NOZOTOWN

Rebel250/MotoGP/台湾。イケル・レクオーナくんガチ勢。

MotoGP 2021 スティリアまとめメモ<その1>

長くなったので2つに分けた。Tech3放出の件は次のエントリーでだらだら書く。

 

◆レースまとめ動画

https://mobile.twitter.com/wearetherace/status/1424461617987784706

 

Mini bikersさんのまとめアニメ

https://losminidrivers.com/2021/08/10/minibikers-2021-styrian-gp/


 

KTM公式の本人コメント

https://www.ktm.com/en-pt/racing/racing-news/brilliant-binder-surges-to-4th-place-at-styrian-motogp--.html

 

33「今日は、(夏休み後の)最初のレースとしてはちょっと混沌としていた!レース1のサイティングラップでは実はほとんど転倒しそうだった。理由はわからないけど、1周目は前輪タイヤに温度が入ってないように感じられた。まるでウェット状態みたいだった。何が起きていたか確認する必要がある。一時、トラックをランオフしてしまい25番手に落ちた。次の周回で赤旗が出るまで45人を抜いた。再スタートはだいぶよくなって、もっと硬い前輪タイヤが必要であったとしても、自信が持てた。これは俺達にとって弱点すぎるんだ。レース中ずっとタイヤの限界まで乗っていたけど、とてもハッピーと言える4位に、順位を上げられるように管理した」

 

26「よい結果であり、ぼくたちは今週末学んだことからの結果にハッピーであると、ぼくは考えます。レース1ではうまく乗れていたのですが、ゆっくりな第3コーナーでフロントを失った理由がわかりません。そこはとてもゆっくりで、ぼくはトラックの中ほどにいて、サバドーリがバイクに衝突しました。ぼくたちが大変混乱状態にしてしまいました。彼が大丈夫であることを祈ります。

2台目のバイクはウェット用のセットアップだったのでセッティングを変え、少しトリッキーでしたが、リスタートで"大丈夫、フィニッシュしよう"と思いました。より落ち着き、より注意して、プッシュしすぎることはしませんでした、あまり最初に接地を失わないようにするためです。

トラックとバイクの感覚を得たら、もっとプッシュできるようになり、周囲のライダーがミスしたので、いくつかポジションを上げられました。前方集団に近付いていき、タイヤの働き方を面白く感じていました。テストだけでなく、今週末のFPとも違っていたんです。

トップ10はいいですね。KTMとぼくのメカニック達全員に感謝します。彼らが大変な作業をしないといけない時、ほんの少しの時間しかなかったのに、素晴らしい仕事をしてくれたからです。ファンの方々にも感謝します、レースを楽しんでくれていたら嬉しいです。」

 

27 (Tech3公式版もKTM版も、珍しく内容が同じだった。後述)

 

9「加速の観点で、困難なレースになるってことは、ワイらにはわかっとった。実際、グループ内に留まることに苦戦した。他の人に近付けるようにやって、最後はイケルを抜かそうとしたけど、ワイドになってしまいポジションをいくつも失ってもうた。このミスは本当に残念や!レースは全部、ストレートでロスするタイムをリカバーするために闘った。来週もまたトライしよう」

 

88「レースをフィニッシュできなかったことを、僕はとても残念に思います。レース2の方が、僕にとっては少しマシでした。より良いラインを見つけることができ、いくつかポジションも上げられました。ブラッドの後方で、タイヤを管理しめ冷静を保っていましたが、それからかなりの振動が始まってしまい、タイヤの問題でリタイヤを余儀なくされました。全ての努力が無駄だったみたいに感じられるから、がっかりしていますよ。今週末はベストな結果にはなりそうもなかったけど、ここでやってきたことを考慮すると、ナイスなトップ10をとることはできたはずでした。手首は日に日に良くなっていて、治療の全ては効果が出ています。上手くいけば、週を通して(治療が進み)シュピールベルクでの次のレースには、ベストな形で間に合うでしょう」

 

Tech3公式 本人コメ

https://motogp.tech3racing.fr/index.php/en/news-en/archives-2021/214-gp10-styria-red-bull-ring-2021

 

前日

27「後半戦を始めるのが待ちきれないよ!しっかり準備した状態でオーストリアに到着するために、夏の間たっくさんトレーニングしてました。レッドブルリングはとても好きだよ、去年このサーキットで2回トップ10入りができたからね。KTMがここでたくさん仕事をしているのも知っているし、オレのお気に入りトラックの1つです。だから前の方に出てまたトップ10を闘えると予想しています」

 

初日

27「全体を通して難しい日でした。ドライコンディションの午前は、バイクにかなり苦戦して、正常に止めることができていなかったんだ。オレたちは到達すべきレベルにありますが、作業を続ける必要もあります。午後は雨で、ドライ用の新しいセットアップを試せなかったから、明日を待たないといけないね。よかったこととしてはここのウェットコンディションでバイクを試せたこと。日曜日にウェットレースになるかもしれないから。オレは雨ではとってもいい感じです。すごく速さを感じられてとってもよかったです、チームに感謝します。あ、(トラックに)戻ってこれて嬉しいです」

 

2日目

27「難しい日でした。新しいセッティングを試して、オレたちは午前中はとても苦労しました。最終的にいい感触になったので、FP3の最後の数分はタイムを向上させるようにしました。でももっと温暖な午後のFP3ではまたすごく苦労してしまいました、理由が本当にわかりません。なんかバイクに問題がある気がするけど、まあよくなるでしょう。明日はレースです。天気をチェックして、何が起きるか見てみよう。でもいつも通りバイクがちゃんと動作して、チームがプッシュしてくれたら、オレたちはいい結果を出せるチャンスがあるとわかってます」

