NOZOTOWN

Rebel250/MotoGP/台湾。イケル・レクオーナくんガチ勢。

21/11/27 King Crimson 東京国際フォーラム公演

「いい27( 27 *´  ν ` )」の日になんだけど、ライブ行ってきたんで、音楽ネタ。

 

コロナ時代が始まって以降、はじめてのライブだ。こんなたくさん人間がいる所に行ったのが、ものすごく久しぶりだ

自分のメモを確認したら、

邦楽は20/1/25NUMBER GIRL@那覇ナムラホール

洋楽は20/1/11A Certain Ratio@新宿MARZ

以来だった。23ヶ月ぶりだね

(このACRよかったわー、観客がドナルド・ジョンソンの名前めちゃくちゃ絶叫でコールしてて本人達も笑ってたのが印象深いwwたしかに絶叫したくなるほど、ジョンソンのドラムとチョッパーベースは熱かった)

 

クリムゾンのライブとしては、私は今回で4回目。

15/12/10 オーチャードホール

15/12/19 サンポートホール高松

18/12/19 オーチャードホール

21/11/27 東京国際フォーラム →New!!

 

その後ライブ盤「Radical Action」としてリリースされる音源のもとになった、高松公演が本当によくてな……席も一番よかったし、演奏も曲目もよかったし(Talking Drum聴けたから高松行った甲斐あった)、あれを超える感動は、もう他のどのミュージシャンでもないんじゃないかと思ってる。サンライズ瀬戸で遠征したり、香川県を観光したりしたのが楽しかったという補正も相当でかいけど。メンバーが同じホテルに泊まってたらしく、ホテル内でギャヴィン・ハリソンを見かけたんです……かっこよすぎて声かけられなかった…wそれにホテル内で声かけるのはさすがに気が引けたホテル内はプライベートエリアだからトニー・レヴィンとはホテルの外で遭遇できたので、握手してもらった!!手の皮膚が硬くてすべすべだった!私も私の友達もみんなあなたのファンだ!と、勝手に友人を代表して伝えられて嬉しかったwクリムゾンのファン、レヴィン大好きおじさん多いよね〜。

ちな私の推しメンは過去ずっとイアン・マクドナルドとマイケル・ジャイルズ、そしてメル・コリンズだったんだけど、やはり何度も日本に来てくれてると言う点で、この数年はメル・コリンズが頭一つ飛び出て最推しになっている。メルは毎回舞台からはけるときに、手を振りかえしてくれたんだよー。絶対私に振ってくれてたよー(限界オタク)なお今回は遠すぎてだめでした

 

で、今回。

会場が国際フォーラムなのな!?これまで東京公演はオーチャードしか行ってなかったので、刷り込みで渋谷に行きそうになった……本当に危なかった……

なんかツアー初日でチケットを押さえてあった。正直、洋楽ミュージシャンの来日ツアーで初日を取るのは悪手だと思ってる。全日完走を狙わない限りは。理由は、演者が緊張してたり、時差ボケしてたり、予期しないトラブルがありそうだから。(予期しないトラブルとしては、キース・レヴィン&ジャー・ウォブルの来日公演@新代田が、ビザの手配ミスで入国失敗とかいう理由で土壇場中止ってのが数年前あったわ…w結局あの2人のどっちも未だに私は見れてないんだよねえ残念。ライドンがやってる方のPiL本体はサマソニで見たけど私そっち派じゃないんだよね近年のPiLは好みじゃなくて、ただのメタルボックス厨だから…)

それでもわざわざ土曜を取ってるのは、多分、「MotoGPのオースティンがコロナで実施不可になった時、バレンシア2があるかもしれないから日曜は避けよう」と思って土曜のチケットを取ったのかももしくは先行抽選がそこしか当たらなかったのかも?あんまり覚えてない。

 

事前に、「来場者情報シートに登録してね」と、GoogleフォームのURLが書かれたメールがチケットぴあから届いていた。連絡先とか、座席番号を記入して、体調悪くないです、コロナ陽性者と接触してないです、みたいな内容の項目にチェックを入れる。

感染者が出た時の追跡用……なのかな?

 

これ、事前に登録しとけばいいんだけど、それをしてない層が入場時に混乱してたのか、それとも検温リソースが少なすぎなのか何なのか、えらい入場まで時間かかった。25分くらいかかったかな。開演に間に合わなかった人も多かったんじゃないか、2曲目頭に席に着いた人も多かった。今後どこの会場でもこんな感じで、コロナ前とは違うんだろう。早めに会場に行くよう気をつけよう

 

席は30列目、S席。SS席の抽選に外れたものと思われる(先行抽選の申し込みのことを全く覚えてない)流石に遠い……過去の良席と比べたらそりゃもう…。演者の表情だの楽器の細部だのは一切見えない。国際フォーラムってデカいんだねデカすぎるね。音だってオーチャードのほうが…。私はコーストくらいのサイズが一番好きだけど。

なお、観客席の間引きなし。普通に満席。

 

セトリ、更新されてる、仕事はええ!!

---

https://www.setlist.fm/setlist/king-crimson/2021/tokyo-kokusai-forum-tokyo-japan-b8a5592.html

 

Hell Hounds of Krim

Pictures of a City

The Court of the Crimson King

Red

One More Red Nightmare

Tony's Cadenza

Neurotica

Indiscipline

Islands

(休憩)

(??? →ここでトリプルドラム曲あった気がするんだけどうろ覚え…devil〜と混同してるかも)

Larks' Tongues in Aspic, Part One

Epitaph

Devil Dogs of Tessellation Row

Radical Action II

Level Five

Starless

 

Encore:

21st Century Schizoid Man

---

前半1時間、休憩20分、後半1時間。

(男性トイレは長蛇の列で、女性トイレは待ち時間ゼロというプログレライブあるあるは健在)

 

冒頭、PAさん!メルの音なんか小さいよ!!とソワソワしたけど4曲目で修正がかかった気がする。安心した。マクドナルドのサックスの良さは、

優等生的で都会的なところ。対してメルのサックスの良さはちょい泥くさくてエロいところだと思っている。その良さは生きていた、と思う!

 

フリップのギターはかなり音が大きく、よく聴こえた。あの博士みたいな見た目でトチ狂ったギター弾くの本当に格好いい。私はあまりギターって好きな楽器じゃないんだけど、フリップのギターだけは特別だ。

 

トリプルドラムの見栄えがすばらしい。ドラム3台って何???って最近のクリムゾン知らない人には言われるんだけど、見なきゃその良さはわからんだろうなあ。ドラマー3人の掛け合いというかバトルがかっこいいのなんの。今回、ステイシー入りのラインナップは来日初か。(つまりステイシーは最初で最後の日本ツアーか…)

Indisciplineのトリプルドラム合戦がやっぱり最高だったな……今日のベスト曲。トリプルドラムの良さが一番活きているのは意外と4期ナンバー。(なお曲ラストのI like it。メキシコライブ盤でMe gusta、だった部分は「イイネッ!」2018年もそうだった気がするけど覚えてない)

70年代クリムゾンが一番好きではあるんだけど、ライブで聴いて衝撃があるのは80年代以降の曲。多分、演者が好きに新しい解釈をして、楽しくアレンジして演奏してるせいだと思う。Indisciplineが一番その傾向が強い。ジャッコのボーカルも、再現系じゃなく独自解釈系でとてもいい。70年代までの曲は、オールドファンの思い入れも強いし、新しい解釈、アレンジを入れるような余地がないんじゃないか…。

 

スキッツォイドマンでドラムスティックを片手で高く放り投げて受け止めるというパフォーマンスをマステロットとハリソンがやってた。器用すぎて草。

ステイシーはやってなかったように見えたけど30列目からでは確認しきれぬ。ステイシーは「ワシ、変拍子叩くけど本当はエイトビートを愛しとるんよね」という雰囲気をなんとなく感じた……偏見もあるかもしれないけど

 

私はハリソンがゆっくり金物叩く時の手首のスナップがセクシーで好きですね……。クリムゾンの歴代イケメン枠の1人だよね??(独断だが、GG&F期の弟ジャイルズマクドナルド、レイクメルウェットンガンハリソン……だと思ってる。ロン毛になった兄ジャイルズも良い)

 

太陽と戦慄pt1だったと思うんだけど、意外な曲でレヴィンがスティックベース使ってた覚えあり、いつもそうだったっけか??あとこの曲でマステロットは今回もジェイミー・ミューアのフリーダム役を再現してていいw(単にミューアが好きw)………そういえば過去はこの曲のフルートソロでメルが君が代を吹いて日本向けのファンサしてくれたわけだけど、今回なかった、、というか、フルートソロあったか、記憶にない。ステイシーがシンセでデヴィッド・クロスのバイオリンソロを再現してて、おおっ!?となったのに気を取られてしまった。ミューア役とクロス役がいるぞ!と熱くなっていた…。やっぱ確認のためにもう1回別の公演行くしか…………。

 

このバンド、演奏が凄まじすぎて皆んなあまりボーカルを褒めない風潮があるように思うんだけど、ジャッコいいよね。声がいいし、どれ歌っても自然。21st Century Schizoid Bandの時より歌唱力上がってるよね??こういう全部のシーズンの曲をやるっていうコンセプトにジャッコは最適。どれ歌っても不自然さがなくハマってる。(多分、ブリューだったら6970年代の歌い上げ系ナンバーはあんまりハマらなそうな。ブリューは自分の時代の曲を歌ってる時が一番魅力的)

