NOZOTOWN

WSBK/Rebel250/台湾/音楽。HRCイケル・レクオーナくんガチ勢。

2021MotoGP バレンシアまとめメモ<0.5>

とうとうシーズン終わりかあ…。私は数日後に燃え尽きてそう……喪失感で。なんか今回はまとめが長引きそうな気がするので1回小出しにメモ整理しとこ。

木曜のレクオーナ絡みの更新はなかった、残念。風邪治ったかね??半袖着てる画像をSNSで見たから、大丈夫かなー。

 

 ---

オリベイラ 木曜日インタビュー

https://www.speedweek.com/motogp/news/184513/Miguel-Oliveira-zu-der-Frage-Muss-KTM-eingreifen.html

88「ちょっと脳震盪がありましたけど、全て検査した結果、全部問題ない状態となりましたよ」

-レクオーナとの接触について

88「彼の謝罪を受け入れました。こういうインシデントにKTMが介入すべきかどうか、僕にはわかりません。去年、ポル・エスパルガロとも似たアクシデントがありましたし。もちろんKTMのバイクが転倒したのは苦い気持ちです。誰も幸せにしてません。僕達は話し合って、今は平和に前進したいんです。

僕の故郷で、応援してくれるファンの前で、フィニッシュしたかったですよ。でもできなかった。KTMの目標としてはポイントを稼ぐことだった。こんな終わり方は誰も予測していなかった。でもそういうものです。起きたことは変えられません」

ーチャンピオンシップランキングとしては10位に入れそうだが

88「もうあんまり関係ないですね。僕にとって今シーズンは終わりました、たとえ10位に入れたとしても、シーズン後半の弱さには、居心地悪く感じてしまいます。最終的な順位は僕にとっては重要ではありません。僕は(前半戦の)いくつかのいいレースの後、ひどい(後半戦の)幕開けをしました。チャンピオンシップについては、夏休みの後に物事が悪くなっていきました。これにはフラストレーションを感じてしまいますね」

 

 

   とりあえず金曜、オリベイラも好調に走れてるし、レクオーナもしれっと走ってて(地元で雨のFP1、さすがのP1。嬉しい。キャプ取りまくり)、ペナルティのニュースもない。ひとまず安心かオリベイラの、おおごとにしたくなさそうな感じ……優しいというか、人道的というか…。こういうのも熱烈ファンの多い一因なのかも。

 

--

 

・今回、2輪ロードレースから引退するロッシさんとペトルッチへ、各ライダー達から大々的にトリビュートが捧げられている。

その一方で、ザルコは因襲に囚われないタイプだから、同じく引退するMoto2のトム・ルティにトリビュートを捧げている、というフランスメディアの記事。

https://www.paddock-gp.com/motogp-valence-johann-zarco-remercie-celui-qui-la-inspire-et-qui-nest-pas-italien/

 

5「彼がボクのアイドルだったって訳ではないですが、彼はボクがレースを始めた時には既に彼がいて、2005年に125ccクラスでチャンピオンになりました、それもボクの意見としては、最高に速いってわけではないバイクで、ですよ。

Moto2ではボクは数年、彼とタイトル争いをしました。そして彼はこのクラスにおけるボクの模範でもあった。彼のレベルに達することができるように、彼に勝とうとした、彼と何度もバトルして、ボクは何度か勝つことができた。彼はいつもスイス人として、ジェントルマンらしく振る舞うんですよ。ボクは彼を尊敬します、他のライダー達からも、とても好かれているんですよ。

彼がMotoGPクラスでうまくやれなかったことは残念でした。カテゴリー変更が、いい感覚を失う結果になったのでしょう。でもMoto2に戻ってからは、また良くなることができましたね。自分自身が良いライダーである、正しい感覚がある、と感じられることが、彼にとってよいことだったんでしょう。MotoGPではそれを失くしたり、自分を疑い始めることもありますからね。

でも明確に、ボクは彼をとても尊敬するし、彼が好きです。すばらしく教養がある人ですし、それに何年もの間とても速く、中〜軽量級において、物凄く速いライダー達に勝ってきたのですから」