 

レース日

27「困難な日だったよ。今朝のウェットコンディションでは、強さをしっかり感じることができました。オレ、レースは雨になると予想していたんだけど、最終的にはドライだったね。10ラップの後、グリップがもはや全く感じられなくなってしまって、かなりスピンがありました。レース中、苦戦したうえに、ロングラップペナルティまでありました。なんでかはわかんなかった。一つ言えるのは、オレはあんまり嬉しくないってこと。だってオレたちのポテンシャルならもっと前の方でフィニッシュできただろうってわかってたから。でも、今はまだ(後半戦の)1週間目で、あと数日でリカバーする機会があるんだ、だから再スタートだね」

 

ポンシャラルさん (レクオーナへの言及部分だけ。)

赤旗が出た時はガッカリしたよ、イケルがいいスタートを切れていたからね。でも2回目もいいスタートができたね。僕が思うに、イケルはスタートが上手く、1周目の間はハードにプッシュしている。彼は、ステディで、いつもポイント圏内で、いいレースをしたと僕は信じる。彼はP11まで上がったし、P12との差に余裕まであった、残念なことにロングラップペナルティを受けるまではね、あれは我々のレースを台無しにした。ここははみ出しに厳しいトラックだと思うよ、ペナルティを見たのは一度だけではないからね。彼は最終的にP16まで落ちたけど、最終ラップでダニロを抜いた。だから1ポイントは得られた。小さい褒賞ではあるけど、イケルはドライでもウェットでも、力強い週末を過ごしたね、その点で彼に賛辞を送りたい。たった3周を残してP12を逃したことは、まだ少し苦い気分ではあるけどね。」

 

---

◆公式のインタビュー動画

ない!!

レース後インタビュー集、レクオーナの分がない!14位のマリーニと16位のポルは入ってるのに、レクオーナだけまるっと飛ばされてる。なんだよ!!

 

---

◆個人の感想

雨だとやたら輝くレクオーナを堪能できた週。

しかし毎度なんで?「背が大きくて、その分体重が他の人より重いせい」だけでいいのかな?

レースは、スタートはいいよね、概ね毎回。でも今回は5周すぎたあたりから明らかにトップスピードの数値が他の人達より出てなくて、何かトラブってるなあと、心配してライブタイミングを見てた。タイヤがあかんかったのか。

でもそのまま、ロングラップペナルティも消化したうえで、最終的にポイント圏内に入れたから、レクオーナはすごく頑張った!!満足した。レースで雨が降ったらもっといい結果になったんだろうなあとは思うけどね

 

*そういえば、FP4で「フェルナンデス昇格確定」ニュースが出た時、丁度レクオーナがコケるとかいうシュール展開だったんだけど、1人でバイク起こせてた…!いままで1人で起こせてるところ、見たことなかった。これまではバイク起こしたい時は「ちょ……だれか来て…( 27 ;´  Д ` )🤚」ってやってた。イケル……成長したなあ……って、のんきなこと思いながら見てたw


ポンシャラルさんのコメント、やたら優しい。

私には響いたよ……

多分、ポンシャラルさんは、アッセンでインタビューを受けていた通り、本当はレクオーナペトルッチを続投させたいんだと思う。今のところ、見所と伸び代があるのはレクオーナだし、Tech3は若手ライダーを育てる所として機能してきた歴史を考えれば、21歳のレクオーナを来年も育てたいんだと思う。で、ベターな行き先を本人が決めてから、Tech3を卒業させたいんだと思う、ヤマハ時代までの過去のライダー達がそうだったように。

でもKTMの人事権に、Tech3は逆らえない。

だからせめて本人の自信を削がないように、レクオーナが未来を掴めるように、この子は出来る子なんだって見てる人に言いたいから、優しいコメントをしてるんじゃないかな。

だって前半戦だったら、15位では残念だともっと厳しく言っていたはずだ。あれも、今思えば、KTMに残留を考えさせるだけのエビデンスが必要だったから、厳しいことを言っていたんだと思う。

 

ま、単純にKTM5人全員に去年レベルの勢いがなかったせいで相対的に評価が甘いだけなのかもしれんけど。でも私個人は「Tech3は本当ならレクオーナを残留させたい説」を推すね!

この説だと、ポンシャラルさん(しかもニコチーム)はシャーリンに次ぐ「不本意なライダーの放出」を経験することになるが……


 

◆おまけ。今週のお気に入りキャプ。よく映ったんで沢山ある。

・木曜日朝。レクオーナと、その後部座席で爆睡する歩夢。(この後、歩夢の寝顔のドアップがあったw)和むわ

 f:id:nozoko250:20210809191700j:plain

 

・雨のFP2。雨専レクオーナが頑張ってる映像を真剣に見てるニコチームの面々。ゴルカ兄がイケル椅子でリラックスしてて草。

 f:id:nozoko250:20210809191804j:plain

 

・雨のWUPのインスタ。ずっとP5以内維持でP1になる場面も何度かあった!レクオーナ偉い!レクオーナかわいい!

本人満足げ。しかしニコさんがいつも通りバインダー持ってるからグータッチに失敗wバインダータッチとかいう珍しいやつしてたw

 f:id:nozoko250:20210809191834j:plain

ねぎらって!褒めて!> ( 27 *´  ν ` )🤜 📂😷<あー、はいはい

 

・雨のWUP中継エンディング部分。ニコさんと話し合う姿が長めに映って嬉しかったわああ。

 f:id:nozoko250:20210809191946j:plain

 

・レース赤旗中断中。WPの技術者(多分)と笑顔全開で談笑してたけど、戦闘モードでアドレナリン出てる雰囲気がどことなくあった。

 f:id:nozoko250:20210809192212j:plain