 

セトリ、まんべんない。宮殿曲とレッド曲が3つづつだから多いけど。やっぱその2枚が人気なのだろうな。特にハードロック、メタル寄りの趣味の人はその2枚を選ぶ傾向があるから…。

 

私はアルバム単位ならばIslands、太陽と戦慄が一番好きだったりする。その次が宮殿とBeat。それと同じくらいMcDonald and Giles(これはクリムゾンではない)その次くらいがConstrucktion of Light。

一番好きな曲は断トツのSailor's Tale。フリップのギターもメルのアルトサックスも破綻寸前までトチ狂って暴れまくってて最強。……なんだけど、毎回やってくれるわけではなく、2018年日本ツアーではほぼやらず、……そして今日もやらず!!残念だけど、過去1回聞けてるし、今回同じアルバムから選出されたIslandsは、名曲だし、個人的に思い出もある曲だし、ライブ前半のラストを飾るいいポジションで、良い演奏だった。


もし、バンドが、まだまだツアーやってくよ!過去曲掘り出してくよってフェーズだったなら、「In the wake of Poseidon」をやってほしかったなー。エピタフの代わりに。1stアルバムが断トツ人気あるからセトリから抜くのは難しかったんだろうけど…エピタフって演歌調だし、毎回やるからありがたみが薄い。ポセイドンは演歌くささが抜けてるし、実はレイクのベストボーカル曲と名高いんやで……マクドナルドがそう言ってた…。

あとは絶対無理だろうが「Neal and Jack and Me」、歌詞の世界観(解釈は複数ある)含めてめちゃくちゃカッコいい曲だぞ!!ちょっと都会的、シティポップ要素で、現代の空気にも合ってると思うんだよね。同じ理由で「Heartbeat」も今の空気に合いそう。

 

しかし、これが最後の大規模ツアーなんだそうで

https://rollingstonejapan.com/articles/detail/36831/1/1/1

レヴィン「先ごろ行われた全米公演は最後の全米ツアーという触れ込みだったし、ロバート・フリップも今回のツアー全行程を「日本で幕を閉じる」と説明していた。だからこれがクリムゾン最後の日本公演になるだろう。」

 

このインタビューを見てから実際演奏を聴くまで、もしかしてメンバーほぼみんな年齢の問題でパフォーマンスが落ちたり劣化したりしてるのか??とやや心配だった。でも杞憂だった。まったく劣化してない!トリプルドラム体制になってからずっと最高の演奏パフォーマンスを維持してる、すごい。これをやるために、この爺さん(と、おじさん)達、どれだけ努力してるんだろう……最後にペコリとお辞儀をして舞台を降りていったフリップを見て、涙が出てしまった。でもこのまだまだ最高パフォーマンスを出せている時点で身を引くのが、引き際として美しいんだろうな。それもフリップらしさ感じる。

 

凄まじいライブ演奏に感激して、ライブ終わるやいなや物販に並び、思わず予定にないものも購入した…w(なお現金払いのほうがレーンが多くて早い。ただしカード払いだと「KING CRIMSON」って書いてあるレシートもらえたw)

Tシャツのサイズ欠けが出てた。ツアーのテーマ画像のプリントTシャツ(ワイも買った!)と、ロンTが人気のようだった。半袖T、女性はXSがちょうどよさそう。

 

--

まとめ

・コロナ時代のライブ会場入りは検温等でごたつくので早めがよさげ(要検証)

King Crimsonメンバー全員、演奏に衰えなし!

・セトリはまんべんないよ!楽しいよ!

--

恒例、レヴィンの撮影会タイムに撮らせてもらったやつ。

f:id:nozoko250:20211128003619j:plain

 30列目じゃあな…こんなもんよ…。当日券狙いでもう1回行こうかな…。

 

ってかNew Order2022年の来日とうとう中止決定!!2年延期したのに!無念!!次のライブ予定がなくなって失望だ……

21/11/24 speedweekレクオーナインタビュー訳とか

なんかspeedweek独占っぽく読めるんだけど、新規インタビュー記事が出てたので、訳。

 

・ネガティブめインタビュー

https://www.speedweek.com/motogp/news/185136/Iker-Lecuona-Die-MotoGP-war-nicht-fair-zu-mir.html

MotoGPからSBKへの転身の理由を聞かれ

27MotoGPはオレにとってフェアじゃなかった」

 

ー苦い気分かと聞かれ

27(長い沈黙の後に)一方ではそうだけど、一方ではそうじゃないね。オレのミスは若すぎるのにMotoGPに昇格したことじゃなくて、昇格した時の状況だよ。オレは2年間、コロナ禍で、通常通りのグランプリをできないシーズンをすごした。コロナのせいで、例年よりずっと少ない回数のレースしかできなかったし、その結果、乗るのも理解するのも難しいバイクなのにずっと少ない距離しか走れてないんだ。2020年はコロナ禍のせいで、今年使うサーキットのいくつかには乗れないってことだった。結果としてそのサーキットはオレにとって完全に新しいもので、もちろんパフォーマンスにも影響した。

だからオレはフェアじゃなかったって思うんだよ。オレの年齢では何もできることなんてなかったって思ってる。多分、昇格した時、オレは100パーセント準備ができてたわけじゃないと思う。だけどオレにはMotoGPで闘えそうなモノがあった。それはオレが初年度も今シーズンもトップ10を闘えたことで、見せることができたと思っているよ」

 

--

・こっちはポジティブめインタビュー。

https://www.speedweek.com/motogp/news/185157/Iker-Lecuona-ueber-Rossi-Duelle-Groesste-Belohnung.html

ーこのお別れは最後のお別れなのかと聞かれて

27「わかんない。人生にはいろんな曲がり角があって、起きたこと全てに理由があるんだと、オレは思ってる。(MotoGP)永遠に去るとは言えないよ、でもその反対のことも言えない。どんな未来がオレを待ってるかなんて、わかんない。

スーパーバイク世界選手権のホンダと2年間、契約をしました。オレはこの機会がとても嬉しし、いつも通り、ベストを尽くすよ。もしオレ達がMotoGPに戻らなきゃいけないならそうする。そしてもしWSBKに留まらなきゃいけないなら、留まるよ」

ー短いMotoGPキャリアにおけるいい思い出

27「まず何より、もちろん、ヴァレンティーノ・ロッシとレースできたことだよ。彼はずっとオレのアイドルだったんだ。MotoGPでヴァレンティーノと同じ時期にレースができた2000年代生まれのライダーは、オレだけだっていう事実があるんだよ。それに今年、56回、直接対決ができたことはオレには最高のご褒美だったよぉ。

オレの子供の頃からの頑張りと努力に対するご褒美だったね、あと、オレがこういうキャリアを積むことを可能にするために、オレの両親はじめ家族が払ってきた献身と助けに対しても、ご褒美だったんだ。あとは、MotoGPへの昇格は、オレが一番好きなことをして生活していくことを可能にしたね」

 

    この言い方MotoGPSBKは、やはり収入がMoto2とは段違いなんだろうなあ

なお、高身長がハンデにしかならない(あと金がかかる)Moto3をスキップして、かつエガさんの代役でMoto2に飛び込まなければロッシと同じ時期にレースはできなかったから本当にその点はラッキーだったと思う

 

--

・あんまもう私には関係ないんだけどまたまたKTMにイラッときたんで

マイク・ライトナーさん、レースマネージャー退陣。

https://www.speedweek.com/motogp/news/185170/KTM-Warum-die-Weichen-neu-gestellt-werden-muessen.html

 

https://www.speedweek.com/motogp/news/185155/Knalleffekt-bei-KTM-Leitner-geht-Guidotti-kommt.html

 

対訳はしないが、一言で言えば左遷に見える。

2021年に、2020年ほどの上り調子を続けられなかったこと。

ライダー人事の機会損失が疑われること。

ザルコ契約破棄後にオリベイラがワークスに行かなかった時のグダグダ(別にそれはレクオーナがそれなりに速かったし、オリベイラTech3でも結果出したんだからもうよくね…)

KTMペトルッチの意見も踏まえ、ドゥカティの体制を参考にしたらしきこと。

 

なんかエンジニア出身の人がそんな理由で辞めさせられるの納得いかないな……上記が理由なら、もっと辞めるべき奴いるじゃん?ww(ライトナーさんとポンシャラルさんは私の許さないリストに入ってなかったので)

まあ、エンジニア達がデータをもとに判断しようとしてるのに、ライトナーさんが経験依存で判断に影響を与えていたと言われている、という一節があるんで、そこはアカンかったのかなとは思うけど。59歳か

このケースは、エンジニア出身者がマネジメント職に転じて上手くいかなかったという風に、結論付けられてしまうのかな

 