 

 

   →周りの空気に流されず、現Moto2のルティ兄さんにコメントを贈るなんて、ザルコはとても素敵。

ザルコのこういう独自路線感が好き。側から見て、この人はとても個性が強いと感じる。Moto22回チャンピオン獲ったという経歴も、2019シーズン途中でのKTMとの契約破棄も、すごく個性的だ。契約破棄の理由も、「乗ってて楽しくないから」だっけか。自分のフィーリングが一番重要だよね、理解できる。あー、レクオーナに強制バク転させられたの、2019バレンシアだったっけwあの時は、我が推しがやらかしてすいませんでしたww(でもペトルッチ機から漏れたオイルに乗っちゃった疑惑あるらしいよー)あの事故りバク転も個性的……だよね。あと、過去になぜか旭旗ヘルメット使ってたっけ‥‥純フランス人なのに…なぜか…。(私の目には、ザルコとポンシャラルさんが一番、Theフランス人、に見える)

ザルコはとにかく自我が強くて、シーズン初頭にコロナのワクチン打たなかったから、セパン行けるの??と過去にニュース記事が出てた。最終的にセパンでの開催はなくなったから、その後ザルコがワクチンを打ったのか、今も打たないままなのかは不明。他にはヤマハマネージャのジャービスさんが打ってないらしい。(個人的にはワクチン拒否派って意味がわかんないんだけど…まあ個性は感じる)

 

まあとにかく、誰とも違うって素晴らしいことだ。レクオーナもそうだけど、私は他と違う、個性的な奴が好き。大衆に迎合なんてしなくていい!!

 

ルティ兄さんお疲れ様、Moto2時代はレクオーナにも優しくしてくれて、ありがとう

 

--

◆おまけ

2019ザルコ強制バク転回の直後の、レクオーナ単独インタビュー動画がこれ。

https://www.motogp.com/ja/videos/2019/11/17/レクオナ-アイドルたちが同じトラックにいて魅了されてしまった/319774

 f:id:nozoko250:20211112200340j:plain

27「なんで転んじゃったのかわかんない、でも転んじゃったぁ!」

 

って言ってるところめちゃくちゃ喋り方が可愛いんだが??英語ってこんな可愛く喋れるものなんだ?!可愛さの天才でしょ???もう可愛さ世界チャンピオンでしょ?????

 

ってか……あー、やっぱ青いTech3いいなー…。

 

2019ルティ兄さんとイケルくんの2ケツ激写。

ルティ兄さんがこういう優しいことをしてくれたから、レクオーナはトラック上で困ってた

 ビニャーレス(2020オーストリア)とか

 リンス(2020エミリアロマーニャ)とか

 アレマル(2021カタールテスト)とか

 ペトルッチ(2021ポルティマオ)とか

を助けてあげたんだね。ルティ兄さんの教育の賜物だよルティありがとうこれからはMoto3プルステルで教育に専念してがんばってくれ

Embed from Getty Images

2021/11/8 SBK公式ニュース記事 部分訳(レクオーナ、ビエルヘコメント)

SBK公式ニュース記事。レクオーナとビエルヘのHRC入りに関するインタビュー。

動画あり。ポルティマオ2のレース後インタビューの時に撮影したっぽい。

コメント部分だけ訳

 

https://www.worldsbk.com/en/news/2021/Its+a+dream+for+me+Lecuona+and+Vierge+discuss+Team+HRC+move+for+2022

 f:id:nozoko250:20211110235050j:plain

     →インタビュー動画からキャプ。来年のことを話す時は笑顔が多めで嬉しいね…かわいいね…

 

27「来年のことはあんまり考えていません。今はMotoGPに集中したいんだ、だってオレにはあと1回しかレースはないから。オレのホームだから、大切なレースだよ、ホームグランプリって感じだね。来年は、まずバイクを試して、タイヤとか(今とは)完全に別物のバイクに対して全てを試してみる必要があるね。それからチャンピオンシップを闘えるかどうかって言えるんじゃないかなあ。楽しみたいし、頑張りたいな。多分最初のレースの後に何か言えるようになるんじゃないかなー」

