NOZOTOWN

WSBK/Rebel250/台湾/音楽。HRCイケル・レクオーナくんガチ勢。

2021MotoGPオースティン まとめメモ<2>

「危ないよ」連発回。無事で週末を終えて、よかった!

 

◆メディアの記事

 

Motosan 金曜のインタビュー。

https://www.motosan.es/motogp/lecuona-el-peor-circuito-en-el-que-he-rodado-en-mi-vida-es-como-montar-a-caballo/

 

ーデコボコについて

27「オレの人生で乗ったサーキットの中で一番最悪の路面だよ。正直、危ないよ。こんなところで走るのはすごく危ないよ。どの周でも、どのコーナーでも転びかねないよ。わかんないけど、野生の馬に乗ってるみたいだった。すっごくすっごく危ないよ。昨日はチームにセーフティコミッションに行きたくないって話してたんだけど、撤回した。こんなところで乗るのはすごく危ないから、行かなくちゃ。2019年は今と比べたらよかったよ」

 

ー金曜のまとめ

27「今日はウェットで消耗しちゃった。最終的に自分を守ることはできたけど、ウェットでもっと上手く走れると思ってた。でもできなかった。オレは(攻められない)ボーダーラインを見るようにしたよ。ドライではどこに行ったらいいかすらわかんなかったし、どこでデコボコに引っかかるかもわかんなかった。バイクはぜんぜんデコボコを受け入れないし、最終的にこれはレーシングバイクで、厳格なマシンなんだよ。すごく負担がある。すごくをオレを犠牲にするんだ。第12コーナーで転倒を回避して、その次に同じところの出口で転倒した。こんなデコボコだらけのところで乗るのはすごく複雑で危ないよ。毎周回ごとに、コーナーごとに、バイクから転倒しちゃうよ。オレ達みんながバイクに文句を言ってる週があったね。すごく危ないよ」

 

27「オレ、セーフティコミッション(安全委員会)に行かないつもりだった。でも出席することに決めたよ、だって危ないから、まじめに話し合う必要があるもん。他のライダー達はなんであんな速くなれるのかな。なぜなら許容してるからかな、なんとも言えないけど。オレは速くなれなかった。(デコボコを)受け入れられるバイクとそうでないバイクがあるんでしょうね、セッティングによってとか、もっと優れてるとかで。他のサーキットでもそんな感じだね。ライダーが速いとか遅いとかの理由じゃないよ。最終的に全部のサーキットで同じことが起こり得ることて、今回はオレ達のバイクが遅れをとっているってことだよ」

 

   ミサノレース後のコメント以降、明確に感じられるレクオーナKTM機への不信感。あと、SBK行き決まってる(でしょう、実際のところ)からMotoGP自体にも忖度なくなったんだろうね。正直でよろしい。

 

--

Motosan 土曜のインタビュー

https://www.motosan.es/motogp/lecuona-vamos-a-300km-h-y-parece-que-se-lo-toman-a-risa/

 

ーレースで20周する体力

27「オレ疲れちゃった。説明しきれないよ、もう力が出ない。FP4では4周のセットを2回と2周のセットを1回やった。予選では第一走で4周して、第二走はタイムアタックモードで2周して、全力でやった」

 

ーセーフティコミッションのまとめ

27「簡単だよ。色々話し合いましたが、最終的に、安全についても何についても、限界状態のサーキットはあるってことです。オレ達は走れてるから走ります。今回は安全の限界を超えてるから、来年補修されないなら、もうここで走ることはないです」

 

ポル・エスパルガロは走らない方に投票したらしいが

27「オレは走らないとは言えないよ、走るためにここに来たんだ。彼が言いたいことは、レースを短くすべきってことだと、オレは思うよ。問題は、バイクに乗っていることに苦労するってことで、周回を重ねるほど、乗ってることが難しくなるんだ。5周もしたら消耗しちゃって、こんなのこれまであり得なかったんだよ。体力的にオレ達は十分準備してたのに、まるで1年も休んだ後みたい。バイクの感じなんか、クレイジーだよ。5周もしたら闘志を保てなくなっちゃう。20周は多すぎるよ」

