NOZOTOWN

WSBK/Rebel250/台湾/音楽。HRCイケル・レクオーナくん/Tech3ニコラス・ゴヨン様をひっそり応援する

2021MotoGP転倒王ランキング、SBKバウティスタ インタビュー対訳

興味を持ったメディアの記事をメモっとく

 

--

 

MotoGP 2021転倒王発表

https://www.paddock-gp.com/motogp-sur-les-278-chutes-constatees-en-2021-75-ont-eu-lieu-avec-une-honda/

多分もうすぐ公式がMoto2/3含めたカウント結果を出すのだろうけど、メディアによるカウントの結果がこれ。

-

転倒王メーカーランキング:

Honda 75 falls (27%)

Ducati 72 falls (26%) →ここは台数とルーキーが多いのでしょうがない

KTM 58 falls (21%)

Aprilia 32 falls (11.5%)

Yamaha 21 falls (7.5%)

Suzuki 20 falls (7%)

 

転倒王ライダーランキング:

Iker Lecuona (KTM) 26 accidents

Marc Márquez (Honda) 22 accidents

Pol Espargaró (Honda) 20 accidents

Alex Márquez (Honda) 19 accidents

Aleix Espargaró (Aprilia) 18 accidents

Enea Bastianini (Ducati) 15 accidents

Jorge Martín (Ducati) 14 accidents

Jack Miller (Ducati) 12 accidents

Takaaki Nakagami (Honda) 12 accidents

Miguel Oliveira (KTM) 12 accidents

Alex Rins (Suzuki) 12 accidents

Danilo Petrucci (KTM) 10 accidents

Lorenzo Savadori (Aprilia) 10 accidents

Johann Zarco (Ducati) 10 accidents

Valentino Rossi (Yamaha) 9 accidents

Brad Binder (KTM) 9 accidents

Luca Marini (Ducati) 9 accidents

Joan Mir (Suzuki) 8 accidents

Pecco Bagnaia (Ducati) 7 accidents

Fabio Quartararo (Yamaha) 7 accidents

Maverick Viñales (Aprilia) 4 accidents

Michele Pirro (Ducati) 3 falls

Stefan Bradl (Honda) 2 falls

Jake Dixon (Yamaha) 2 falls

Franco Morbidelli (Yamaha) 2 falls

Tito Rabat (Ducati) 2 falls

Garrett Gerloff (Yamaha) 1 fall

Dani Pedrosa (KTM) 1 fall

Sylvain Guintoli (Suzuki) 0

Andrea Dovizioso (Yamaha) 0

Cal Crutchlow (Yamaha) 0

-

 

来年………大丈夫かな(^ω^)

 

ちなみに2020年のレクオーナは転倒王4位。

https://www.motogp.com/ja/news/2020/12/08/転倒レポート-最高峰クラスの最多転倒は2年連続してザルコ/359825

去年のほうが転んでないように見えるけど、単純に3回も欠場していたせいもある。あと今年は、KTM旧シャーシと前輪ハードのスリックタイヤの相性が悪かったというのもある。つっても他3人はそこまでコケてないわけだから。やはりレクオーナは速くなりたくてプッシュしすぎてたのかなあと思う。前のめり感。そして後半戦の「どーせ来年ないし思いっきりやってやんぞ」感。

 

逆に「来年から本気出す」モードのドヴィは0回。来年のドヴィの活躍に期待している。活躍してほしいなあ。あ、ザルコさんは脱転倒王おめでとw

--

 

Motosan 21/11/19バウティスタさんのインタビュー。ちょっと長い。

https://www.motosan.es/sbk/bautista-revela-el-motivo-por-el-que-volvera-a-ducati-honda-tendra-una-moto-competitiva-pero-yo-no-tengo-tiempo/

 

19「来期、僕はチームが変わってドゥカティに戻るよ。正直言って、何も期待したくないね。あのバイクに最後に乗ったのは2年前だし、今どういうことになってるのかはわからないから。ただテストして、乗って、あの頃あったイイ感じを回復させたいよね。僕は何も期待してないっす。「勝ちに行くぞ」とか「チャンピオンシップを闘いに行くぞ」とか言いたくないんだよね。

 

ただ戻って、バイクにいい感触を持てるようにしたい、速くなろうとしたい、楽しもうとするよ。2019年は僕はドゥカティで結果を欲しがってたし、たくさんのことを学んでいた、なぜならシーズンの始めから僕は、ちょー強かったからね。来期は目標の順位とか結果は求めないよ。ただ楽しんで、バイクに乗って、それから何が起きるか見てみるよ。

 

HRCか、ドゥカティかを選ぶ時は、容易なものじゃあなかったね。HRCは素晴らしい会社だよ。ドゥカティは既に競争力のある良いバイクがあるよ。僕の感触としては、HRCは競争力のあるバイクに到達できると思うよ、確実に。MotoGPでそれをやり遂げたし、ここでもやるだろうね、でもまだ時間を要すると思う、特に、このチャンピオンシップでは、MotoGPみたいなやり方でバイクを変えていくことはルール上、許されていないから。

 

僕はグリッドで一番若いライダーってわけではないし、僕には時間がないと思ってるんすよ。僕の選択は、時間の問題による所だね。僕は速くなりたいし、競争力を持ちたい。僕は今、もう既に競争力のあることがわかっているバイクがほしいんだよ。これが変化を選んだ動機だね。HRCは競争力あるバイクを持つだろうけど、まだ時間が必要で、その一方で俺にはそれだけの時間がないんだよね。

