続けます!」

 

2日目

27「すごく強さが感じられたよ、特にファステストラップを出した時。1走目はセクター1でミスっちゃったんだけど、それがなければ132秒台をもう1回出せたと思うんだあ。この周回の時、マルクとヨハンがすごい遊んでてさ121314コーナーでいくらかタイムロスしちゃったんだよ。バイクはとっても上手く機能してて、オレたちにはたくさんポテンシャルがあるね。オレすっごく嬉しいし、同じようにチームに感謝してるよ、オレたち週末ずっとたくさん働いたもんね。明日が待ち切れないよぉ」

 

レース日

27「なんと言ったらいいか。レースでは強さを感じていました。何人かをオーバーテイクできたけど、他のライダーとのバトルでかなり時間をロスしました。そこで先頭集団から離されちゃったけど、ペースとしてはP11で留まれるものだったんだ。ポル・エスパルガロとバトルしてたけど、突如彼は猛烈にプッシュし始めて、ついていけなくなっちゃったよ。少なくともポジションを守ろうとしたんだけど、ミスしてしまった。白線を踏んでフロントを失くしたんだ。そのラインは前も踏んじゃったんだけど、その時はユーズドのタイヤじゃなかったから、うまくやれなかった。

ごめんなさいを言わないとねとっても強い週末を過ごせてた、でも夏休みの前にちゃんとフィニッシュすることが必要だったから。フィニッシュはできなかった、でも全体としては自分の向上ぶりにハッピーではあるよ。もっと強くなって戻って来るね」

 

(たしかにこの週、レースまではレクオーナは全セッションで転倒ゼロだったんだよなあー……経験値の浅さ出ちゃってるなあー…)

 

ポンシャラルさん抜粋

FPと予選は競争力あったのになあー。イケルが先頭集団と争ってるのを見れたのはよかった、ポルと闘って力強くP11にいたのはかなりハッピーなことだったんだけどなあー、ラップタイムもよかったし、でもコケたからノーポイントなんだよなあー

夏休み明けたらオリベイラが去年ウチにいた時に優勝したオーストリア戦だよ。それを続けるとは言わんけど、このトラックで競争力があるのは明白だから2人ともトップテンに入ることを大期待。チームのみんな、いいお休みを!」

 

---

◆公式とかの動画

・来季の契約はよせえや

https://www.motogp.com/ja/videos/2021/06/25/テック3-KTM-ファクトリー-レーシングのラインアップは/380954

ポン「今Moto2のチャンピオンシップをリードするガードナーを来年チームに迎えられることを誇りに思います、どのようにシーズンが終わったとしても彼は最初からMotoGPマシンでうまくやれるでしょう。そのチームメイトには色々な名前が上がってますが、現行ライダーのダニロとイケルにプライオリティがあります。でも色々な推測があります。今回のレースは非常に重要なものです。サマーブレイクの前ですから。サマーブレイクっていっても私達にとってはお休みじゃないんですよ、誰がガードナーのパートナーになるか、KTMのレース部門と、シーズン前半を分析して検討しないといけません。多分、オーストリア戦の前には決まるでしょう」

 

ガードナー昇格確定時からなにも変更なしですね。決定を前倒しするかもって話もあったけど、やっぱ結局夏休み中に検討……もう早く正式確定してほしい、Moto2のいいシートが埋まる前に。

このポンシャラルさんのインタビューは木曜〜金曜のもの。だからアッセンの結果は評価に含まれてない。早く決めてほC😅

 

・レース後インタビュー。コケたのにレクオーナのインタビューを含んでる、ありがたや。

https://www.motogp.com/ja/videos/2021/06/27/第9戦TTアッセン-motogp-クラス-インタビューコンプレーション/381919

27「うん、予選は今シーズンで一番いい結果だったね

週末の間ずっと強さを感じられたよ。なぜはわからないけどなんか自信があった。

チームがとてもうまく働いてくれたことがすごくハッピーです。

レーススタートして1周目はすごく困難で苦労しました。理由はわからないけど、これまで上手くできていたのに今回は今までで最悪のスタートでした。

でもリラックスしていようと判断して、集中し続け、ポジションをいくつかリカバーしました。

多くの周回の後、オレはP11にいて強さを感じられたから、正直簡単なレースのはずでした、後ろのグループに1.5秒の差があったし、ラップタイムも同じで、もう少し速くなりそうなくらいだった。11位でフィニッシュすることは簡単だった。

でも最後のシケインに入る時ちょっとバイクにリラックスしちゃったと思う。フロントを失ってしまいました。バイクを起こしてレースに戻りたかったけどトラックの中に入ってしまってできず、立ち去りました。チームに申し訳ないです、これは100%オレの失敗です。こんなミスは初めてで受け入れ難いです。