 

     さすがに、いつになく慎重な発言。そりゃ過去2年のHRCの成績を見ればまあ「オレめちゃ強だからレイさんとかぶっ倒してやりますよ」とは言えないか…w

 

97「ホンダのメンバーになるのは僕の夢でした。彼らと働き始めることが本当に楽しみです。大きな、大きなチャレンジです。(Moto2と比べて)違いは、僕が思うに、全部でしょうね!バイクのパワーひとつとっても、実際のところ倍でしょう、重さももっとある。それにタイヤも。全てが僕には新しいことです。本当に楽しみにしていますよ。チームは素晴らしいんです。すでにそこで働いているメンバーのほとんどを知ってます

(イケルと働くことについて)イケルのことは知ってます。彼は本当にいい奴だし、本当に速い。僕より大きいバイクの経験があるから、彼がちょっと助けてくれるでしょうし、僕は大きいバイクの乗り方と電制のことを、たくさん彼から学べると思います。僕は彼くらい速くなれるようにするでしょうね」

 

      すごいビエルヘが下手に出た!!!!ww正直、Moto2ではビエルヘの方が上だったように見えたから、そう来ると思わなかったなんか性質も全然違うし、上手くやっていけるか心配だったんだけど、ビエルヘが年下のイケルをヨイショする力関係なら多分やってけるわ。イケルは性格いいし、確実にチームメイトと上手くやろうとするし、かわいいし

あと、やっぱビエルヘはマルケス兄弟経由?MarcVDS経由?でホンダとは繋がりがあった?人脈持ってた?なんで突然ビエルヘ??って謎が拭えなかったけど、元々絡みがあったっぽい?(この人のことよく知らないから、情報ふわふわ……)

 

・ついでにSBK関連ニュース。シャーリンもSBK

https://www.speedweek.com/sbk/news/184290/Naechster-Ex-MotoGP-Pilot-in-SBK-Was-MIE-Honda-plant.html

 

ここに「MIEホンダは現行1名のライダーを2名に増やしたい。現行ライダーのアルゼンチン人、タティ・メルカドは続投確定。シャーリンがそのチームメイトになりそう。実現したら、シャーリンはMotoGP初のマレーシア人ライダーになったのと同じように、SBK初のマレーシア人ライダーとなる。とはいえ、即刻セパンがSBKのスケジュールに戻ってくるかはわからないけどね

という感じのことが書いてある。

 

これが実現すると、ニコさんがクルーチーフを担当したライダー4人中3人がSBKに集結してちょっと面白い、OB会って感じで(レクオーナ、シャーリン、フォルガー。フォルガーはもう来年レギュラーライダーやらないかもしれないけど…)

なおかつ、データエンジニア時代はほとんどみんなSBKから来た人なんじゃないかな?あと代役もSBKから出張してきた人がたくさん。

ニコ担でSBKに関わっていない残りの1人はポル。あと来年の人もか。

 

ここで最新のMoto2/3のシート埋まり状況が確認できる。

https://www.motogp.com/ja/news/2021/11/10/ホンダ-チーム-アジア-古里太陽-マリオ-アジを起用/400504

 

そしてこっちでは、まだシート決まってないMoto2現ライダーが確認できる

https://www.motogp.com/ja/news/2021/11/10/moto2-クラス-プレビュー-終戦決着/400502

 

これ見ると、実は来年のMoto2のシート争いは激戦区だったということがわかる。ラミレスはたとえ自前シャーシのアグスタでもシートをゲットできたのはラッキーだったのかも。

Moto3から昇格させすぎなのでは?とか思ったけど、Moto3だとマシンに対してもはや身長がデカすぎて不利になる子が多いんだろうな。

2021MotoGP アルガルヴェ(ポルティマオ2)まとめメモ<2>

◆メディアの記事

 

