NOZOTOWN

WSBK/Rebel250/台湾/音楽。HRCイケル・レクオーナくん/Tech3ニコラス・ゴヨン様をひっそり応援する

MotoGP2021バレンシア「ニコからイケルに贈る言葉」編

本当は前前回のおまけコーナーにするつもりで書いていたのだが、クッソ長くなったので分けた。まあそもそも、もはやおまけではない。私にとって一番大切なのは、イケルがいた時のTech3であり、Tech3にいた時のイケルだと自分に認めてしまったから、これが私にとっては本編だ。

 

2021MotoGPバレンシア戦のmotorsport imagesの画像。公開から実に8ヶ月、私はずっと見ることができなかった。これを見た時に、イケルがいたTech3が、私の中で完全に終わってしまうのだと思っていたから、URLを開くことができなかった。事実上はもう終わっているのだけど、「自分の中の」問題。自分の気持ちの問題だ。同様に、KTM画像庫のポルティマオ2バレンシアも見てなかった。

 

で、全部見た。

Motorsport imagesバレンシア回のURLがこれ。

https://www.motorsportimages.com/photos/?driver_id=442167&race_type_id=112&event_id=269494&sort=order_taken_old

 

 

これ2人して左手を上げてるのがかわいいw

カタルーニャQ1でも、バイクを指差すニコのジェスチャーをイケルがリピートして確認するような姿がほんの一瞬映ったり、ミサノ2の時のインスタストーリーズではなんか2人してお尻を叩き合ったりしてた。思うに、イケルは咄嗟に(無意識に?)ニコの仕草をミラーリングしてしまうくらいにニコを信用していたのではないか。(マットさんの時は覚えてないwジェニングスさんはまだそういうシーンが見られない。1年目だし)

ニコとイケルの瞳の色、ちょっと似ている。どっちもオレンジの混ざったヘーゼルアイだ。ニコは他の画像なども総合すると、緑みが感じられる。オリーブベースだと思う。イケルは鈴鹿サーキットホテルで見かけた時のパッと見は、黄みがあるように見えたが、他の画像も総合すると、分類としてはオリーブ系だがもっと色素が薄い、って感じだろうか。(髪の毛はダークな色合いでも目の色素が薄くなるの、人体の不思議だなあと、目も髪もダークカラーな東アジア人としては思う)

 

そして、お別れ会の画像が、めっちゃ充実してて嬉しい。多分、日曜のWUPの前と予想してる。

もうさーーーーーニコのゴージャスな笑顔が世界最強にかっこよくて最高。さらにはキリアン、マキシム、マリアさんという今はいないメンツが懐かしくてさーーー。あの頃はよかったという感傷でいっぱいになる。

 

てか、寄せ書きを贈る文化って、フランスにもあるのか……。この寄せ書き、ニコのコメントが一番大きくて、文字が読みやすく、画像を大きくしたら何が書いてあるか、ほぼ正確に読める!!わぁぁい!!

私ヲタクだから世界中、わからんフランス語も含めて探しまくったけど、ニコによるイケルに関するコメントって、この2020シーズン前の動画

  https://www.motogp.com/ja/videos/2020/02/24/オフィシャルテスト-新たなコンビを結成したクルーチーフ/325817

しか存在しなかったの!!ニコからイケルへの言及が、2020シーズン開始前以来に、2021シーズンの一番最後の日に公開されたということになるw

私はこれを、すごく求めていた!ありがとう!!読みやすく書いてくれたニコありがとう、ニコのところが光で飛んでない画像を採用してくれたカメラマンありがとう、記念撮影しよーぜ!みたいなノリのTech3みんなありがとう、そんな仲良しノリの画像もたくさん公開してくれるmotorsport imagesありがとう、インターネットと全てのインフラエンジニアにありがとう、全世界全宇宙ありがとう!!!!!

 

というわけで画像検証。

ーーー

For sure, it hasn't been the easiest two years of your career, but I hope they will help you be to a better and faster rider.

Wish your best for your future. Believe in yourself. You have a great talent.     Nico

ーーー

 

と書いてある(1箇所、toの入るところ違い原文ママ)

 

(ニコ ò v ó) < 確かに君のキャリアの中で容易な2年間ではなかった、しかしそれが君がより良く、より速いライダーになる助けとなることを、俺は願っているよ。

君の未来に、幸運を祈る。自分を信じろ。君は素晴らしい才能を持っている。

 

 

😭ウォォォォン!!

声出して泣いた……………

 

前半は、2人が苦楽を共にして歩んだ2年間を思い出させる。

後半は、ニコからイケルにかけて欲しかった、私の理想の言葉そのものだ。送り出す言葉の切なさ。励ます言葉の力強さ。

 

全てがニコらしくて最高だ。理想オブ理想。ニコは私の理想のアイドル…………顔よし声よし体よし役職よし知能高しの質実剛健キャラ。完璧か。(惜しむらくはメディアへのアウトプットが少ないという欠点があるのだが、そこもまた自分の中に構築されたアイドル像を維持するのには、いい効果がある……)

 

ニコ評する「great talent」という言葉に、私もやっとカタルシスを感じられたwずっっっとニコにイケルを褒めてほしかった!イケルのTech3在籍当時の数々の発言からして、ニコ達がそばでいつもイケルを褒めそやしていただろうことは伺えるが、その具体的な一言一言を、外から見ているファンが知る機会はほとんどなかったので……(インスタのストーリーズの動画で、グッジョブとかnot badとか言ってるのが聞こえたくらいしか情報がない)