でも週末の間たくさん向上できましたし、いい前進ができました。これから夏休みですが、もっと強くなって戻ってこれると思うよ」

   夏休み前に、コメントを本人の口から聞けたのは本当に救いだった。たとえ強がりでも、たとえ実はめちゃくちゃへこんでたとしてもさ

 

・前半戦総括

https://www.motogp.com/ja/videos/2021/06/29/前半戦評価-インタビューコンプレーション/381917

ざっくりと、

27「オレにとって前半戦良かったのはポルティマオ以降ですね。カタールでは2回とも腕上がりで苦戦しました。それ以降は自分自身に対して改善できるようになりました、今朝(アッセンのWUP)もいい調子でしたし。パフォーマンスを出せるようになりましたし、楽しめるようになりました。夏休みの後も改善を続けられるようにします。」

みたいなことを言ってる。

 

◆興味深い記事:とくになし

ザクセンリンクレース後からアッセンレース後に至るまで、MotoGP界隈はビニャーレスショックが凄まじく、KTM絡みの特筆すべきニュースは出てなかった。

ただ、オーストリア2に続いて、フィリップアイランドout、ポルティマオ2inは、アンチKTM/アンチオリベイラ勢から猛反発くらいそうだなと思った。新型シャーシで完全にオリベイラのリベンジチャンスだからねえ。。。茂木も中止か…しょうがないね…

 

---

◆個人の感想

レクオーナ3戦連続ノーポイント、厳しい!「WUPまではよかった、タイヤは前輪ミディアム、ラスト7周でフロントからコケる、前輪ミディアムでは週末コケたことなかったにも関わらず。なお前の人から1秒以上の差あり、一時は0.x秒まで追い上げはしてたんだけど

これ全部カタルーニャ戦と同じなんだよなあ。

(今回のタイヤ、中継映像だとMHってなってたけどライブタイミングアプリではMMになってて、FPWUPMM多用してたんで、MMが正しいと信じる)

ラスト7周までしか集中力が持たないのか?体力が持たないのか?タイヤを持たせられないのか?外野にはわからんけど。今回も言うことは同じ「あのままフィニッシュさえすれば」!

ここ3戦、速くなる余地は見せてるんだけど、速いと終盤でコケる。思えば去年のエミリアロマーニャ戦もそうだった。

なんかバレンシアっ子、速くてもコケる子が多い気がするナヴァロ、カネット、ガルソあたり。マシアもかなレクオーナ以外は、出身地が正確にバレンシアなのかどうかは知らないんだけど……(あ、ガルシアはバレンシア出身だけどあんまコケないな…)

ついでにここで速コケ四銃士バレンシアPR動画in2019

https://m.youtube.com/watch?v=j4FJtqVc_yw&feature=youtu.be

ラスト20秒でカネット、レクオーナ、ナヴァロ、マシアが登場。

レクオーナの無邪気笑顔が最高にかわいい…19歳、かわいさピークだった…(今はちょっと顔が大人になって、格好良さの割合が増した)

 

まあ、今回は本人の弱点がはっきりしたから、来季続投できなくてもしょうがないって気持ちに傾いたかな。もし今回こけずにP11でフィニッシュしてたとして、もしそれでも続投できなかったら、KTMとドルナの陰謀だ!とか言って私は怒り狂ってMotoGP見るのやめてたかもしれん。

 

でもさー、内申点下がるにもかかわらず、「100パー自分のミスです」って認めてるのが潔くて、やっぱレクオーナかわいい好きかわいい!!ってなった。チームやマシンのせいにせず、今のチームでの続投を希望するっていうのは、某Y辞める方と対極的(なお、Y側レクオーナには興味ないと思われるので、棚ぼた移籍は期待しない)

 

今回、私がおもしろがってたのは、ビンダーがペトルッチからレクオーナを護るようなレースをしてたこと。ペトルッチとバトルしまくって消耗させて、後半ペトルッチのペースはだだ下がりだった。ビンダーはレクオーナがリタイアしたら「コケたのかよ!もう!!」って感じで、即ペトルッチの監視/コントロールをやめて前に出て行った。予選1スリップストリーム使わせてやってたな。ビンダー兄さん、せっかく守護神の仕事してくれたのに、イケルがコケてごめんよ(妄想です本人は本当に苦しんでたらしいw)

ペトルッチは

・アッセンでビンダーに執拗に絡まれる

カタールザクセンリンクでアレマル絡みで転倒

・シーズン前半ずっとレクオーナと来季シート争い

……と、2020年ルーキー3人と相性がとことん悪くて草。

 

やっぱビンダー面白い。ビンダーのレースはストーリー性が感じられる。(妄想の余地がある)