ライトナーさんの後任はプラマックのフランチェスコ・グイドッティさんが内定とある。

ライトナーさんは元ペドロサのクルーチーフとして有名だけど、こっちのグイドッティさんは、ライトナーさんの後にペドロサ担だったジャコモ・グイドッティさん(LCR中上担クルーチーフ)ではなく、その兄弟だと書いてある。へえ!知らない人でした!記事の写真を見ると、顔が同じなんで、最初、訳がわからなかったわ(中上さんのSNSを見ると、木曜にコースをクルー達と下見する自撮りがよく上がってて、和気藹々しててLCRかわいい)

 

まあとにかくKTMはドカがうらやましくてしょうがないってことはわかった。チャンピオンライダー輩出してるのはずっと日本メーカーなんですが。ライダーランキングよりコンストラクターランキングでも狙ってるのか。エグゼクティブ達が6台体制にしたいとかいう地獄みたいなこと言ってたし。

それって結局のところ、ホワイトカラー達がブランドイメージを高めてバイク売って金を稼ぎたいんだろう、ライダー達とエンジニア達はその歯車だとでも思ってるんだろう。だからあんな酷い扱いができるんだろう。と私自身は捉えた。推しと縁が切れてくれてよかった😄Tech3は………まあがんばれ……。

 

--

◆おまけ:

2020年の話題が出てたので。20192020の私のベストお気に入り画像の1つがこれ。2019バレンシアテスト、ニコチームに来たばかりの時。(2019バレンシアグランプリでのオリベイラ代役のほうは、もちろんギーさんチームでの参加なので、テスト日からニコ担体制がスタートしているはず)

ニコさんにきょとん顔かますイケル。可愛い。絵に描いたようなTheきょとん顔。イケルあざとい、可愛い、あざと可愛い。

2021MotoGP転倒王ランキング、SBKバウティスタ インタビュー対訳

興味を持ったメディアの記事をメモっとく

 

--

 

MotoGP 2021転倒王発表

https://www.paddock-gp.com/motogp-sur-les-278-chutes-constatees-en-2021-75-ont-eu-lieu-avec-une-honda/

多分もうすぐ公式がMoto2/3含めたカウント結果を出すのだろうけど、メディアによるカウントの結果がこれ。

-

転倒王メーカーランキング:

Honda 75 falls (27%)

Ducati 72 falls (26%) →ここは台数とルーキーが多いのでしょうがない

KTM 58 falls (21%)

Aprilia 32 falls (11.5%)

Yamaha 21 falls (7.5%)

Suzuki 20 falls (7%)

 

転倒王ライダーランキング:

Iker Lecuona (KTM) 26 accidents

Marc Márquez (Honda) 22 accidents

Pol Espargaró (Honda) 20 accidents

Alex Márquez (Honda) 19 accidents

Aleix Espargaró (Aprilia) 18 accidents

Enea Bastianini (Ducati) 15 accidents

Jorge Martín (Ducati) 14 accidents

Jack Miller (Ducati) 12 accidents

Takaaki Nakagami (Honda) 12 accidents

Miguel Oliveira (KTM) 12 accidents

Alex Rins (Suzuki) 12 accidents

Danilo Petrucci (KTM) 10 accidents

Lorenzo Savadori (Aprilia) 10 accidents

Johann Zarco (Ducati) 10 accidents

Valentino Rossi (Yamaha) 9 accidents

Brad Binder (KTM) 9 accidents

Luca Marini (Ducati) 9 accidents

Joan Mir (Suzuki) 8 accidents

Pecco Bagnaia (Ducati) 7 accidents

Fabio Quartararo (Yamaha) 7 accidents

Maverick Viñales (Aprilia) 4 accidents

Michele Pirro (Ducati) 3 falls

Stefan Bradl (Honda) 2 falls

Jake Dixon (Yamaha) 2 falls

Franco Morbidelli (Yamaha) 2 falls

Tito Rabat (Ducati) 2 falls

Garrett Gerloff (Yamaha) 1 fall

Dani Pedrosa (KTM) 1 fall

Sylvain Guintoli (Suzuki) 0

Andrea Dovizioso (Yamaha) 0

Cal Crutchlow (Yamaha) 0

-

 

来年………大丈夫かな(^ω^)

 

ちなみに2020年のレクオーナは転倒王4位。

https://www.motogp.com/ja/news/2020/12/08/転倒レポート-最高峰クラスの最多転倒は2年連続してザルコ/359825

去年のほうが転んでないように見えるけど、単純に3回も欠場していたせいもある。あと今年は、KTM旧シャーシと前輪ハードのスリックタイヤの相性が悪かったというのもある。つっても他3人はそこまでコケてないわけだから。やはりレクオーナは速くなりたくてプッシュしすぎてたのかなあと思う。前のめり感。そして後半戦の「どーせ来年ないし思いっきりやってやんぞ」感。

 

逆に「来年から本気出す」モードのドヴィは0回。来年のドヴィの活躍に期待している。活躍してほしいなあ。あ、ザルコさんは脱転倒王おめでとw

--

 

Motosan 21/11/19バウティスタさんのインタビュー。ちょっと長い。

https://www.motosan.es/sbk/bautista-revela-el-motivo-por-el-que-volvera-a-ducati-honda-tendra-una-moto-competitiva-pero-yo-no-tengo-tiempo/

 

19「来期、僕はチームが変わってドゥカティに戻るよ。正直言って、何も期待したくないね。あのバイクに最後に乗ったのは2年前だし、今どういうことになってるのかはわからないから。ただテストして、乗って、あの頃あったイイ感じを回復させたいよね。僕は何も期待してないっす。「勝ちに行くぞ」とか「チャンピオンシップを闘いに行くぞ」とか言いたくないんだよね。

 

ただ戻って、バイクにいい感触を持てるようにしたい、速くなろうとしたい、楽しもうとするよ。2019年は僕はドゥカティで結果を欲しがってたし、たくさんのことを学んでいた、なぜならシーズンの始めから僕は、ちょー強かったからね。来期は目標の順位とか結果は求めないよ。ただ楽しんで、バイクに乗って、それから何が起きるか見てみるよ。

 

HRCか、ドゥカティかを選ぶ時は、容易なものじゃあなかったね。HRCは素晴らしい会社だよ。ドゥカティは既に競争力のある良いバイクがあるよ。僕の感触としては、HRCは競争力のあるバイクに到達できると思うよ、確実に。MotoGPでそれをやり遂げたし、ここでもやるだろうね、でもまだ時間を要すると思う、特に、このチャンピオンシップでは、MotoGPみたいなやり方でバイクを変えていくことはルール上、許されていないから。

 

僕はグリッドで一番若いライダーってわけではないし、僕には時間がないと思ってるんすよ。僕の選択は、時間の問題による所だね。僕は速くなりたいし、競争力を持ちたい。僕は今、もう既に競争力のあることがわかっているバイクがほしいんだよ。これが変化を選んだ動機だね。HRCは競争力あるバイクを持つだろうけど、まだ時間が必要で、その一方で俺にはそれだけの時間がないんだよね。

 

僕にとっては多分、今シーズンは予測していたより悪かったねえ。チームHRCとの1年目を終えて、僕はもっといいシーズンの始まりを望んでいたよ。特に最初数レースは、僕達が2020年より改善できていたとは、僕には思えないね。最初の時点ではもうちょっといいことを期待していたんだけど。シーズン中、たくさん作業し、レースシーズン中も多くのテストをしたよ、で結局、よい進歩をするのは難しかった。

 

シーズン半ばにかけて、僕達は基本的な設定を保つことを決めたんだ、変更は小さくして、電制にウェイトを置くようにね。シーズン半ばから終わりにかけて、僕達はちょっと良くなった、同じバイクに電制のちょっとした改善をしただけだからね。小さな前進だったよ、最終的に、僕達は表彰台を争えるようになった。でもぶっちゃけ、僕はシーズンの頭から表彰台近くで闘うことを期待してたんだよねぇ。結局それは簡単なものではなかったけど、僕達は、プロジェクトとバイクと、前進したよ。

 

チームHRCとの2年間で、スーパーバイクについてさらに発見があったね。2019年までこういうバイクには乗ったことがなかったから、僕には全てが新しいことだったよ。この2年間でたくさんのことを学べたね。このタイヤの経験を積んで、よりバイクを学び、違いをより知った、スタートラインから始めること、WSBKで新しいプロジェクトを始めることで、たくさんのことを学んだんだ。僕は電制とシャーシとエンジン特性に集中した最初のシーズンではあまり作業しなかった部分で、多く作業をしたよ。

 

僕はチャンピオンシップというものをよく知っている。多くの経験があるし、自分のライディングスタイルにとても合っているんだ。たくさんのことを学んできたし、HRCと共に新しいプロジェクトを発展させることの多くの経験も手に入れた。僕達は未来のための、基本的なバイクを作る所から始めたんだ。僕は誇りに思うよ、たとえ期待したような結果ではなかったとはいえ、僕達はレースで最善を尽くした、だから僕達が成し遂げた仕事にハッピーだよ。」

 

 

   バウティスタさん37歳だからね…(見えないかわいいキャラも含め…)将来のことを考え始める年だから…CBRを完成させることより既に完成されたパッケージを求めて、残る数年のうちに結果を出したいと思うのは自然だと思う。

 

--

◆個人の感想

SBKインドネシア戦は概ねリアタイで見たんだけど、ハスラムさんは手術後の肩に痛みが出て欠場したの気の毒だったな最後だったんでしょ

 