・レース後インタビュー speedweek

https://www.speedweek.com/motogp/news/184308/Iker-Lecuona-(KTM)-Was-der-Crash-Pilot-zu-sagen-hat.html

 

27「朝はすごくいい感じだった、今週末全体と同じように。でもレースの間はずっと、ブレーキに問題が出てたんだ。10周くらいしてから、前輪にも問題が出た。前輪が何回かロックしたんだよ。3回か4回は前輪のせいで転倒しそうになったのを防いだ。その一方で、トップ10を闘えるって思ってたよ。

残念ながら何度かのミスの末、先頭グループからは離れてしまった。ミゲールとブラッドと闘った、あとバスティアニーニもいた。ミゲールをオーバーテイクしようとした時、小さいデコボコに引っかかって前輪を失った。オレは(前輪が)離れるのを防げなかった。転倒して、バイクがミゲールに当たって、彼を一掃してしまった。彼に謝罪しました。彼は気にしないで、と言ってくれた。彼の体は大丈夫だと思う。オレは先週風邪をひいて、あんまり体調はよくないけど。

衝突の2周前、ミゲールと他にそこにいたライダーをオーバーテイクした。その時は強さがあった。何周もした後だったから、その時はベストではなかったけど、でも前の周と違うことはオレ何もしてないんだよね。もちろんオレのミスではあるんだけど

(なおオリベイラは怪我なしと先行情報があったけど、レース後インタビューを取りやめ、検査に連れて行かれたとある。他の記事によると、クリニカモビレですらなく、近隣の病院に行ったらしい)

 

   やっぱ、イケル風邪引いてた……

 

--

オリベイラ、無傷(月曜)

https://www.speedweek.com/motogp/news/184359/Miguel-Oliveira-Keine-Verletzung-das-ist-positiv.html

 

88「昨日、レース後の検査の後に、病院に行きました。全て検査して、負傷がなく、何も問題がないことを確認できました。いいニュースですね。でも後数日は症状が出ないか観察しますよ、でも今のところ全て良さそうですね。

(インシデントについて)残念です、昨日のレースは、それまでの全てのセッションよりよくなっていましたから。素晴らしいスタートをして、トップ10を望んでいました。転倒は、もちろんガッカリしましたよ。でも僕達は先のことを考えています。うまくいけばバレンシアでは和解的にシーズンの最後を成し遂げられるでしょう」

 

--

・心が広いオリベイラと許されたレクオーナ。インスタでのやりとり

 f:id:nozoko250:20211109211733j:plain

27「ミゲールと彼のチームへ謝罪いたします。彼をオーバーテイクしている時にオレは転倒してしまいました。彼に深刻な症状がなく、バレンシアで会えますように🙏✨

88「ありがとうイケル💪🏼僕達二人とも素晴らしい週末に残念な終わり方だったね。Hug😉

27「君が健康で、バレンシアで会えるといいな🙂

88「そうだね。最高に楽しもう」

 

オリベイラは知能が高いからスペイン語もペラペラ。たしか5カ国語できるんだっけ。

compañero=相棒!みたいな呼びかけ

claro tio=My mate!みたいな呼びかけ

このへんどこの外国語でもよくある表現だけど、日本語だとなんか不自然になって訳できない。

 

オリベイラ、さすがポルトガルのヒーロー。大人。

ファンの前でとうとうフィニッシュできなかったことを誰よりも残念に思っているはずなのに、ここでオリベイラがキレたら、レクオーナは自分のファン達からもっと叩かれるからね。我慢したね。元チームメイトで、レクオーナが可愛い奴であることは知ってるはずだし。

何しろ、同情心が強いだろうサテライトチームで経験も浅いレクオーナが、自分達とタメ張れるほどKTM機に乗れてるのに、来年MotoGPに留まれないという事実。これはオリベイラをだいぶ寛容にさせる効果があるはず。下のポルのインタビューと同じような感じで。

