NOZOTOWN

WSBK/Rebel250/台湾/音楽。HRCイケル・レクオーナくんガチ勢。

2021MotoGP公式 転倒王集計

公式サイトで転倒レポート記事が複数出ていたのでメモっておく。転倒王、授与式かーい!

 

・イケル、まさかの全クラス断トツ転倒王であったことが判明。

https://www.motogp.com/ja/news/2021/12/12/転倒レポート-最多転倒は26回のイケル-レクオナ/403622

    プレミアクラス2年目のイケル・レクオナが全クラスを通じて最多となる26回を数えた。

 

マーシャルの肩を借りてヨロヨロ歩く痛々しいレクオーナの姿がサムネ。これは多分ミサノ1FP2

 

なお、全クラス共通転倒ランキングは、画像での提供で、コピペできるようになってないようなんで、勝手に文字で書き起こした。ついでにメーカーと参戦クラスと、はっきり要因がある人は、その点も書いてみた。名前表記は公式サイトのまんまなんで、タピオカみたいになってるし、初めて聞くような名前の人もいる。(多分公式サイトの中の人は、伸ばし棒を使えない国の人…?)

 

-

. イケル・レクオナ: 26回(KTMMotoGPクラス2年目)
. マルク・マルケス 22回(ホンダ。MotoGPクラス。昨年の大怪我、長期欠場からの復帰)

3. アロン・カネト: 21回(カレックス。Moto2クラス2年目)
4.
ポル・エスパルガロ 20回(ホンダ。MotoGPクラス。乗り換え初年度)
同着5. アレックス・マルケス 19回(ホンダ。MotoGPクラス2年目)

同着5. アルベルト・アレナス: 19回(カレックス。Moto2クラス初年度。なお前年度Moto3チャンピオン)

同着5. 鳥羽海渡: 19回(KTMMoto3クラス。今のチームへの移籍初年度)

同着8. アレイシ・エスパルガロ: 18回(アプリリアMotoGPクラス)

同着8. エクトル・ガルソ: 18回(カレックス。Moto2クラスのレギュラーは2年目)

同着8. 鈴木竜生: 18回(ホンダ。Moto3クラス)

同着11. キャメロン・ボビエ: 17回(カレックス。Moto2クラスのレギュラー初年度だったはず、うろ覚え)

同着11. ソムキアット・チャントラ: 17回(カレックス。Moto2クラス)

-

 

クラス2年目の人が半分近くを占めている。2020年〜2021年頭に、コロナのせいで、テスト回数もレースウィークも、例年より少なかった影響を強く感じる。それでも求められることは初年度より多くて、本当不利だったよなあ。

一応メーカー名も書いたんだけど、まあMoto2は大多数がカレックスだ

(なんか2019年以前の過去レースとか見ると、Moto2のシャーシコンストラクターが今より多くて、考察すべきポイントが多くて楽しいんだよねTech3KTMのせいでMoto2撤退させられて、Moto3に行かされてKTM機使わされてるのはもったいないし、つまんない。ミストラルはニコの手作りシャーシだったのに。あと来年はNTSまでいなくなる。超つまんね。まあ少数派シャーシには、乗りたがるライダーがあんまりいないのかもwスピードアップだけは例外に見えるけど…)

 

・これはMotoGPクラスのライダーごとのまとめ。

https://www.motogp.com/ja/news/2021/12/13/転倒レポート-ファビオ-クアルタラロの転倒リタイアは1度だけ/403626

ビンダーのレースでの転倒リタイヤ数の少なさが光る。MotoGPクラス2年目で、レクオーナとアレマルの同期にもかかわらず。しかもKTM機で。これはすごいことだと思う。いつかビンダーをKTM以外のまともなメーカーに乗せてあげてほしい。あっさりチャンピオンになったりして。(なお、speedweekの記事表題しか見てないけど、「誰も2023年のシートは確定してない」とバイラーが発言しているようなので、ビンダーの能力がピークのうちの移籍は、あり得ない話ではないのだと思う。ビンダーだけ3年だか4年だかの長期契約ではあるけど、契約破棄という前例があるし…)

 

他に意外だったのはマリーニが転倒リタイヤ0回だったこと。ルーキーだったのに。これが来年、バスティアニーニより優遇されて最新版ワークスマシンを供給してもらえる一因なのかも?