インドネシアはレイさんが最高だった……自分が全部1位取らなきゃその時点でチャンピオンは無理、1位取った上で、ラズガットリオグルさん次第という、超プレッシャーのある状態でしっかり1位取ってるのカッコよすぎだ。チャンピオン防衛は成らずとも、激アツだよ。今年のチャンピオンシップとしては、多分MotoGPよりSBKの方が熱かったと思う。

レイさんは成熟した大人だ。MotoGPは気が付けば若造だらけになってるから、対照的にレイさんの安定性、大人感、完璧さを見て、new to SBKの私はビックリしてしまった。(決してイケメン枠ではなく、真面目そうな職人ぽい雰囲気あるのもいいよね。日本にファン多そうだなー)

人類みんなレイさん見習った方がいい。特にイケルくんな!!!!!イケルは来期メンタルなんとかせんとレイさんの壁は厚い……。というか、SBKって精神の安定してそうなベテランだらけな気がする……来期はちょっと減るとはいえ

 

こういう「自分が1位を取らなきゃ即アウト+その上で相手の順位次第でチャンピオンになれるかもなれないかも」みたいな状況で1位を取った人は、私は2015Moto3オリベイラだ!と思う。あれは本当によかった……オリベイラは優勝して完璧だったけど、辛くも十分にポイントをとれたケントがチャンピオンになった。パルクフェルメでメカニックと長いハグをするオリベイラの姿が泣けた

2019Moto2のビンダーもまあ似たケースかな。2019年のエンジンが、新規トライアンフ製じゃなくホンダ製の継続だったらなあ……といつも夢想しますね………

 

--

・おまけ

実はまだ出し惜しみをして、バレンシア戦のMortorsportimagesKTM公式の画像を見ていない。来月、燃料切れた頃に補給用に取っとこうと思ってw

で、これは本人SNSから借り。(もっといい画質を本人SNSで見れる)

 f:id:nozoko250:20211123222425p:plain

ニコチームのみんなにサイン入りレザースーツをプレゼントしたみたい。転倒王なだけあって、ダメにしたツナギがいくらでもあるwクルーそれぞれのお名前と、「この2年間ずっとありがとう。メルシー」というようなメッセージがある。メルシーくらいのフランス語はちゃんと書けるイケルくん書けてるの)。イケルのダブルピース可愛すぎ可愛い可愛い。ニコさんの笑顔が最高すぎる…………ほんっっっと男前やぞ(って男性に言うとあんま同意してもらえない謎。女子は同意してくれるんだが?気い遣われてるだけかなw?)

ニコんちにイケルのガワが鎮座することになるとか、胸熱………

21/11/18 SBK関連ニュースちらほらメモ

SBK公式にキャミアさんのインタビュー映像来てた。インドネシアグランプリの木曜のインタビュー。キャミアさんから新体制ヤング2人に関するコメントはこれが初のはず。

ビデオパス民用だったので、一部抜粋だけに留める。

 

https://www.worldsbk.com/en/videos/2021/WorldSBK%20Indonesia%20Thursday%20Interview%20Camier

キャミアさん

(レクオーナとビエルヘについて)エキサイトなニュースです。このチャンピオンシップの経験はない若手ですが、ポテンシャルがあり将来に期待しています。

(MotoGPからSBKへのアダプト難しいでしょ?と言われ)スキルはMotoGPからSBKに遷移できるはずだから問題ないですよ。

・チャビは電制を学ぶのが難しいでしょうけど、ボックスには経験者がいますから、いいパッケージを与えられるはずです。

(レクオーナ今年後半すごい速くなったよね、注目してるでしょと言われ)間違いないですね。21歳で非常に若く才能があり、良い将来性があると私は理解しています。SBKでも速くなることをホンダの全員が信じていますよ。様子を見てみましょう。

(超ベテラン2人から一気に若い二人組に変えるんだねと言われ)ヤングなライダーはこういうスーパーバイクの経験や理解がありません。このパッケージにはまだ向上させなきゃいけない点は多数あります。が、同時に、ライダーは完全に新しいものとしてアダプトできます。期待や前もった経験がないほうがアダプトしやすいものです。それが我々に何か突破をもたらすことを期待しています。

 

--

あとspeedweekSBK関連ニュース、見始めたんだけど、早いし簡潔にまとまってるし、やっぱささっと情報手に入れるのには一番使いやすい。ドイツ語を一回英語に自動翻訳かけなきゃ理解できないという一手間はあるけど。

 

・直近のウインターテストは12/1517っぽい

https://www.speedweek.com/sbk/news/184535/Zusaetzliche-Testtage-Premiere-fuer-BMW-und-Honda.html

   

   MotoGPのホンダチームが主催して、HRCだけでなくカワサキワークス、BMWワークスも参加すると書いてある。へえ!ここで初めて赤いイケルがお披露目されるだろうか。まだテスト用の黒っぽいウェアになるのかな?どっちも楽しみ。

 

--

・来シーズンのスケジュール予測があった。全13回見込み。

https://www.speedweek.com/sbk/news/184811/SBK-Kalender-auf-den-Kopf-gestellt-E28093-ohne-Deutschland.html

Provisional calendar Superbike World Championship 2022:

April: Aragón/Spain *

April: Assen/Netherlands*

May: Estoril/Portugal

June: Misano/Italy*

July: Most/Czech Republic

July: Donington Park/Great Britain

September: Magny-Cours/France

September: Barcelona/Spain *

October: Portimao/Portugal *

October: San Juan/Argentina

November: Mandalika/Indonesia

November: Phillip Island/Australia

Event 13: Istanbul/Turkey or Jerez/Spain*

 

   *」でマーキングしたのが、レクオーナMotoGP機で走ったことのあるサーキット。イスタンブールかヘレスになるのかはわからないけど、ヘレスが日程に含まれたとしても、半分以上が初なのかー。

フィリップアイランドはMoto2で経験あるし、その他ヨーロッパ内のサーキットはCEVで経験がある可能性はある。そこまで追えてないが。

 

思い出のデビューコースかつ得意コースのシルバーストーンがないのが残念だ………。あとオーストリアレッドブルリンクもないのな。ああ一番悲しいのは、地元かつ表彰台獲得経験のあるバレンシアがないことか…………

ポジティブな面としては、走り慣れてて割と得意であろうアラゴンから開幕するという点くらい。

あとどこだったか忘れたけど海外メディア(多分フランスのPaddock GPだった気がする)は「2023までCBRに大幅アプデないし、ヤング2人は丸1年を慣れることに費やせるね〜」って書いていた。1年は不慣れでも許される

 

ところで、来年もあるマンダリカ、早速土曜のレース1が大雨で延期してたけど、インドネシアってスコール多いよね。めちゃ強いし、1時間くらいは平気で降るやつ。過去に11月に旅行した時、たまたまかもしれないけど、ほぼ毎日降ってた。ここ、きっちりタイムテーブル決まってるような催しには不向きなんじゃないの〜って思った。特に、チャンピオンシップ大詰めのタイミングでは。気温としてはいいんだろうけど。

 

開幕時期、4月なら、思ってたより近い。忙殺されて気付いたらすぐ4月になるんだろうなあ……

 

---

◆おまけ

過去のオフシーズンのツナギのファッションチェック。

 

f:id:nozoko250:20211121032312j:plain

2018年末。なんか当時のビンダーチームと一緒にいるのか?このおなかの柄、ハイエロファントグリーンぽいなあとなんとなく思う。イエベ春向きのかわいらしい色みの黄緑を選んでいるのがよい。

 f:id:nozoko250:20211121032329j:plain

このデザイン、世界中のありとあらゆるツナギの中で一番いい!(大絶賛)

色の切り替えが上の方なので足が長く見えるデザイン。イケルといえば牙モチーフ。うまくあしらわれていてとてもいい。2019年頭あたりか。もう年中これ着てた方がいいよ!って思うくらいの、いいデザイン。めっちゃかわいい、もっと着た方がいい!