それにやっぱり、イケルの才能を信じるという私自身の考えを、ニコに肯定されたかった……。ニコのメッセージは、MotoGPで成績が不安定であっても光るものを見せていたイケルを応援していたファン達のことをも、肯定してくれている。

 

はあ………マジでカタルシスだよ。あれよ、Angel Beats!で、世界に未練のなくなったキャラが消滅してくじゃん……今、あれの気分よ……w

 

それにしても、寄せ書きっていいものだ。これだけは伝えとかなきゃ、って勢いが感じられる。ニコの思い、私も受け取ったぜ!!(半年寝かしたがな!)

 

細かい観察。

ニコの書く文字は、ご本人の容姿に似合わず、小ぶりで丸っこくて可愛らしいのが意外だ。その上サイズが一定で、単語間の空間がしっかりとられていて読みやすいこともあり、ちいかわのナガノ先生の文字のタッチを彷彿とさせる。

 

ナガノ先生の文字の例

 

 

……あんな逞しいガチムチ筋肉の腕から、ナガノ風文字が繰り出されるとか、ヤバいくらい萌えるんだけど!?あのフランスのオッサンかわいすぎない??!180センチ越えのイケルよりも更にでかい図体して、雄々しい眉毛の間に一本皺を寄せた険しい表情で、コロコロした丸文字を書くニコの姿を想像すると、もうたまらん!!かわいさのあまり、我キュン死に極まる!!!!!見た目は熊系、声はDepeche Mode、書き文字はナガノ。にこかわ!!!!!

 

意外なギャップまで用意してるとかさあ……今一度書くが、ニコさヲタク女の理想のアイドル像として、完璧すぎる……

 

そんなこんなで、バレンシア回の画像を見たせいで、ニコ推し心が再び強まって来てしまった。モタスポへの興味は薄れてきてたはずなんだけど、やっぱ来年はニコポルをメインで推したくなってきたな………。が、それでもKTMへのアンチ心が治まっていないという、相克。少なくとも来年の体制が決まらないと、なんとも自分のスタンスが決まらないが。

 

 

なお、他のメンツのコメも出来る限り解読中wペトルッチのコメが、ギーさん(シンプルイズベストで、Theギーク像のギーさんらしさある)の横にあったりする。#9って書いてあるからペトルッチで間違いない。………ってことはイケルもペトルッチへの寄せ書きにコメント書いてるだろうから……この寄せ書きプレゼントはライダー達にとってはサプライズではなく、ほぼほぼネタバレしてただろうということになるねww

 

目力強くてちょっとキツそうに見えるデイビッド(下の画像で一番左に映っているメカニック)のコメが、メカニック陣で一番長いのがかわいい。あと愛称を名乗っている人もいて、フランス語わからない族には興味深かった。キリアン→Kykyなのは、2020アラゴンで病欠してた時のメッセージ 

https://www.flickr.com/photos/tech3racing/50527478243/

 で存じあげてたのだが、ギヨーム→Guiguiは私は初めて知った。(Tech3SNS過去ログを再確認したら、昔他の寄せ書きとかでもそう書かれていた。ニコのチームじゃないクルーはあんまりマークしてなくてね…)

キキとギギ、とてもカワイイ愛称。………いや、初見、カワイイと思ったのだが、空条承太郎ジョジョ、みたいなものかカワイクはないか

 

同じく愛称を名乗ってるのがマキシム→Max。ストラテジーエンジニアとして、ニコの次にイケルと距離感の近かった存在。上の画像では光で飛んじゃってるけど、他の画像と総合してわかることは「自分を信じて。HRCのライダーとしての幸運を祈ってる。君が俺を信用してくれてると感じられたよ、ありがとう」というようなことが書いてある。マキシムは今年Tech3にいないから、これも泣けるなあ。今マキシムがどこにいるのか結局謎なんだけど、マキシムにとっては最後のライダーがイケルだったんじゃないだろうか。

ていうか、セッション中にライダーを一番近くで観察する役職のニコとマキシム双方から「Believe in yourself」と書かれているあたり、2021年のイケルが本当にメンタル未熟で不安定だったであろうことが伺えるわ。そして、その2人から2年間ずっと激励を受けていたんだろうと、改めて確信した………

 

あーーーーTech3萌える……。前回のSBKまとめにも書いたが、クルーが萌える。関係性に萌えるタイプのヲタク(この傾向は東アジア圏のヲタに特に強く見られますね)にはドンピシャだ。

おじさんが技術を持って、若いのに夢を託すような図式が萌えるんだと思う……。そして若いのは、自分の肉体を限界まで捧げて、いろんなものを背負って戦うっていう図。最高に萌える。

みんなクルーに萌えてみな、飛ぶぞ。

 

これ↓が最後のニコとのツーショかな。やっぱりニコと、Tech3のニコチームと、そこにいたイケルが一番好きだった……………。残念ながら私には、それが一つでも欠けたらだめだった。そして他のものでは、代替が効かなかった。今のところ。

今更ながら、202020212年間、こんなにテンション上げさせてくれてありがとう本当に最高に楽しかった!!</p >