 

・これはコース別の転倒数カウント

https://www.motogp.com/ja/news/2021/12/11/転倒レポート-ルマンで3年連続して最多転倒数を記録/403621

ルマンは毎年転倒が多い印象が確かにある。なんか、5月辺りのルマンってまだ寒いらしくて今年は「この時期のルマンはよくない」という声がライダー達から出ていたのを、当時のニュース記事で見た覚えがある。時期変えれば

個人的にはカタルーニャでの転倒者が多い印象なんだけど、4位とのこと。今年、派手にレクオーナが散々コケてたから、その印象が強すぎるのかなあカタルーニャはテストが頻発してることもあり、FP転倒は少ないのかもしれない。ただしレースは荒れがちな印象だ。

 

カタルーニャで無惨にズタボロになったバイクちゃん……↓

f:id:nozoko250:20211224221847j:plain

 

・この記事は、どのセッションで転倒が多いのかの集計。

https://www.motogp.com/ja/news/2021/12/10/転倒レポート-21年転倒数は950回/403620

総合して、寒い時はバイクで攻めるべきでないということはわかった。

パンピーも公道で気をつけようね〜。

 

---

◆おまけ

カタルーニャの話題が出たので。

 

2021カタルーニャでのレクオーナ……結果としてはFPでも予選でもレースでもコケまくって、見てて脱力したことを覚えている。

予選で転倒しなければQ2進出できてただろうポジションだったし、レースでは走り切れてたらP9だった。転倒しなければトップ10入り、ということは2020年後半からよく見られた。これが、プーチさんをはじめとしたホンダ陣営が、レクオーナに目を付けた理由の一つかもしれない。なおカタルーニャレクオーナが転倒した理由は明らかに「どこまで攻められるかわからなく、なんの予兆もなく転倒する」というポンコツKTM旧シャーシのせい。新シャーシを使っていたオリベイラが、このレースで優勝した。

私は、圧倒的な待遇の差に怒りを燃やし、その時点で、「KTMのプロダクトは買わない」と誓ったのだった。「それも、一生な」というダメ押しが入ったのが、ミサノテスト2日目。

 

えー………、当時はそんなかんじだったんだけど、後から振り返ると、なんかレクオーナとニコさんの距離感が、みっちりむっちり縮まっていたことがはっきりと判明した回で、私の中では萌え回として伝説になったのである。もう結末を知ってるから萌え豚になり下がり、かわいさだけを愛でれば良い。ブヒブヒ。

ムジェロあたりからその傾向はチラチラ見えていたのだけど、多分当時、先行き不透明で、ニコさんを頼るイケルの気持ちが強まったのだろう。そしてニコさんもそれに応えて、いい成績出そうとマジになったのだろう。「転ばなきゃイケルは行ける!」と思ってたかもしれない。

ニコさんのことは前年度からルックスがお気に入りではあったが、私の中での存在感が爆発的に大きくなったのが、2021カタルーニャ。おかげさまで2021年は100倍くらい面白かったです。

f:id:nozoko250:20211224222138j:plain

↑この画像は当時、イケル本人インスタでも使われていて、本人も気に入ってそう。いくらでもある自分のピン画じゃなくて、肩を並べる画像を投稿していたことに、イケルのニコへの信頼感を勝手に受信した。(マネさんかゴルカ兄による投稿であった可能性は無視しようw)

f:id:nozoko250:20211224223124j:plain

f:id:nozoko250:20211224223136j:plain

f:id:nozoko250:20211224223151j:plain

やべえ。尊い。かわいい。その他の語彙を失うくらいに。ブヒー!

 

2枚目のQ1、立ったまま水分補給しているのに、新鮮さを感じて、その後2020年の全セッションを2周目し、画像も検証したんだけど、やっぱ2020年は、予選のタイヤチェンジで座って給水してるっぽいのよね。ほとんど中継映像には映らなかったのだけど。

2020年の予選ピットボックス内の中継はこのミサノ2だけだった。

f:id:nozoko250:20211224223256j:plain

座っていますね。座していますね

2021年は、前のめりすぎて、タイヤチェンジの間、座ることもできなかったのだろうか……w