 

f:id:nozoko250:20211121032425j:plain

2021年頭。メットとグローブとブーツに至るまで全身モノトーンで無難にまとめてきた。複数枚の画像から確認できる限り、デザインの独自性は肩と背中に27のプリントがあることくらいか。いたって普通のツナギ。無難。ほかのコメントが浮かばない。

 

上から

ちょいモテ〜、おモテ!、ちょいブス〜。

(あのコーナーまだやってるんかね……)

 

ついでに、2019年、KTM乗り換え&色確定前のTech3。上の3つとは用途が違うけど(下のは公式テスト中の画像)この「デザインは通常版、色だけ違う」ってのが特別感あって好き。2Pカラー的な。スポンサーのロゴも完全に白黒になってるのがいい。

f:id:nozoko250:20211121032604j:plain

(-_-  55)いやーこのマシンあかんねんニコはん

みたいな顔してて草。

シャーリン、ホンダ機は合うといいね…

 

---

SBKってインタビュー映像がほぼ全部ビデオパス民専用なんだった……

有料で提供されてるものを、勝手に日本語にしてオンラインに置くのはまずいだろう。いちファンの楽しみでしかなく、非営利かつアフィもないところにアップするとはいえ。

とりあえず、今回は要約抜粋だけメモすることにした。あとは自分用にはオフラインのメモを併用するかめんどくさいけど。

インタビューをもとにニュース記事が公開されたら、その記事の内容を訳するのはセーフのはず。前回のレクオーナとビエルヘのインタビュー映像のときはそのパターンだったと思う。

 

うーん、またメモ置き場の問題が出始めてしまうとは

2021MotoGP バレンシアまとめメモ<3>

まとめメモ今年度分の最終回。

 

◆メディアの記事

 

Motosan レース後インタビュー

https://www.motosan.es/motogp/lecuona-ha-sido-muy-especial-luchar-con-marquez-rossi-y-pilotos-top-he-llegado-a-competir-con-pedrosa/

 

MotoGPでの最終回

27MotoGPにいることはとても素晴らしいことだったよ。2年間ここにいられる機会を、誰でも得られるわけじゃない。今はここでのキャリアを止めて、他の道に進みます。マルク、ヴァレンティーノ、ファビオ、ほかの全てのトップクラスのライダー達みんなと闘うことは、とても特別なことだった。ペドロサとだってレースすることができた!オレは絶叫して楽しんだよ。オレはこの機会を与えてくれたKTMとチームのみんなに感謝してる。あとオレを信じて支えてくれた家族と、ここに来てくれたファンにも」

 

ー変化

27(来年のために)オレはバイクを試したい。全てが完全に新しいことだよ。オレはスタートラインから始めることになるけど、それが厳しいかどうかとか、表彰台に乗れるレベルかどうかだとかは言えないね。バイクとタイヤをテストしてみなきゃ。12月にヘレスでテストがあると思うけど、まだ確実じゃないや」

 

MotoGPでたくさん学んできた

27MotoGP2年過ごす機会があったけど、オレにとってはフラストレーションをマネージする時でもあった。特に今シーズンの前半は。ウインターテストで頑張った。最初のレースでは自分自身にたくさん問題があった。MotoGPではいいバイクに乗ってこれたけど、起きたことは変えられないね。オレはここにいることが嬉しいけど、トップにいられたわけじゃない。将来何かあるかなんて、だれにもわかんないよ」

 

ー今シーズン総評

27「シーズン前半の土日は自分自身を不安にさせていた。シーズン後半は浮き沈みがあった。強く、速くなり始めたけど、オレはいつももっとそれを求めていて、その渇望のあまり転倒することもあった。5位になっても、もっと求める気持ちが止まらなかった。6点って感じかな、もっとうまくやれたと思う。でもシーズン全体を振り返ると、ポジティブだよ。オレはベストを尽くし続けた、この2年間、多くの新しい人々に会えたし、来年のための経験値を積めた」

 

スーパーバイクでの新たな挑戦

27「オレは自分をコントロールすることを学んだし、まだ感情面ではそれをやらないといけない。トラックの外での問題を、トラックに持ち込まないよう、切り離すことを学ばないといけないんだ。前進し続けないといけないんだ。来年何があるか見てみよう、今はそれくらいしか言えないよ。最初のレースで何か言えると思う。願望とエネルギーを持って上手くやっていく、新しいステージだよ。新しいプロジェクトだから、サプライズをもたらすことだろうね」

 

--

・これはニュースではなく、海外ライターの一意見でしかないけど、「LCRにはレクオーナでよくない?」と言い出してる人達もいる。

https://www.paddock-gp.com/motogp-honda-un-retour-de-marquez-mais-version-alex-chez-repsol-et-une-surprise-chez-lcr/

記事を要約すると

マルケスの複視からの回復は2022カタールには間に合わなさそう。ホンダはもうバックアッププランを持ってるでしょ?アレマルをレプソルに戻して、ルーチョさんのLCRレクオーナを雇用することになるでしょ。レクオーナ2021シーズン始めは期待より低い成績だったけど、後半は速かった、でも覚醒が遅すぎたから来期はSBKのホンダワークスだね。必要があれば新しい契約作れるでしょ。まあ全部憶測だけど、火のないところに煙は立たないんだよ〜」

と書いてある。

 

   →またかよ????また「レクオーナよくね」なのかよ?

やめたげてよお!ビニャーレスヤマハ離脱事件の時もそうだけど、期待させて落とすのもうやめて!

イケルは変な期待せずちゃんとSBK行って1勝したほうがいいと私は思う。そもそもCBRは勝てるバイクなのか?っていう疑念が世界的にあるみたいだけど。でも改善されてるように見える。今年のSBKの配信を頭から順番にユルく見進めてるんだけど、バウティスタさんとハスラムさん、頑張っていい方向性に向けてきてるよね、徐々によくなってきてるように見える。まだ全部は見れてないけど。あとバウティスタさんのレースでの追い上げすごい、ビンダーみたいで面白い。速くてチャーミングでステキなライダー、その後任ってイケル荷が重いw

 

ただまあ………SBK開幕までヒマだろうから、ウインターテストの代役はいいかもねMotoGPSBKそれぞれでホンダ機の試乗会すんの。

これホンダの開発者側には旨みがなさそうだから、ないだろうけど。やったら両者とも迷走しかねない。そういう機会があるなら将来のために小椋藍を乗せそう…。

 

--

・ところでMoto2、ラミレスの来期相方はコルシさんがアグスタ続投となったそうな。

https://www.motogp.com/ja/news/2021/11/16/来季2022年シーズンのエントリーリスト/402505

 

コルシさん、バレンシアでの予選の輝きの一因はこれかな?

あと、カネットがスポンサーに40を押し付けられる役になった。44だったからね

………あれ?!今年40役だったガルソは??リストにいない……。コケすぎたのが響いたか……。またMotoEに戻るのかな

 

---

 

◆動画

・レース後インタビュー動画

https://www.motogp.com/ja/videos/2021/11/14/3年-4年-5年後に戻れるかどうか見てみよう/402216

 f:id:nozoko250:20211119203947j:plain

ー今のところ最後のMotoGPのレースだったけど、どうでした?

27「とうとうラストレースだったねあーメンタルをマネージするのが難しかった。レースの間、色んな感情があって。レースが近付くにつれ涙が出ちゃって。オレは集中し始めたけど、集中を失っては集中して、また失ってね。たった2年でGPにさよならするのは辛いよ、でも一方でとても幸せだよ、ワークスバイクに乗れたんだから。だから今は目標を変えて集中しないと。オレのキャリアは、長いと思う、それにすごく若いし。オレは頑張って、向上して、楽しんで、それから3年、4年、5年後に、戻って来れるかどうか見てみよう」

 

ー今日のレースに話を戻して、15位だったけど他のKTMライダー達も苦戦してたよね、どう?

27「うん、同意するよ、KTMには困難なレースだったね。でも同時に、トップからそんなに離されてなかったよ、オレは15位、ミゲールは14位、ブラッドは知らないけど9位とか10位とか?あ、本当?7位なんだ。でもペースはすごく似通ってたよね、これは間違いないよ。例えばブラッドはオレ達より0.2〜0.3秒速かった。わかんないけど、本音言うとオレはただ楽しんでフィニッシュすることだけ考えてた。最後の周でチェッカーフラッグを受けて、みんなにクーリングラップでさよならを言うためにね」

 

ーダニロとヴァレンティーノもさよならだけど、ボックスでのダニロとの話を聞かせて

27「ああうーん、ダニロとはシーズンの始めはあんまりいい感じじゃなかった。チームに留まるためにチームメイトと闘わないといけなかった。それから夏休みの後、オレ達どっちもこのチームで続けられないことが判明した。それからよくなった。彼はすごくいい人で、ボックス内でたくさん冗談を言えるような時間を過ごして楽しんだよ。お別れと彼の幸運を祈ることを伝えたよ。彼がダカールに行くことを嬉しく思うし、彼はきっと上手くできるはずだよ」

 

ー将来はSBKでホンダに乗るけど、もうスーパーバイクのトレーニングした?もしくは最初にマシンのテストするのはいつ?

27「あーー、今のところ最初のテストは12月のクリスマスの前にヘレスでやるんだと思う。確実じゃないけど、でもオレはそう思う。もちろんオレは嬉しいよ。でも今はトップに行けるか行けないかとかは予想できない、だってバイクもタイヤも全然違うから。まずチームと一緒に働いて、バイクとタイヤの感覚を掴まないといけない。23回テストをして、それから「あーこれは勝利できるぞおー」とか「トップ10なら入れるぞー」とか言えると思う。見てみなきゃね。もちろんまずは作業してみなきゃね」

 

ー多くの人が君がスーパーバイクで素晴らしいことをして、いつか戻ってくると期待してるよ。ありがとうイケル。cheers.