あと、今更なんだけど、オリベイラがもしビニャーレスの後釜でヤマハに行ってたら、レクオーナ残留の可能性あったよね……それができてたらフェルナンデスもワークスから昇格ならもっと納得したかもしれないしヤマハはチャンピオン輩出メーカーだからオリベイラ自身のためにもなっただろう。その辺ちょっとモヤついてるのかもとか勝手に邪推した。

 

ダラダラ考察したけど、これ見た時、私は普通に萌え豚化して「この2尊い……ミゲールかっこいい……イケルかわいい……やっぱ2020Tech3が至高……ブヒブヒ」ってなった。

 

--

・イケル、ポルとも接触してたけど

https://www.speedweek.com/motogp/news/184322/Pol-Espargaro-Verstehe-ihn-E28093-am-Ende-der-Karriere.html

2周目でレクオーナ接触があり、P6からP10に順位を落とした。

44「あれはボクのレース全体に影響がありましたよ。強さがあったし表彰台を闘えただろうけど。でもイケルのこと、わかるよ。彼のMotoGPキャリアはもう終わるというところだもの。彼は若いし、その時まで素晴らしい週末を過ごしていて、エキサイトしてたんだからね。ボクがトラックから外れて、彼と、2人のドゥカティサテライトと、クアルタラロから離されました。一瞬で4人にオーバーテイクされ、ボクがしたかったほど早くオーバーテイクはできませんでした。それでも全体としてボクのレースはよかったし、ボクは速くて強かったですよ。結果ボクはチャンピオンシップのトップ10で、トップ8も可能な範囲です。バレンシアではそのために戦います、好きなコースなんですよ」

 

  これだけ聞くとなんかポルが純粋な被害者っぽくて、いい奴っぽく聞こえるじゃん?でもな………

 

--

・今回はMotosanよりこっちの方が早くて詳細な情報くれた。レクオーナのレース後インタビュー

https://www.todocircuito.com/noticias/28454-lecuona-explica-su-incidente-con-oliveira:-he-pasado-por-encima-de-un-bache.html

 

ーレースの始まりはよかったが原因不明で前輪に不具合が出た

27「俺にとってはレースはポジティブなものだった、たくさん学べたよ。もう1回見直して、どこで失敗してバイクがどうだったか、どうやって解決するか勉強したいな。全部のレースで終わったら勉強してるんだ。もちろん予想していたよりずっと苦労したけど、乗り越えようとしてきた。

1コーナーでの問題ですか?彼があんなに早くブレーキするなんて思わなかった、だってポルはいつも野獣みたいにブレーキングするんだ、すっごく遅いんだ。でも今回彼はマージンを取って早めにブレーキングしてた。オレはそれを予測してなくて、あと510メートルってところですでに彼はブレーキしていて、オレはアクセルを開けていた。それでブレーキを放してまっすぐ行くことを余儀なくされた。オレは(コーナーを)突っ切って、レースを0から始めることになった。これは前のほうにいると起こりえることだね、誰かの後ろ側にいると、全部もっとクレイジーになるものなんだよ」

 

オリベイラとの接触転倒は限界に達したせいじゃない

27「ミゲールの時はそれと同じじゃない、全然違う。周回ごとにオレには厳しい状況になっていった、前輪にすごく苦戦した。ひどいチャタリングが起き始めたんだよ。第5コーナーで転倒しそうなのをセーブした。転倒まであと5メートルってくらいでセーブした。第13コーナーに入って、オレは彼をオーバーテイクしようとした、その前までの周回で彼やほかのライダーにそうしたのと同じように。(接触転倒の後)彼が起き上がるまでずっと近くで見ていた。彼がただ吹っ飛ばされただけで無事だと確認できてから、彼に話しかけに行った。それから謝罪したよ。彼が大丈夫と確認できるまでずっと一緒にいました」

 