 

僕にとっては多分、今シーズンは予測していたより悪かったねえ。チームHRCとの1年目を終えて、僕はもっといいシーズンの始まりを望んでいたよ。特に最初数レースは、僕達が2020年より改善できていたとは、僕には思えないね。最初の時点ではもうちょっといいことを期待していたんだけど。シーズン中、たくさん作業し、レースシーズン中も多くのテストをしたよ、で結局、よい進歩をするのは難しかった。

 

シーズン半ばにかけて、僕達は基本的な設定を保つことを決めたんだ、変更は小さくして、電制にウェイトを置くようにね。シーズン半ばから終わりにかけて、僕達はちょっと良くなった、同じバイクに電制のちょっとした改善をしただけだからね。小さな前進だったよ、最終的に、僕達は表彰台を争えるようになった。でもぶっちゃけ、僕はシーズンの頭から表彰台近くで闘うことを期待してたんだよねぇ。結局それは簡単なものではなかったけど、僕達は、プロジェクトとバイクと、前進したよ。

 

チームHRCとの2年間で、スーパーバイクについてさらに発見があったね。2019年までこういうバイクには乗ったことがなかったから、僕には全てが新しいことだったよ。この2年間でたくさんのことを学べたね。このタイヤの経験を積んで、よりバイクを学び、違いをより知った、スタートラインから始めること、WSBKで新しいプロジェクトを始めることで、たくさんのことを学んだんだ。僕は電制とシャーシとエンジン特性に集中した最初のシーズンではあまり作業しなかった部分で、多く作業をしたよ。

 

僕はチャンピオンシップというものをよく知っている。多くの経験があるし、自分のライディングスタイルにとても合っているんだ。たくさんのことを学んできたし、HRCと共に新しいプロジェクトを発展させることの多くの経験も手に入れた。僕達は未来のための、基本的なバイクを作る所から始めたんだ。僕は誇りに思うよ、たとえ期待したような結果ではなかったとはいえ、僕達はレースで最善を尽くした、だから僕達が成し遂げた仕事にハッピーだよ。」

 

 

   バウティスタさん37歳だからね…(見えないかわいいキャラも含め…)将来のことを考え始める年だから…CBRを完成させることより既に完成されたパッケージを求めて、残る数年のうちに結果を出したいと思うのは自然だと思う。

 

--

◆個人の感想

SBKインドネシア戦は概ねリアタイで見たんだけど、ハスラムさんは手術後の肩に痛みが出て欠場したの気の毒だったな最後だったんでしょ

 

インドネシアはレイさんが最高だった……自分が全部1位取らなきゃその時点でチャンピオンは無理、1位取った上で、ラズガットリオグルさん次第という、超プレッシャーのある状態でしっかり1位取ってるのカッコよすぎだ。チャンピオン防衛は成らずとも、激アツだよ。今年のチャンピオンシップとしては、多分MotoGPよりSBKの方が熱かったと思う。

レイさんは成熟した大人だ。MotoGPは気が付けば若造だらけになってるから、対照的にレイさんの安定性、大人感、完璧さを見て、new to SBKの私はビックリしてしまった。(決してイケメン枠ではなく、真面目そうな職人ぽい雰囲気あるのもいいよね。日本にファン多そうだなー)

人類みんなレイさん見習った方がいい。特にイケルくんな!!!!!イケルは来期メンタルなんとかせんとレイさんの壁は厚い……。というか、SBKって精神の安定してそうなベテランだらけな気がする……来期はちょっと減るとはいえ

 

こういう「自分が1位を取らなきゃ即アウト+その上で相手の順位次第でチャンピオンになれるかもなれないかも」みたいな状況で1位を取った人は、私は2015Moto3オリベイラだ!と思う。あれは本当によかった……オリベイラは優勝して完璧だったけど、辛くも十分にポイントをとれたケントがチャンピオンになった。パルクフェルメでメカニックと長いハグをするオリベイラの姿が泣けた

2019Moto2のビンダーもまあ似たケースかな。2019年のエンジンが、新規トライアンフ製じゃなくホンダ製の継続だったらなあ……といつも夢想しますね………

 

--

・おまけ

実はまだ出し惜しみをして、バレンシア戦のMortorsportimagesKTM公式の画像を見ていない。来月、燃料切れた頃に補給用に取っとこうと思ってw

で、これは本人SNSから借り。(もっといい画質を本人SNSで見れる)

 f:id:nozoko250:20211123222425p:plain

ニコチームのみんなにサイン入りレザースーツをプレゼントしたみたい。転倒王なだけあって、ダメにしたツナギがいくらでもあるwクルーそれぞれのお名前と、「この2年間ずっとありがとう。メルシー」というようなメッセージがある。メルシーくらいのフランス語はちゃんと書けるイケルくん書けてるの)。イケルのダブルピース可愛すぎ可愛い可愛い。ニコさんの笑顔が最高すぎる…………ほんっっっと男前やぞ(って男性に言うとあんま同意してもらえない謎。女子は同意してくれるんだが?気い遣われてるだけかなw?)

ニコんちにイケルのガワが鎮座することになるとか、胸熱………