27「オレもそう思う!ありがとぉ!」

 f:id:nozoko250:20211119204016j:plain

キャプ。オリベイラ優しい。さすオリ。あ、長女誕生したらしい、おめでとうございます!パパベイラもいるね〜、初孫、嬉しかろうね。

 

--

・続elfのニコ動 マシンメンテ編

https://mobile.twitter.com/ELFxRacing/status/1452665001618067461

 

ニコ「セッションの終わりごとに我々は燃料の消費を確認します。MotoGPにおいて最も重要な点の一つです。燃料タンクは22リットルで、いくつかのトラックでは、非常に重要になる場合があります、燃料の量をグラム単位まで測ってエンジンに注入するのです、レースをフィニッシュさせるためには。他に、日々基本的に確認するパラメータとしては、オイルのクオリティですね。我々はオイルを回収します、ご存知の通り、オイルはエンジンの健康状態に相当しますから、我々は回収したオイルを分析します、カケラの混入を探し、色合いを見ます。これらがエンジンの健康状態の指標となるのです。

ラクティスセッションが終わると、技術の結晶であり、明確に高度に調査された、このレース用バイクに対して、我々はすべてのパーツを分解し、フェアリングを清掃します、あとラジエーターも。翌日きれいに見えるように、ですね」

 

--

・これもelfのニコ動 予選ルール編

https://mobile.twitter.com/ELFxRacing/status/1456666367457783813

 

9「フリープラクティスは、基本的に前回レースで使ったのと同じマシンから始めます、マシンのことをより理解しているほうの機体ですね。そしてセットアップを一つ一つ調整していきます、そのトラックとレースに合わせて。バイクにベストな感触を持てるように、セッティングを向上させていきます。ボックスに戻るごとに、クルーチーフとエンジニア達に自分の感覚を説明します、彼らがその説明をセットアップに調節していきます」

 

ポン「近年のプラクティスセッションのフォーマットは、うまくやるのが難しすぎますね。予選1と予選2のシステムがあり、これはセッションごとにトップ10に入ることに集中しなくてはいけないということを意味するからです。一部のライダーだけが予選2に直行できます、そして我々はグリッドでよいポジションに付くことの重要性を理解しています。ですから予選2に行くことは非常に重要なんです」

 

ニコ「レースの準備をするにあたっては、FP4が最も重要なセッションです、土曜の午後、予選の直前に行われます。タイム更新が必要でない唯一のセッションであるから重要なんですよ、予選の前の影響もありません。真の意味でフリーなセッションですね、ですからレース準備を始めることができます、レース用のセットアップ、満タンにした燃料タンク、完全に新品のタイヤで。レース用セッティングの、有効性確認をするセッションですね」

 

   ニコ動これでラストかな?ラスニコかな?あれの続き来ると思ってなかったんで嬉しいわ。イケボのフランス語おいしいです…elf、メルシーー!!

でもKTM乗り換え以降、ニコさん本人の個人的な意見って見かけなくて……こういうテクニカルイントロダクションは結構出てくるんだけど。ヤマハ時代はあったのにさ。ニコさんの個人的な意見、見たかったな。

 

---

 

◆個人のコメント。2021シーズン終わりの所感。

・やっぱスポーツ観戦は推しがいると楽しいと痛感した1

・チームごと推せると最高に楽しい

・イケルやっぱ世界一可愛い

 

というか、推しがいないとどーにも最終周まで集中して見ることすらできないのはそもそも私はあんまりスポーツ観戦向いてないんだよな。そういう人間だからこそ、レクオーナの立ち位置が刺さったように思う。(本当にスポーツが好きな人は、チャンピオンと、チャンピオンになりそうでならない人を推すのだろうと思う。カメラに映って白熱できるからね。)

 

何度でも書くんだけど、

レクオーナ有名なライダーや権力のある業界人やマネージャーや、発信力のあるジャーナリストetcの後押しがあったわけではなく、なんらかの集団(ロッシ一門とかアレイシ一門とかマルケス派とかetc)に所属したわけでもなく、ひたすら本人の実力と運とタイミングだけでここまでやってきた。Moto2時代からずっとサテライトチームで頑張ってた。本当に才能があって、努力家で、仕事にフォーカスしてて、今もずっと成長期。

そんな子、世界で一番推せるし、世界で一番幸せになってほしいわな……

 

ほんで、めちゃくちゃ可愛いの。性格も、立ち位置も、スペイン人なのに濃すぎない顔立ち(重要)も、体つきも可愛いわ。下がり太眉毛がクセあるのは認める。好き嫌い分かれるのはわかる。

 

来年が楽しみだよ。誠実な、日本の、一流メーカーの、ワークスライダーですから。(日本人は親切で誠実だが恨みを忘れない民族だ、とはThe Raceの談。大体あってるw)それがSBKとは言え。不調が疑われるメーカーとは言え。それでも2年間、バウティスタさんとハスラムさんが頑張って、なんとか方向性を示してくれたように見えるから、イケルはそこに乗っかろう。バウティスタさんとハスラムさんもありがとうSBK終戦、リアタイで応援してる。

すでに来期HRCの体制としてイケルがエースってことになってる空気が、ビエルヘのコメントから伺える。だから、KTMみたいにクソみたいな塩対応されることもないと思われる(なんかKTMMoto2側も酷かったようだなやべえよ…)1ユーザー、1ファンとして、うちの推しを頼んだよHRCさん

 

とにかくイケル爆推し勢として、ホンダユーザーとして、ホンダのバイクに乗る来年のイケルが超楽しみ。

2021MotoGP バレンシアまとめメモ<2>

◆メディアの記事 その1。(全部speedweekの短いもの)

…チェック小出しにしてるけど、もう本人が来期のこと着手してるからね……。来期、ウェアはBeringじゃなくてSpidiみたい。BeringはSBKパドックに帯同できないのかもね。あー、Spidiって現役時代のキャミアさんとおそろやん?!

ーー

・金曜日インタビュー 

https://www.speedweek.com/motogp/news/184558/Iker-Lecuona-(KTM16)-Elektronik-funktioniert-nicht.html

27「転倒で怪我とかはしてないよ。あれは予期できない転倒だった、前輪のコントロールを失っちゃったんだ、チャタリングが起きるよりも前に。おおごとじゃないんだ。起き上がれたから、バイクを起こしてピットに戻ったよ。

FP2ではいくつかの硬さのタイヤを試してみた、他のライダー達と同じようにね。でも苦戦しちゃった。なんかうまくいかないの。実際のところオレはいい感じなんだけど、スピードとラップタイムがフィットしなかった。オレ達、いつものブレーキの問題だけじゃなくて、電子制御にも問題が出てるんだよ。これはいつもの傾向じゃないね、これまでの日程とは全然違う問題なんだ。一定のベースがあるけど、電子制御の改善がが必要だね。シーズンの間、電子制御を変えたけど、このシステムだと、ここでは速くなれないかもしれない。

夜に、チームと一緒に何ができるか考えないとね。明日ECUに何を改善できるか、データエンジニアと話し合わないと。ECUが、ここでは全てを全然違うものにしてしまっているから」

 

--

・土曜インタビュー

https://www.speedweek.com/motogp/news/184617/Iker-Lecuona-(KTM15)-Ich-bin-entspannt.html

27FP4では問題が出ちゃってさ、2台のバイクで作業したよ。Q1でもっとよくできるように、向上できるようにもしたよ。オレは速かった、よね、でも完全に十分ではなかった。オレ、グリップにまだ問題があるんだよね。まだまだWUPでも、チームと一緒に色々試してみるから、レースでは改善できるよ」

MotoGP今のところ最後のレースについて

27「普通のレースをお見せしようと思ってるよ、オレはリラックスしてる。とても楽しんでる、去年はここで乗れなかったんだ。オレはここのスロープがすごく好きなんだけど、もうちょっと慣れないとね。土曜の朝は結構上手くいったね、たくさん知り合いの顔を見れたよ。ここバレンシアで、オレの最後のMotoGPのレースができることを、とても嬉しく思ってる

 

   ライターよりも実況よりもファンよりも、本人が一番「MotoGPはこれで最後」感を出していた。(レース後のコメントは気が変わって、戻りたい感をやや出し始めた印象はあるが)

周りはあんまりMotoGP最後だとは思ってないんだけど。なぜなら今のホンダのライダー達の年齢層がアラサーだから(びっくりした、ポルってもう30歳で、ペトルッチとたった1歳しか違わないの!?キュートな童顔だからわかんないわ…w末っ子感強すぎるし…)。その一方、レクオーナはまだたった21歳で、クソ乗りにくいと悪評高かったKTM機でも、ちょいちょい速さを見せてきたから。まあ、今のところ、新世代候補にはなるよね、実際のところ、SBKでどこまでやれるか次第なんだけど。

 

………私はSBKでもMotoGPでもどっちでもいいよw本人が幸せで、たくさん映る方でお願い!あと画像ね!!可愛い画像たくさんくれ!!キャミアさんのもくれ!!