自分のミスだと認めるが、オリベイラを抜くことは可能に見えたと主張

27「その2周前に同じ地点でミゲールを抜いたし、そこで4人抜いてるんだよ。オレの強みのある場所だった。強みのあるところがあれば、そこでオーバーテイクしようとするでしょ。まあ前輪に問題が出てから何周もして、ベストな時ではなかったのかもしれないけど。でも前と同じようにやったんだ。10メートル遅くブレーキングしたりとかしてない。でもオレのミスだってことは明白だよ。

朝のWUPでは、すっごくいい感じだったんだ、週末ずっとそうだったのと同じで。でもレースでは後からバイクを止めるのにすごく問題が出た。10周後には前輪にも問題が出た。タイヤが何回もロックして、34回は転倒しそうになったのをセーブした。気温は上がって、オレは苦しんだ。

でもトップ10を争えるとも思ってたんだ。ブラッド・ビンダーとオリベイラと、あとバスティアニーにと何度も闘った。オレがミゲールを抜かそうとしたとき、路面のくぼみに乗ってしまい、転倒を防げなくて、オレのバイクが彼にぶつかってしまった」

 

MotoGPでできることを見せるのに2年は不十分

27「オレのポテンシャルはまだまだあるって思う。ライダーには、適応したり快適さを感じるまでもっと時間が必要だと思う。KTM機は扱うのがすごく難しいバイクだってみんな知ってるよね。でもすっごく速くなって、いい結果を出さなきゃいけない。夏休みの後、オレは自分のメンタリティをちょっと変えて、もっと楽しむことにしたよ。そしたら強さを感じられるようになったし、心がクリアになってリラックスしたんだ。楽しんでいるときは向上しやすくなるものなんだね」

 

   ポルのお騒がせ感、久々。今週はビンダーVSペトルッチ、レクオーナVSオリベイラ、そしてレクオーナVSポル でインシデントがあったのだね。KTMがらみの人しかいないやっぱこのメーカーなんか呪われてるんじゃ……

 

--

The Raceが今週はKTMの記事多めだった。面白いところだけ抜粋集。

 

土曜の記事

https://the-race.com/motogp/why-a-rider-ktm-sacked-is-outshining-its-main-motogp-stars/

 FP4はレースペースを焦点にしたセッションだけど、レクオーナはワークス2人より強く見えた

27「木曜日のインタビューでは、オレの目標はここでの1回目のグランプリ(ポルティマオ1)より向上することだった。あれは散々だったから。

オレはこのトラックが好きだよ。オレはこの一年間、ずっと一人で向上できるように頑張ってきた。オレすっっごく頑張ったし、頑張りを止めなかった。レースごとに向上していったし、オレはここ(パドックとか)に到着したら最初のその時から頑張るんだ。

オレのポテンシャルをみんなに見せてやる!ってわけじゃないんだ、来年はMotoGPにはいないし、もうみんなに見せたと思ってるし。それよりも、オレ自身のためだね。闘志を持ち続けることは、チームのためだけじゃなく、オレ自身のためにもポジティブなことなんだよ。次の2年間、オレはワークスライダーとして、いろんなことを変えていかなくちゃいけない、だから集中し続けて最後のレースまで頑張ることは、それ(来年以降)についてもポジティブなことだね」

 

    これまで「several years」としか言われていなかったけど、レクオーナHRCとの契約が2年間であるということが、これではっきりしたね……

 

33「俺は今週末マジ自信あったし、いい仕事ができると思ってたんだけどな。だが何らかの理由でペースを見つけるのに苦戦してるよ。どの周回でもいいリズムもペースもなかった。俺達にとってはひどくトリッキーで、宿題だな。イケルはうまく乗ってるように見えるな、そんなに違いはないと思ってるんだけど。彼はかなりここではうまく乗ってる、俺達はただ乗るってことよりも、問題解決のためにもっと深く考えすぎなのかもな。問題を解決しようとすると物事を難しくすることもある、そういうもんだ」

 

