NOZOTOWN

WSBK/Rebel250/台湾/音楽。HRCイケル・レクオーナくんガチ勢。

2021MotoGPオースティン まとめメモ<1>

◆レースまとめ動画

https://mobile.twitter.com/wearetherace/status/1444948689575976962

 

Mini bikersさんのまとめアニメ

まだない!

 

KTM公式の本人コメント

https://www.ktm.com/en-pt/racing/racing-news/binder-barrels-to-another-motogp--top-ten-at-cota.html

 

33「今日レースをするにあたって、今週末、十分な量の良いクオリティの周回をできていないと感じていた。最高のリズムではなかったし、ちょっとスピードも失われていたが、最終的に俺はベストを捧げられたし、チームは素晴らしい仕事をして、レースでは最大限のパッケージを俺に与えてくれた。俺達がいるべき場所、いたいと思う場所からは、程遠い。でも今日はP9だ。これ以上俺にできることはなかったぜ。俺達は働き続けて、ミサノでまた挑戦する」

 

88「予想していた通り、厳しいレースで、多くの順位を上げることが難しかったです。とにかく僕達はいくつか順位を上げました。僕達はポイントを取って、うまくレースできました。僕達はミサノを楽しみにしています、どうやって予選をよくするか、どうやってレースでいい順位を闘うかを、ただ理解する必要のある場所です。僕は今は(前より)ハッピーですよ、ここでレースをフィニッシュして、いくつかのことを成しました。未来のことを考えれば、これは重要なステップです」

 

27 (下記Tech3公式側参照)

 

9「ホンマに困難なレースやったわ。最初は他の人達についていけるようにしたんやが、週末ずっと出ていた問題が再発した。タイヤを正常に使えないような感じで、ワイの意図した通りにバイクが曲がらないんや。残りにくっついていくためにブレーキングでエネルギーの大半を消耗した。けどそれからコーナーでもっと遅くなって、速くしようとしたら何回も転倒するリスクがあった。本当に難しかった。とにかく、努力したし、ミサノでもまた努力をするで」

 

Tech3公式 レクオーナ本人コメ

https://motogp.tech3racing.fr/index.php/en/news-en/archives-2021/233-gp15-usa-cota-2021

 

事前

27「長い間、オレ達はオースティンには行ってないね。2019年のことを思い出すと、たくさんデコボコがあったから、乗るのは容易じゃなかった。あと、オレにとってはあそこでMotoGP機に乗るのは初めての機会になります。これまでオレがMotoGPで学んできたこととして、大排気量バイクだと、サーキットは完全に別物に変わっちゃうってこと。だからオレの金曜日の最初の目標は、ちょー早くトラックのことを学んで、トップポジションを闘うよう努めることです。もちろん天気とアスファルトの状態がどうなるかは待たないといけないね」

 

初日

27「すごく難しい日だった。朝は悪くなかったんだ。ウェットコンディションで10位になれました。でもバイクに完璧な感触は得られなかったよ。このサーキットの状態は、おそらく今年の全サーキットの中で最悪だよ。すごいたくさんデコボコがあって、モトクロスのトラックみたいで、対処するのがすごく難しいんだ。ドライではオレは向上できなかった。ベストを尽くしたけど、速くなれなかった。バイクが一切デコボコを許容しなくて、すごく難しかった。1回、転倒を回避したんだけど、そのあと同じコーナーで転倒しちゃいました。明日向上するために、オレ達、夜のうちにたくさん働かなくちゃ」

 

2日目

27「いまだに難しかった。でもオレ達いい進歩ができたよ。FP3ではたくさん向上できた、FP4では更にちょっと苦労したけど、セッティングをよくするいくつかのことを試せたよ。容易なことじゃなかったね。予選では、オレ最大限やりました。オレのファステストラップで小さいミスをしちゃったけど、まあOKです。この暑くて湿度の高い気候では、レースは体力的にすごく厳しいものになると思っています。オレ達に何ができるか見てみましょう」

 

レース日

27「全体としてすごく困難な週末だったよ。このトラックコンディションでは、バイクにいい感触を得られなかったよ、だからすごく苦戦した。今朝のウォームアップでは、オレは一人で走って、ペースがかなりよくて、トップ10に近づけるよう闘うことができそうなものだったんだ。でもレースでは1周目、第一コーナーで何人かと23接触があった、だからオレは後ろの方に行っちゃった。それからリカバーしようとしたんだけど、1周目でかなりリヤタイヤを消耗してしまったから、もうグリップが全然なかった。後半10周は、ロッシさんとの差を詰めるよう努めて、ほぼ3秒は詰めたよ。でも彼もたくさん向上してたんだ。すごくキツくて、とうとうP16でポイントを取れなかった。でもオレ達、経験値を得ることはできたよね。オレ達はこの週末の間、すごく学ぶことができた。それにミサノ2にフィットできるよう、2週間の回復期間があるよねって、オレ今はそう思えるんだ」