ちなイケルがMotoGPに将来戻ることは、私自身はあんまり期待をしない。そのように努める。実現しないとかなしくなるから。レディングさんという例が大きい。レディングさんはマルケス世代で、SBKで速いのに、年齢高いって言われてしまって、MotoGPカムバックを断られたらしい。。。

 

--

・レース後インタビュー

https://www.speedweek.com/motogp/news/184689/Iker-Lecuona-(KTM15)-Unter-dem-Helm-geweint.html

27「ハードだったよ。この週末の前、オレは自分自身に、特別なことはなにもない、ただのグランプリのひとつだ、って言い聞かせていた。

突然、胸の内にナーバスさを感じた。グリッドではまた大丈夫になった。だけど、ヘルメットを被って、2年間付き合いのあったクルー達数人にチャオって言ったら、オレはバイザーを閉めないといけなかった、突然涙が出ちゃったんだ。第一コーナーでは何も見えなかったし、第二コーナーの前には何人かに抜かされちゃってた。

オレはなんとかして落ち着かなきゃいけなくて、バイクで快適に感じられるようにした。その後はよかったよ。ペースをうまく保つことができたんだ。それがチャンピオンシップの1ポイントになった。トップ10のためのタイムはたくさんロスしちゃったけど、オレたち速かった。オレはとにかく、楽しんだよ。

クーリングラップは、いろんな人たちとの、とても特別な時間になったよ、あとピットに戻った時も。その後は、お母さんがボックスで泣いちゃってさ、それでお父さんもMotoGPでの2年間はとてもエモーショナルだった」

 

    ぐあああああレース前にニコさん達に「じゃあね」ってグリッドで言って泣いちゃったとか、私も泣くじゃないのおオォ……!!多分、最初にグリッドからはけていくマキシム、キリアン、トーマスあたりで泣き始めてたんだろう。色々、実感しちゃったんだろう。写真見るとマキシム、よくよく距離感近いもんね。最後に残るニコ、エリック、デイビッド、ゴルカ兄あたりにはヘルメットの下で号泣じゃろ……その光景がありありと妄想できちゃうそれくらいには私はニコチームが好きだった。

イケルはやっぱ若くて素直で可愛いなあ…………最高に萌えるなあ………。

 

--

◆おまけ

バレンシア土曜&日曜に使われていたスペシャルヘルメットに使われていた画像の特定を試みた結果。我が4100枚越えのイケルくんフォルダが火を吹いた。

これね。映画とフィルムがモチーフだね…。

f:id:nozoko250:20211117232634p:plain 

 

1.ロッシさんとツーショするファンボーイ時代(推定1112)

 f:id:nozoko250:20211117232713j:plain

 

2.2015年にスペインのスーパーモタード選手権でチャンピオン取った時の、パッパマッマとの画像。

……なんだけど、同じ画像はネットに見つからなかった。レクオーナ家の秘蔵画像を使用したものと思われる。だから違う画像なんだけど、同じチャンピオンTシャツ着てるんで、代用品を貼っておく。(ホンダCRF!!!)

f:id:nozoko250:20211117232749j:plain

 

3.2018バレンシア2Moto2初表彰台(この回の映像、アヒル口でトロフィー眺める姿が最強に可愛い。お気に入り回。)

f:id:nozoko250:20211117232825j:plain

 

4.2019タイ。3Moto2表彰台(ビンダー兄さんに熱烈ハグして3327派を爆増させた回…)

f:id:nozoko250:20211117232900j:plain

 

5.2020 オーストリア。いきなりP9で、MotoGPクラスにおける初ポイントをゲットした回。

f:id:nozoko250:20211117232928j:plain

 

6.2020 お兄ちゃんといっしょ!

f:id:nozoko250:20211117232951j:plain

このコロナ禍の2年間は、アンドラで同居しているゴルカ兄がずっとイケルの個人アシスタントをしていた。「兄が一緒にいなかったら、オレはやってられなかった」とイケルがスペインDAZNで話していたらしい。精神的な支柱にもなっていたようだ。ゴルカ兄はニコさんとも関係性が良さそうだったし(なんかよく近くに佇む映像や画像が見受けられる)、乗馬をする人だし、きっと気が利いて優しい人なんだと思う。でイケルをめちゃくちゃ肯定してきたんだと思う。……まあパリピ臭は凄まじいし、2020年のコロナ欠場の原因になった事実は否めないけどね…いい人ではあるんだろう。

 

7.2021ザクセンリンク。ロッシさんとバトルの図

f:id:nozoko250:20211117233105j:plain

 

つまり、ロッシさんに憧れてライダーの世界に飛び込んだイケルくんという1人の男の子が、その憧れのライダーと同じトラックで走るようになるまでを追った丸10年間の名場面集というわけ。そしてその物語は、SBKに続く!!

 

……というストーリーのスペシャルヘルメットだったんだね。しかも最後には、その本人のロッシさんがヘルメットに気付いてくれて、ハグしてくれたなんて、夢みたいに素敵なエンディングの生中継付きだよ。中継見てドチャクソ泣いた!!!本当に映画モチーフが相応しい。Sharkさんもよくやった!!

2021MotoGP バレンシアまとめメモ<1>

これまとめ終えたら、私の中のMotoGPも概ね終わりなんで、わざと記事とか読むの遅らせてる。ゆっくり3回くらいに分けよう。

 

◆レースまとめ動画

https://mobile.twitter.com/wearetherace/status/1459894697497972740

 

Mini bikersさんのまとめアニメ

https://losminidrivers.com/2021/11/17/minibikers-2021-valencia-gp/

 

KTM公式の本人コメント

https://www.ktm.com/en-pt/racing/racing-news/top-seven-and-a-strong-finish-to-2021-motogp--for-binder-and-ktm.html

 

33「俺はこのチャンピオンシップランキングにハッピーだぜ。レースは予想していたよりかなりハードだった。俺はもっと強くなれただろうと思うが、残念なことに、いくつか順位を落としてしまい、数コーナーで埋め合わせるには差が広すぎた。厳しいレースだったが、俺は1周目から最後まで、自分の完全なベストに挑んだ。ハッピーに終えなくてはいけない、なぜなら俺は全部出し切ったからな。俺にとって最も一貫性があってレベルアップした1年間だったぜ。チームに感謝しなくてはいけない。厳しい時であっても、彼らは働くことをやめなかった。チャンピオンシップ6位はいいな、あと5個だ」

 

88「今日は困難になることはわかっていましたが、ポイントは取れました。僕のペースは素晴らしくはなく、フロントタイヤに少し苦戦していました。全体として、僕達のベストレースではありませんでした。来週始まるウインターテストに向け、僕達はモチベーションを持ち直し、なくてはいけませんね、未来に向けて働き続けましょう」

 

27 (下記Tech3公式側参照)

 

9「みんなに多大な感謝を捧げるで、KTMのみんな、Tech3のみんな、ワイと一緒に働いてくれたすべてのみんなに。ワイらはベストを尽くした今回のレースでは、最後の瞬間までただワイは楽しんだ。ワイは本当にすべてに感謝する。さてちょっとだけ、お休みの時やな」

 

Tech3公式 レクオーナ本人コメ

https://motogp.tech3racing.fr/index.php/en/news-en/archives-2021/239-gp18-spain-valencia-2021

 

事前

27「週末全体をただ楽しみたい、オレの家族、友人、それにオレのホームであるバレンシア中から来てくれる観客のみんなと一緒に。だからオレにとってはすごく特別なグランプリなんだ。明確に、このトラックが好きだよ、オレのホームだ。去年はここでレースできなかったから、今週は上手くやれるように全力を尽くすよっ!」

 

初日

27「今朝はウェットですっごく強さを感じられたし、1位だったねっ!午後のコンディションはどちらかと言うとミックスって感じで、全体的にオレはバイクの電子制御に苦戦したよ。オレ達、いいセッティングを見つけられなかったから、まだたくさん調整していかないといけない。明日の朝に一歩前に前進して、向上するために、オレ達は働き続ける必要があるね」

 

2日目

271日中苦戦して、いいセットアップを見つけるためにすっごく頑張ってたよ。それと同時に、だいぶ近付けたよね。FP3ではトップからたった0.5秒差で、P14でフィニッシュしたよ、すっごいタイトだね。Q1ではいっぱいプッシュしました。何度かミスしたけど、オレはハッピーだよ、だって(いいレベルに)到達してるし、スピードがあるからね。もちろん明日は更にもうちょっと頑張らないといけないけど、オレ達は闘う準備はできてるよ」

 

レース日

27「とうとう、レースをフィニッシュできました、1ポイントでフィニッシュだね、だからオレの目標は達成。かなり苦戦したけど、トップの人たちに近付いてフィニッシュしたよ。チームのみんな、ありがとう。いっぱい泣いた、いっぱい楽しんだ、勉強して、向上できた。だからチームにありがとうって言いたい、もちろんオレの家族と友達と、オレのラストレースを見にきてくれてプッシュしてくれた観客のみんなにも。みんなみんな、ありがとぉ!これは最後のさよならじゃないよ。to be continued

 

ポンシャラルさん

「これは公式に2021年シーズンのMotoGPの終わりであり、いつもシーズンを終える時には辛い瞬間があります、特にクルーを失うときには。このシーズン僕達ともにあってくれた全ての方々、助けてくれた一人一人、ガレージにいた人達、みんなが最高のパフォーマンスをできるようプッシュしてくれた人達、全員に感謝します。

明白にダニロとイケルは素晴らしいチームプレイヤーだった、改めて彼らに感謝すると共に、彼らの将来の健闘を祈ります。彼らに未来があること、輝かしく彼らにとって好ましい未来であることを僕は嬉しく思います。ダニロはKTMファミリーに留まります。彼は砂漠でのレースという新しいチャプターを開くのです。オフロードは彼がもっとも情熱を注いできたことで、Mr.ステファン・ピエラからその機会を得られたことが嬉しいですね、ラリーチャンピオンシップで、素晴らしいセカンドキャリアの始まりとなるでしょう。