88「困難な状況にあるときは、常に新しいことに挑戦したくなるものですよ。今年、僕達が支払った最大の代償は、グランプリ以外ではテストがあまりなかったこと、これは事実でしょう。レース後に公式テスト日がありましたが、グリップが非常に高いことで、真のパフォーマンスが隠れてしまうんですよ。試すことはできますが、完璧ではありません。過去には、現役ライダーと(テストライダーが)一緒にもっと多くテストできました。それでエンジニアやテストライダーではなく、僕達がフィルタリングの作業をします。タイトなグリッドでは、簡単に前なり後ろなりに行くことができるものですが、今回は簡単ではありません。僕達はできうることをやり切ったと思っています。」

オリベイラは、ワークスのRC16と、Tech3のちょっと古いフレームの間には違いがあると断言する。

88Q1では少しスピードが上がりましたが、Q2進出には不十分でした。情報を分析して、何を改善できるかを確認しないといけません。

今のところ、Tech3は僕達よりも少し速く、彼らには僕達と少し違っていることがあるんです。だから僕たちはそれを組み合わせてレースにいいセッティングにできるか可能性に注目します。

グリッド順位はかなり後方にはなりますが、それでもいい仕事ができると僕は信じています。自分の全力を注いで、最後には得るものがあるといいですね」

 

   やっぱTech3へのパーツ供給がフェアじゃなかったってことがここでもバレたね。あとTech3側のデータがワークスに共有されてることはこの記事ではっきりした。

 

・日曜日 レクオーナオリベイラ撃墜について

https://the-race.com/motogp/oliveira-gets-hospital-check-after-race-stopping-motogp-crash/

27「オレ、(彼が処置を受ける)最後までずっと側にいて、それから話したんだ、ごめんなさいと伝えた。オレたちの間に問題はない。彼はオレに「気にしないで(Don't worry)」と言ってくれたよ。

彼が歩いて完全に大丈夫、ただ転倒しただけだって確認できるまで一緒にいた。彼は大丈夫だと思う。彼が元気、無事と確認できてから行こうと思ったんだ」

 

・日曜日、ビンダー、ペトルッチ撃墜について

https://the-race.com/motogp/the-other-portimao-motogp-ktm-intra-team-clash-you-didnt-see/

ー第4コーナーはオーバーテイクに適していないことは明らか、コーナーが広いため。

9「インをついても意味ねーのに。特に1周目なんて」

ービンダー側は、現ペトルッチ担当、そして去年のビンダー担当であるイタリア人クルーチーフのセルジオ・ベルベーナから知らされるまで、気づいていなかったという。

33「マジで今知ったわー。第4コーナーで俺達ぶつかっちゃったようだね。正直わからなかったぜ。

俺の前クルーチーフは今年ダニロのクルーチーフなんだけど、彼に会ったら、ダニロは俺のせいで転倒した、って言うんだよ。残念なことに、正直に、俺は本当に彼を一掃したとは、わからなかった。第4コーナーでちょっとした接触はあった感じはした。でも実際に何が起きたかはマジで心当たりがない。ペトルッチがコケたことと、この状況については申し訳なく思うよ。全く俺の意図したことじゃない、正直本当になんの心当たりもない。

だからまあ、マジに残念だよな。それはそれってことで。ちょっとした接触があったってことで。俺はインにいて、そこに誰がいて何が起きたかは見てなかったってことで」

 

  ⇒結果として、やったことはほぼ同じなのに、レクオーナとビンダーの性質の対比っぷりがヤバいwwこれぞビンダー。多分半笑いで言ってると思うw

 

--

SBKの話題。エガーター、来期も今期と同じチームで続投。まじか。

https://www.worldsbk.com/en/news/2021/WorldSSP%20Champion%20Aegerter%20remains%20with%20Ten%20Kate%20Racing%20for%202022%20title%20charge

 

772022年もテンケイトレーシングヤマハで継続できることを嬉しく思います。僕達はこの世界選手権での初めてのシーズンに、多くの成功を収め、素晴らしい時を過ごしました。来期も同じメンバーのグループと働くことが楽しみです。僕はテンケイトレーシングにいると、とてもくつろげるんですよ、それに強いチームです。来期、僕達にはより多くの経験とデータがありますから、ヤマハR6でワールドタイトル防衛が目標です。僕達共通の目標は、2023年も継続していくことと成長していくことです。僕達の夢を実現させてくれるチーム、パートナー、スポンサーに感謝します。まずはインドネシアですね、チームチャンピオンシップのために、可能なかぎり多くのポイントを取りたいと思います」