 

   レクオーナのコメントほんと大人になったよねえ毎週、成長が目に見えて、オタ感涙だよお前を推してきてよかった

 

ポンシャラルさん

Tech3にとってはまたフラストレーションのある週末でした。今回イケルは理想的なスタートをできませんでした、いつもは非常にうまくやれるのですが。いくつかポジションをあげるのに少し時間を要しました。彼の成長が見られたのは、僕達は嬉しいですよ。最終的にいくらかポイントをとることを期待してました、それが目標でしたから。でもまた、かなりよくあることなんですが、レース中盤でイケルはミスをしたと思います。そこでタイムをロスして順位を落としました。彼はリカバーしたし、前の人達より速いペースだったけど、追いつくことはできなかった。16位でフィニッシュして、これはまたしても、あり得る最低の順位ですよ。2人のうち1人でもいくらかポイントをとれれば僕達はハッピーになれたでしょうけど不満のデジャヴですね。一貫性こそが我々が働きかけるべきものであり、次のレースの目標です。

ダニロは今回スタートは良かったです、チームメイトのほうよりは良かったでしょ。でもすぐに、ペースが落ちながらも、彼がレースをフィニッシュさせようとしていることがわかりました、でもあまり言えることはありません。多くの理由により、ポイントを稼ぐことを目標とできるポジションにいなかったのです。2人とも努力して、プッシュしたことは知ってます、でも今回はそれでは不十分だった。イタリアにて、ミサノでの2回目のレースで状況がもうすこし良くなることを期待しましょう」

 

   今年のポンシャラルさん名物、レクオーナの尻叩きコメント

 

---

◆個人の感想

金曜と土曜の「危ないよ ほんとにほんとに 危ないよ」連発インタビュー(次回エントリー参照)からして、絶対フィニッシュできなさそう……と思ってたんで、P16でノーポイントでも、コケずにフィニッシュしたから頑張った!

暑さと湿度もあったらしいけど、熱中症でリタイヤするようなことも、もうなさそうだね、成長したね、体力ついたね、偉いね、かわいいね。(たった15分の予選でも必ず毎回メットからストロー伸びてるんで、本人もあれは相当トラウマであると思われる。他の人は使ってない)

ライブタイミングがないと、何が起きてるかわからない系レースになるだろうと予想していたので、AM3時に早起きしてリアタイで見た。実際そうだった。ポンシャラルさんの言う通り、中盤の謎ミスがなければなー。そんな状態でもフィニッシュできたからレクオーナ偉い!可愛い!偉い!怪我せずフィニッシュしたことがもうファンサ。

 

WUPMoto2/3は公式のネタバレメルマガもないし、生中継見ず翌日に回した…。

WUPレクオーナのペースなかなかよかったのね。。。レースでスタート成功してたら、中盤のミスがなければ、ポイント取れてたかもなのな〜。

 

Moto2アメリカンレーシング回だったわけだけど、ラミレスはたった1回のミスがクリティカルだったなあそれ以外スタートもよかったし、以降落ち着いてた。P9だったわけだけど、あれがなければP5は固かった。

SNSのコメントで、「カタールで負傷した肩の問題がまだあるけど、それでも今回はやっと速さを感じられてハッピーだ、前進できた、やっぱりこれが好きだ」という旨のコメントをしている。いつもよりコメント長めで、本人の感動が伝わってくる。確かに今期の怪我以降、ラミレスはいまひとつパッとしなかったので、ここまで苦しさを抱えて過ごしていただろうことが伺える。ちょっと泣けるこういう子好き(それにこの子は普段からいつもSNSのコメントや内容が性格いい。スペイン語オンリーだけど…)

ラミレスもレクオーナ同様、今期前半は暗黒期だった。そしてラミレスは来期の進路が、今とちょっと方向性が変わる、と下の記事にある。MVアグスタは今のカレックスじゃなく、自家製シャーシであると読める。これMoto3のGASGASみたいな単なる名前貸しではなく、NTSとか旧Tech3ミストラルみたいに、完全お手製でやってるの??それならすごくチャレンジングなやつだよね…。ここノーマークのチームだったから全然知らないんだわ。もうちょっと調べるか。。

https://www.motorcyclesports.net/motogp/i-was-impressed-by-the-ambition-of-mv-agusta-forward-marcos-ramirez/