イケルについては、非常に若く、ロードレースでの素晴らしい未来があると信じています、それにWSBK2シーズン、ワークスマシンでレースするという強力な契約がある。だから僕は彼らが笑顔でいることが嬉しいですよ、彼らにさよならを告げることが少し辛くはあるけどもね。

今日のレースは驚くべきほど集中したものでしたね、フィニッシュできなかった2人のライダーは置いておいて、あまり多くのことは起きなかった。しかしラップタイムは信じられないものだった。周回ごとに彼らはどんどん速くなっていったのです。イケルはレース中ずっとミゲールのすぐ後ろにいました。僕達がレースをフィニッシュできたことを神に感謝しますよ。僕達はポイントを取れたし、KTMが競争力があることを見られてエキサイトしています、特にブラッド・ビンダーがフィニッシュしたことと、そのラップタイムにね。

ダニロはとうとうレースをフィニッシュできました。前回までの2回はとても不運でしたから、彼はかなり注意していたと思います、もっとも避けたいことはレースをフィニッシュできないことでしたからね。彼はチェッカーフラッグを見て、本当に、本当に喜んでいました。彼とイケルは、ヴァレンティーノ・ロッシMotoGPでの最終周に参加できたことも、喜んでいると思いますよ。1日の終わりに、ここバレンシアはいい天気で、目撃者となった観客もいた。ポジティブな雰囲気の中、終えることができました。2021年は終わり、数日後には2022年が始まっていきます。だから今晩はお祝いしましょう」

 

---

 

◆個人の感想

最後にポイント圏内で走り切れたのが本当に嬉しい。それはTech3を気持ちよく卒業するのに絶対必要なことだった。残り3周くらいでP16のビニャーレスがペース上げまくってきたの、もう心臓が破裂しそうだったわw(ビニャーレスは来年がんばればいい…)

レクオーナ、多分先週のアレがあって相当オリベイラに気を使ってそうだったw抜けそうで抜けなかった。でもそれでいいんよポイント取ってTech3に無事帰ってくることが重要だった。それは達成できた。私は大満足です。

 

今年楽しかったけど、いつもいつも心臓に悪かったw来年はSBKで、もうちょっと安定してほしい……。あ、今年、怪我や健康上の理由による棄権がゼロだったの成長したね。体頑丈だね。これSBKではめちゃくちゃ重要なやつよレース週少なくて、かつ1週でポイント加算チャンスたくさんあるから。

 

まあまあそれなりの喪失感。来年SBKは本当に楽しみだけど、Tech3とのさよならが寂しい。原因はニコロス。ニコラスのロス。それがニコロス。だからわざとめちゃくちゃ忙しくしてる。当分、飲酒量が増えそうだww(私は、酒をかっ喰らって推しの画像や動画を見るという、不健康な推し活をすると、私を苛むすべての現実から逃避できるのです)

 

Moto2は、コルシさん大活躍からの謎リタイヤにびっくりだったが、アグスタでもポール取れるってわかったのはラミレス的によかったよねラミレスもポイント圏内で嬉しい。……ガルソの就職先どうなった?

公式実況からスティーブ・デイ(全クラスの決勝/予選と、MotoGPクラスの全セッション担当)が卒業だった声がクリアで日本人的には一番聞き取りやすくて、あんま相方を遮らなくて、なおかつコメントがまともだったのに。残念だよ……もっといい仕事ゲットしたんだろうなwマット・バートは続投として、次は誰なんだろ?来年見ないんだけど、これは気になる、いつか視聴再開する時のために。Moto2 FPの実況達の昇格だったらいやだな……。

 

◆おまけ。今週のお気に入りキャプ(長いよ)

・雨のFP1P1

f:id:nozoko250:20211117011322j:plain

今シーズン「雨なら上位にレクオーナ」が当然になったことは、ポジティブなこと。成長したなあ推しててよかったなあ。おかげでニコさんがよく映るようになったよねえ

 f:id:nozoko250:20211117011511j:plain

なんかFP1ペトルッチが活躍/転倒するときまでニコチームが映ってたがwもうニコチームはTech3のエースチームなんやな

 f:id:nozoko250:20211117011649j:plain

スタート練習。ファンサ中。レクオーナの後ろ姿、ウエストが細く見えていい。非常にいい。

 f:id:nozoko250:20211117011728j:plain

f:id:nozoko250:20211117011746j:plain

f:id:nozoko250:20211117011804j:plain

FP1エンディング。ここ編集いい仕事してる!いいリプレイ映像持ってきた!バレンシアといえばオレンジ。イケルと言えばウィリー上手、そしてバイク上でピースしちゃう可愛さ。

 

なお公式のイケルP1記念ページ。  https://www.motogp.com/ja/news/2021/11/12/フリー走行-イケル-レクオナがウェットで3度目の1番時計/400756

 

FP2冒頭もニコニコできるねー。

f:id:nozoko250:20211117012110j:plain

f:id:nozoko250:20211117012132j:plain

この後、イケルがニコさんにニコニコ笑いかける姿も映って、もうね泣くわ……最後のご褒美タイム、ありがとうございました。

なおFP2で転倒1回。ジャリジャリの上でも1人でバイクを起こせるようになった!2年前、バレンシアテストの時、砂利の上では全く自力で起こせなかったのに!超成長した!!イケル偉い!イケルかわいい!

あとこの時、ピットボックス内ニコチームのメカニックボーイズが映ったんだけど、エステバン・ガルシアさんも一緒にいたんだわ。ドフサしかいないニコチーム(若い人多いからね)の中にスキンヘッドは目立つwもう来年のために様子見でTech3に出入りしてたんだね、まあ来年のことは私には関係ないんだけど。

 

FP1スタート前。Tech3SNSも最後にいいニコ27動画くれた。

 f:id:nozoko250:20211117012358p:plainf:id:nozoko250:20211117012421p:plain

この2人だけをfeatureした撮り下ろし動画/画像ってそんなにたくさんは来ないんよ、シーズン中1ヶ月に1回あるかないかの頻度だった。これTech3オリジナルSNS動画では過去一のベストお気に入りになったわ。わたしゃこの動画の嬉しさと、同時に寂しさで、ほんのり泣いちゃったくらいだよwそれくらい、この2人が好きだった……。ありがとうTech3の中の人……。今期、ほんとニコニコできて楽しかっためちゃくちゃ私の生活の活力、癒しになってたよー。仕事で辛い思いする度に、ニコさんとイケルのツーショ見て踏ん張るの。翼を授ける!!

…………来期は……キャミアさんに翼を授かろ…。

 

・土曜〜日曜のスペシャルヘルメット!!

 f:id:nozoko250:20211117012558p:plain

 

ALWAYS TOGETHER

ALWAYS STRONG

to be continued

 

…とあった。泣いた。

両脇が名場面集になってるの。マジ泣くわ。(次エントリーにて画像詳細)

これ、こどもイケルとロッシさんとのツーショ画像を含むんよ。レース後、それにロッシさん本人が気付いてくれて、イケルをハグして「ヘルメット!」って写真を指差して、ハイタッチしてくれてたんよ!泣いた……。グラッチェ、ヴァレだね、ファンサだね。そのシーンがばっちり中継に映ったのも最高だった、カメラさんマジでいい仕事した!!

 

・予選タイヤチェンジ中。

f:id:nozoko250:20211117012629j:plain

ウロチョロ暗躍ニコさん草、落ち着けw今週は3回もニコニコできた☺️少なくとも1年間、ニコさん見納めかぁー。超寂しい。

2023年のライダーに期待……していいのかなあ?もう完全に、Tech3ライダーの人事はKTM任せなんだろう、Moto3のあんなゴリ押し人事見るに。あれはマジで狂気。過去、ポルがヤマハワークス契約なのと同時に、Tech3直契約でブラッドリー・スミスを起用してたりしたのが、すごい独自性あって素敵だったのだけど、現状Tech3のメインスポンサー自体がKTMだし、ライダーは全員ワークス契約だからなあ。ポンシャラルさんのコメントもひどくKTMにゴマすり過ぎだよなあ。でも、とにかく生き残ることにフォーカスすべき時点もあるんだろう。将来、レクオーナ推しのアコスタか、歩夢あたりがもしもニコチームに入るなら、その時はまた課金してTech3ウォッチングを再開したいな。いつかその時まで、Au revoir!

 

Moto2FP3、ラミレス絶好調

f:id:nozoko250:20211117012931j:plain

絶好調+スッ転びで複数回、旧レクオーナチームを映してくれるなんて、さすがラミレス、レクオーナファンへのサービスありがとう(??)レクオーナMotoGP卒業回(そのうち戻ってきそうだけど実況もそう言ってるけど…)に、最後にマットさん達を見れたのは嬉しかった。ラミレス、レース後にSNSへ、シーズン頭のケガで今までで今シーズンが一番辛かったとSNSに書いている、夏休み後から復調できてきてよかったよなあ

あとこのFP3でシャーリンのSBKホンダサテ入りがアナウンスされてたんだけど、NTSってシャーシ供給やめちゃうんだねNTSのチームは、日本のチームの意向でシャーシ手作りやめて、カレックスに乗り換える、って言われてた。石川県のNTSさん、お疲れ様でした