NOZOTOWN

WSBK/Rebel250/台湾/音楽。HRCイケル・レクオーナくんガチ勢。

2019/11高雄&墾丁旅行記2日目(墾丁編)

左営駅からの高速バスで約2時間。墾丁牌楼で降りた。バスを降りる時も悠々カードをピッとやったはず覚えてないよくわからない時は周りの人の真似をするだけ。

バス停から徒歩3分のホテルにチェックイン。

 

墾丁金洋麗舎

 https://www.booking.com/hotel/tw/jin-yang-li-she.ja.html

 

バリ風で可愛い。オーシャンビューのオレンジ色の壁の部屋に泊まったけど、他の部屋もすごく可愛いなー。紫の壁の部屋とかすごいオシャレ。これで素泊まり16000円は安いと思う。ペットボトルの水が提供されるのに、廊下に給水/給湯器あるので、飲み水には永遠に困らない。あたたか〜いお飲み物もカップラーメンも作り放題。給湯器ありのホテルは最高

2泊したけど、部屋の掃除はなしだった(その方が部屋に自由にこまめに出入りできてありがたい)希望があればやるスタイルみたい。掃除に入ってもらえないとトイレットペーパーが足りなくなるんで、フロントにもらいに行く必要があった。だけどフロントから人がちょいちょい消える。少人数で回しているようだ

 

ホテルの並びにレンタルバイク店がある。以前別のエントリーで書いたところ。

 

墾丁哈特仏租車行

 

英語が通じる親切な老闆がいる。何かあればLineで連絡を取り合える。ついでに現地の美味しい店とか観光スポットの情報を送ってくれる。ちなみにiPhoneに現地のプリペイドSimを挿しててもLineのアカウントはいつものと同じのを使える。

 

この時、まだ普通二輪の免許を取得できておらず、車の免許(と、その中文翻訳)50ccスクーターを借りるつもりだった。でも既に在庫がなく、電動スクーターに乗ることになった。(私の他にも日本人が来てたってことだね、50ccなんて二輪免許なしの日本人しか乗らないでしょ)本当は台東県まで行くつもりだったんだけど、電動バッテリー1つでは無理なので諦めて墾丁、恒春だけを堪能することにした。次墾丁に滞在できるなら125cc借りて台東県まで行きたいなあー。

 

この日はこんなルート。バッテリー交換はしてない。

f:id:nozoko250:20210404004931j:plain

 一番遠い船帆石から餃子屋まで14kmある。実際の走行距離はメモってなかった

 

この日の観光

墾丁大街の50嵐でタピオカ烏龍奶買う 船帆石 社頂自然公園の手前まで行って引き返す 夕方になり寒くなったのでホテルに戻ってジャケットを着込む 恒春の福記肉羹蒸餃で夕飯 全聯福利中心でお菓子購入墾丁夜市で揚げ物購入 ホテルで買ったものをデザート的に食べる

 

タピオカ烏龍ミルクティー大好き近年は日本でも飲めるお店増えてて嬉しい。台湾では値段が3分の1で嬉しすぎる。

半糖=砂糖半分

去冰=氷抜き

混珠=タピオカ大粒と小粒のミックス

Lサイズを頼むのがいつものパターン。混珠って店頭のメニューに書いてないんだけど、50嵐では必ず注文できるなんでメニューに書かないんだろう。指差し注文できないから、携帯の写真とかメモを見せて注文してる。

ドリンクスタンドは英語も日本語も通じない確率が非常に高い。それでいて砂糖の量や氷の量など指定事項が多いので、メモとか写真とかで対策していくとスムーズ。まあ台湾の人はみんな優しいので、言葉が通じなければなんとなく適当にやってくれるw都市部では、運がいいと他のお客さんが通訳してくれることもある。

 

船帆石(写真1枚目)を眺めながらタピオカ飲んだ。なんか帆を広げた船に見えるとかなんとか。不思議な形で存在感あった。墾丁は海もきれいだし、山もあって起伏に飛んだ地形で美しい。

この日は天気が良かったので、社頂自然公園という山の上の公園のあたりまで電動スクーターで上って夕陽を堪能できた。暗くなったら怖いので公園の中には入らなかった。上りも下りもかなりの急勾配で怖かった。下りは速度が50キロ出た、電動バイクなのに

気温は5月の暖かい日くらいの感じで過ごしやすかったけど、夕方になって半袖Tにネルシャツを羽織った状態だと電動バイクとはいえ風で寒い。一度ホテルに戻ってエコレザーのライダースジャケットを着込んで恒春に向かった。

 

写真2枚目が恒春の、阿嘉的家。「海角七号

という映画の撮影地らしい。同僚がいい映画だよ!って言ってました私はまだ見てませんが。あと私がたどり着いた時は閉まってたけど、本来なら中を見れるそうな。

 

写真3枚目が福記肉羹蒸餃の蒸し餃子と酸辣湯。前日と同じもの食べてる!このお店のはニラが強めで肉汁ジューシー。美味しいお店なので、まだ17時半だというのに、地元民で繁盛していた。

 

 

途中の全聯福利中心でお菓子とか豆漿(統一のオレンジのパックのやつがお気に入り)とかを買い込んだ。この時、初めてバスクチーズケーキを食べて、おいしさに驚いたことを覚えている。

 

全聯の前にいた怪しいブツ

 

 

恒春〜墾丁、結構遠い10キロくらいなら大した距離ではないんだけど、電動バイクで時速25kmくらいでノロノロ行くと遠く感じる。交通量は割と少ない。結構頻繁に高速バスが通り過ぎていく。でも道が広々してるのでそんなに危ないことはない。

 

墾丁夜市でタコのさつま揚げみたいな揚げ物買ってからホテルに戻り、全聯で買ったお菓子やお茶でデザートにした。ホテルの部屋が広々してて居心地最高。美味しいもの食べながら、中国語の「あたしンち」やクレしんを見てダラダラした。あたしンち見ると台湾の夜を過ごしているっていう気分が高まる。

 

この日食べたものまとめ。(タピも全聯のバスクチーズケーキもスナック菓子写ってない。実際にはもっと食べてるw)

 

そういえばこのホテル、シャワーブースにちゃんと壁があるのが地味にありがたかった。台湾のホテルは、バストイレの仕切りがなくて、シャワー浴びたらトイレが水浸しになるレイアウトになってるところが多い。あれはよくない

 

<3日目に続く>