 

Moto3は荒れまくりだな。多重クラッシュで誰も怪我しなかったのはよかった。「赤旗2回中断したら、レース1の結果で順位が確定することもある。5周以上走ったからフルでポイントは付与される」ということがあるのが、勉強になった。ゲバラマクフィーはよかったね!ゲバラ激おこリタイヤからの初優勝はちょっと笑えた。今後、最後まで完走するレースでも勝てるといいね

 

Moto3FP2で「KTM get into China」ってちらっと話題になってたのが聞こえた。チャイナのスポンサーかなんか付くの?市場を拡大するの?そこ詳細聞き流したまま結局見直さなかった。メディアからの情報待ち。

歩夢は移籍でオンジュが残留なのも日本人をKTMファミリーからシャットアウトして日本市場を軽視する意図か?2020年度は日本人ライダーが3人もいたのに、来年は0人。ふーん。

 

◆おまけ。今週のお気に入り画像

今週はレクオーナのピットボックス内もグリッド上の映像もインタビュー映像もないし、SNSもニコ率が低くてつまらんかったぞー。

 

・金曜の本人SNS

 f:id:nozoko250:20211004224354p:plain

かわi………いい椅子じゃなくなってるが!?

ペトルッチ側の画像もいい椅子じゃなかったから、輸送しきれなかったのか?結果として、デコボコ路のサーキット用にお尻を鍛える効果があったかなw

 

Moto2。こっちはラミレスたくさん映って嬉しい週だった。Q1、ラミレス無双の後のボックス中継。

f:id:nozoko250:20211004224451j:plain

ラミレスは夏菜子なみの美しいえくぼが魅力的。正統派のハンサムだね。しょっちゅうレクオーナと遊んでるのと、今週よく映ったことにつられて、好きさが一気に倍増した。

ラミレスチームは2019年度までレクオーナ担であったチームなので、ラミレスが活躍すると、旧レクオーナ担のクルーチーフ(ポチャかわ)、メカさん、エンジニアがちらちら映る。それも嬉しい。

なお予選まではいつもと同じのだけど、レース日はスペシャルカラーのマシンとウェアだった。(ラミレスのSNSで全容が見れる)あのデザインは星がめちゃくちゃカッコかわいいのでレギュラー化したほうがいい!

 

・今週のじゃないけどおまけ

Marcos Ramirez Iker Lecuona」って検索しても、「2020年度にアメリカンレーシングでラミレスがレクオーナの後任になった」って記事くらいしか出てこないんだな

なのだが、こんな感じで仲良しさんなんだよ〜。ダブル可愛い〜〜。

 f:id:nozoko250:20211004224641j:plainこれは2019か。19歳イケルの可愛さ最強…。以下は今年の。

 

f:id:nozoko250:20211004224703j:plain

 f:id:nozoko250:20211004224724j:plain

f:id:nozoko250:20211004225246j:plain

 

あとこの動画が最高……究極にウザかわいい

「害虫と化すイケル」

https://quartararismo.tumblr.com/post/623650168816943105/iker-being-a-pest

スヤア(42  ˘ω˘ )(^∀^ 27)ビシバシ

27(キャプション)「お子様がお昼寝してるよ😂😂😂🤷🏻‍♂️

 

:

Marcos Ramírez Fernández (born 16 December 1997)

Iker Lecuona Gascón (born 6 January 2000)

 

お子様は……おまえだ……

 

でもどっちも小学生ヴァイブスある。ただし基本的に、真性アホガキのイケルくんに、優等生で人がいいマルコスくんが付き合ってやってるお兄さん的雰囲気を感じる。かわいい。

(なおマルコスくんが同じ優等生ノリを共有できるのはジョアンくん。また、イケルくんとアーロンくんはアホガキ仲間ノリ。ただしアーロンくんはエクストリーム。イケルくんとヘクターくんの組み合わせは、画像でしか見たことないからノリがわからない。小さい頃から絡みがある上、関係は良好に見えるので、もっと詳しく見たいものだ。ヘクターくんは常にクールで澄ました雰囲気だから、そんなに合わないのかも…)

 

マルコスくん、ペドロサ派で性格が花丸でルックスも真面目そうでファッションも小綺麗で優等生感に溢れているんやが、左の脇腹の上にさりげないタトゥーが入ってる。本人のSNSログで見れる。このギャップは正直……いいものだ