去年も寒かったカタルーニャオリベイラとお互いのスリップストリームでタイヤ温め合いレースしたりとかさそれでついてけなくなったオリベイラスリップストリームなくしてタイヤが冷えてコケちゃったんだよねこれは本人が認めてる。ネタ系としてはヘレスでオリベイラのオカマを掘ったりバレンシアでミラーのオカマを掘ったりどっちも関係良好な奴2人で草。妄想抜きでよかったレースといえばブルノでまさかのルーキー初優勝。もっと過去にはぱっと思いつくのはMoto32016年ヘレスで最後尾からの圧勝とか色々あった。あと、いつもFPで下位にいてもレースになると活き活きしたり、雨には妙に弱かったりと、特徴的。

ついでに、去年と今年のビンダーのグリッド上での傘持ちマン、個人アシスタントなんだと思うけど、すごいイカついスキンヘッドのおじさんでシュール。オリベイラは義兄、レクオーナは実兄で、他のライダーも基本的に若くて細くてハンサムで気の利きそうな感じの子がやってるのが多く見えるのに、ビンダーのとこはスキンヘッドのデカいおじさん

 

とにかく、ビンダーはおもろい、一周回ってやっぱ魅力感じるな!と思ったアッセン。

私はもともとビンダーが一番推しだったビンダーのコメントを読むためにKTM公式のレース後コメントをチェックしてた。そのうちレクオーナ推しになっていた。レクオーナが少しづつ成長していき、それに一喜一憂している姿が微笑ましくて可愛くて………ああー2020年は私にとっては本当に幸せな最高のシーズンだったよ、ポルがワークスにいていつも速くて、オリベイラTech3にいて優等生で、ギーさんもクルーチーフとして常時いて、レクオーナはみんなに甘やかされて褒めて伸ばされてて、翌年の契約もあって平和だった!楽しかった

 

◆おまけ。今週のお気に入りキャプ

 f:id:nozoko250:20210709215311p:plain

FP4前と思われる。レクオーナ安定のニコさんへの上目遣いきゃわ。ゴルカ兄(恐らく)は最近ほぼ毎回レクオーナとニコさんのツーショ上げてくれてた、ガチ有能。後半戦も頼むで…(Tech3のほうはニコさんがいつも見切れ気味やねん…)

 

 f:id:nozoko250:20210709215349j:plain

Q1ピットイン。ギーさん!「落ち着け!イケル行けるぞ!がんばれ!」とか言ってそうな感じのジェスチャーしてた、かわいい。

 

 f:id:nozoko250:20210709215412j:plain

Q1終わり、P3確定時にピットボックス内の中継あり。ニコさん……精悍……いけめん……私にご褒美タイムをありがとう

そしてギーさんagain!!今年レクオーナボックス内にいるのは初めて見た(ピットボックス外をウロウロしてるのと、Moto3ボックス内にいるのは頻繁に映っている)

というか、KTM本体もTech3としても、ペトルッチ寄りなんだと思ってたんで、ギーさんがレクオーナチームを手助けしてくれることを意外に感じた。ペトルッチ側は再三要求してワークスから今も人手が来てるかも?あと歩夢お休みで余裕ができたかな。※

なお、歩夢よくなったらしくてよかったね…(インスタ情報)頭の負傷とか無理しないでほしかったからアッセン含めしっかりお休みはよかったと思う。

 

f:id:nozoko250:20210709215811j:plain

Q1終わり。🤷🏻‍♂️こんなんなってるし、その後も明らかにメットの中で溜息ついてて、全然嬉しくなさそう。Q2進出までもうちょいだったから、その瞬間は悔しさが勝っていたのだろう

Q2冒頭で音声のみのインタビュー受けてて、その時にはもう、とってもハッピー状態になってたが。つーかあの時、レクオーナの英語めっちゃ流暢で上手くなってたな!wやっぱ喋る機会あると上達するんだろうなー。

 

なお、英語が上達する前の動画

https://www.motogp.com/ja/videos/2020/07/01/マイ-ベスト-レース-イケル-レクオナ/332370

すっごい頑張って英語しゃべってる姿がかわいいと、英語圏の女子にウケていた。

この動画、なんとたった1年前!英語は1年で上達するんだ!

 

なんかギーさん、金曜からレクオーナ側ボックスにいたということがMotorsport imagesの画像からわかった。

https://www.motorsportimages.com/photos/?team_id=964&race_type_id=112&driver_id=442167&event_id=269484&p=2

 

ギーさん来てるの嬉しいのか、ニヤついている画像が複数w

これとか超可愛いwwこんなカオ→(   ͡°  ν  ͡°)

ニヤニヤしながらニコさんの方に目線をやっている。あー、かわえかわえ……

https://www.motorsportimages.com/photo/1018686094-dutch-gp/1018686094/?team_id=964&race_type_id=112&driver_id=442167&event_id=269484&p=2

(そういえばクルーは全員マスクしてるけど、もう観客はマスクしてないんだよねえ…オランダって変異株とか大丈夫な国なのかね。マジ関係ないけどワイ関東住まい、近所でノーマスク野郎増えてんの超気になる。まだワクチンのターンが回ってこないんで…うーんってなる)