NOZOTOWN

WSBK/Rebel250/台湾/音楽。HRCイケル・レクオーナくんガチ勢。

バイクを購入した話

今年購入したって話をダラダラと。

 

そもそもバイクの免許取ったのは、台湾で125ccをレンタルしたかったことが理由。日本人しか乗らない50ccの在庫は台湾には少なくて、借りれないこともあったので。(そういう時は電動バイクを借りる。これは台湾では電動自転車と同じ扱いなので免許不要で誰でも乗れる)

人生に一度はカッコいいバイクに乗ってみたい!と思って小型ATではなく普通二輪を取ることにした。教習所を400ccMT車の試乗をするような感覚で使った。

 

免許取得後、交通網の発達した関東で、バイクいらなくない?と思ってたんだけど、

・試しに沖縄旅行でレブル250をレンタルしてみたら教習車より大幅に乗りやすくて快適だった。

・コロナのせいで一番の趣味だった台湾旅行ができなくなった。

・コロナ自粛で電車を使う機会を減らしたかった

 

台湾でレンタルバイクに乗れないなら、日本で乗ればいいじゃない!

停滞する経済にも貢献できるという理由も後押しになって購入を決意。

 

新車を大切に乗るか?コケても精神的ダメージ軽そうな中古を使い倒すか?迷ったけど、教習所の先生が「メカに詳しくないなら新車にしとけ!」と言ってたのでその通りにした。

400ccの重い車体を扱いきる自信は持てなかったので、250cc以下であることを第一の条件にして吟味した。最初の候補に上がったのはレブル250、クロスカブ、ジクサー、ランブレッタ、そして「なんでもいいからスクーター」。

外車はコスパが悪いことを理由に候補から除外。スズキは近くにお店がなくて買うところもメンテしてもらうところもよくわからなかったので面倒になって除外。

レブルか、クロスカブか、なんかスクーターか。これで数ヶ月迷ったw最終的に、スクーターやカブはお婆ちゃんになっても乗れるけど、今より歳とってからMTデビューは難しいだろうと思い、レブル購入に踏み切った。

レブルでは立ちゴケする気がしないけど、オプションで一応エンジンガードを付けた。経済を回すべきだ!を言い訳に、勧められるままガラスコーティングも付けた。

メカはまったくわからないけど、ケアは定期点検してもらえるので完全にお任せ。自分でやってることって月に1回フクピカで拭くくらいかなあ。それでもあんまり汚れてないのでガラスコーティングの甲斐はあったのかもしれない。

 

所有欲を満たす外見だし、本当に買ってよかった!今まで電車を何本も乗り継がなきゃ行けないところにラクに行ける!公共交通機関を使わなくても移動できる手段があることで気分が楽になった。「コロナ対策でどこにも行けない」って思い続けてるのと、「場所次第ではリスクなしで行ける」と思えるのは気分的に全然違う。(それでも外出自粛はずっとしてるんだけど。単純に、かかって具合悪くてしんどい思いをしたくないから)

それにやっぱり、運転するのって楽しいよねえ〜〜。脳内麻薬出るよね〜〜。

 

今のところ、所有することのデメリットは感じていない。任意保険と駐車場という維持費がかかり続けることくらいか。ただし引っ越すことになったらまた駐車場探ししなきゃいけないのは面倒だろうなーとは思ってる。。。