27「オレ達は走るべきなんだと思う、でも安全のためにいつもより短いレースにしたほうがいい。結局、疲れてる時って簡単にミスれるからね。ミスがなくても、バイク上で周回ごと動いていれば、保ち続けられなくなるよ。オレ達は時速300kmだすけど、彼ら(興行者側)はそれを気楽に捉えているように感じる」

 

ー数ヶ月前に開催者はサーキットを視察済みだった

27「トラックは確認済みだったんだって。彼らは2ヶ月前に来て、今よりマシな状態だったらしい。木曜日に車で回ったら、2ヶ月前よりかなり悪い状態になっていたらしいよ。テキサスのこのエリアは土壌の動きが大きく、平坦な道路がないんだ。雨が降ったりとかのせいで、土壌を動かしちゃうんだって。でもそれって問題だよ。2ヶ月でこんなに変わっちゃうなら、安心してここに来れないじゃん。年々、問題出ることになるじゃん」

 

--

・日曜の本人コメントは結局、Tech3公式とspeedweekからしか出てなかった。他のメディアは全部、ポンシャラルさんの尻叩きコメントの話だけ。

 

speedweekの本人コメントだけ抜粋

https://www.speedweek.com/motogp/news/182741/Iker-Lecuona-(KTM16)-Ich-bin-sehr-muede.html

 

27「オレ平気そうに見えるだろうけど、すんごく疲れたんだよぉ。レースはすごくキツかったよ、気温が高かったんだ。路面のコンディションは楽なものじゃなかった。左腕がもう完全に力が出ない〜。ポイント圏内を闘ってレースを終えようとした。残念なことにスタートがダメで、何人かがオレのバイクのリヤに当たって行ったんだ。そしたら第3コーナーでは最後尾にいた。うん、あれは起こりがちなことだよ、第1コーナーはすごくタイトだからねここではミスしやすいんだ」

「オレはポイント圏内に戻れたんだけど、すごく疲れちゃって、第12コーナーで(曲がりきれず)離れちゃったんだ。あそこでポイントを稼ぐチャンスを失くしたんだ」

(モルビデリを抜かした時の状況について)かなり上手くプレッシャーをかけることができたよ。

オレのペースは悪くなくて、トップ10にだって行けそうだった」

「前回のオースティンよりも、今回のほうが厳しかった。でも今は3週間後のミサノでの次のレースが楽しみだよ」

 

--

 

SBKホンダのライダーはレクオーナとビエルヘになりそうだということに対する考察記事

https://www.paddock-gp.com/wsbk-2022-avec-lecuona-et-vierge-honda-ferait-un-choix-audacieux/

要約すると、

・ホンダはマシンが悪いとは思ってなくてライダーの問題だと思ってる。だからライダーを刷新しちゃうんだね

・でもレクオーナとビエルヘなら、ピレリのタイヤ未経験だよね

・しかもSBKで使うサーキットの大半も、この2人は未経験なんだよ〜

 

   このフランスのサイト、デメリットやネガティブなことに目を向けがちな傾向が強い。

(ちなみに、過去の記事がちゃんとログになってる点と、タグ管理されてる点、Tech3関係者の独占インタビューがたまにある点が、お気に入りだった)

SBKニューカマーとなる私は、このデメリット列挙は参考になりましたSBKではいきなりラクショーとはいかなさそう、また勉強しなおさないといけないのね。だからレクオーナも「数年やる」って言ってたのか。

 

---

◆おまけ。今週のお気に入り画像。

今週、中継映像が物足りなかったけど、かわいい写真は多かった。ありがとう、motorsportimages様。

で、下のがニコさんのストロー装着画。はああああああんニコさああああん❤️ニコさんの優しさ激写!!熊系おじさんの優しさにキュンだよ。多分、毎回ストロー付け外しやってあげてるんだろうなー。

マルコスとイケルがどんなに仲良しで一緒に自転車乗ったりヴィラに止まったり爆買いしたり遊園地行ったりetc.してても、やっぱ好みの問題で、今の私はニコ派なのよな。あと3回でニコさんと(イケルが)さよならするのが辛い…………と思ってたんだけど、私は見つけました。安心してください!HRCにも私好みのイケメンいますよ!!(順調ならミサノ2でその人との写真が出てくるんじゃないかと期待中)