 

   チームマネージャー談によると、この決定はシーズン早々に決まってたとな。SBK昇格するかも?って、公式が記事出してたのだが、初めからなかったんかい。しかも2023年の話までもうしてんの?!until 2023じゃなくin2023って言ってるんだけどSSPジョナサン・レイポジションを狙うのも面白いかも

とにかく、来年はSBKレクオーナSSPでエガさんを応援するという楽しみができた。

 

---

・おまけ

野獣先輩ポルとイケルくんの2020年ベストショット、拾いgif

 f:id:nozoko250:20211109211514g:plain

サンマリノFP2の一幕。この回はかわいいニコさん(なんかイケルに会釈してグータッチすんのwフランス人も会釈ってすんだw)も映るのでお気に入り。


スマホアプリのMotoGPゲー、2021年アップデートがなぜかこのタイミングでリリースされる…

f:id:nozoko250:20211110003613p:plain

なんで今更wもうシーズン終わるっつーのにwなおビニャーレスはまだヤマハで、アプリリアにはサバドーリがいる。そこのアプデはないのねw

2021〜2022年エディションって書いてあったから、来年も当分、レクオーナでプレイできるんだね…わあい…っていうか私これもう2度とアプデせんわ…このバージョンで永久保存する。ああ、ロッシファンがそういうことができるように、このタイミングなのかな…。

f:id:nozoko250:20211110003715p:plain

ニコさん役を雇うのに5000コイン必要って設定なのねw

このゲーム、東南アジアのプレイヤーが多そう。上手いプレイヤーがよくレクオーナ使ってるらしく、たまに立ち上げるたび、ランキングの上位にいつも名前があるのが嬉しい。このキャプでも1位ってなってる。私は……5周する前にいつもタイムアップするような腕前……wいつか自分の手で推しを優勝させてやりたい…

f:id:nozoko250:20211110004013p:plain

バレンシアでモルビデリさんとアレマルとポイント圏内ギリギリを争うとかいうリアリティある展開の図。おしりのロゴをちゃんと再現してて偉い!これ22人分あるんでしょ?偉い!


ボタン2つをタイミングよく押すだけというシンプルさはいいよね…舐めるように推しの姿を見ながらプレイしてる。推しを意のままに操作できるとか(操作つーかボタン押すだけなんだが)もうたまんねえ気持ちになるよね。

据え置きで出てるMotoGPゲーもやりたいんだけど、素人には難しすぎると聞いている。でもやるぞっ…!と思って、1年前にSwitchを買った。……でも開封めんどくてSwitchまるごと箱のままずっと放置してる…てへへ╰(*´︶`*)╯あれはなんか育成モードみたいなのがあってそれが面白いとかなんとかレビュー見た覚えある(情報がうろ覚えのフワフワだ)マネージャーになってライダーを育成するとかかんとか。シルベンテさんになってイケルを育てられるん??それともやっぱどこの馬の骨ともつかぬオリジナルキャラを育てないといけないん?SBK開幕までヒマだろうから気が向いたらやろうかな、まずSwitchの開封から……ww

2021MotoGP アルガルヴェ(ポルティマオ2)まとめメモ<1>

◆レースまとめ動画

https://mobile.twitter.com/wearetherace/status/1457360553714794499

 

Mini bikersさんのまとめアニメ

https://losminidrivers.com/2021/11/10/minibikers-2021-algarve-gp/

 

KTM公式の本人コメント

https://www.ktm.com/en-pt/racing/racing-news/binder-recovers-to-10th-place-in-portugal-and-penultimate-motogp.html

 

33「俺達にとっては全体的に困難な週末だったぜ。チームは夜通し素晴らしい仕事をしてくれて、WUPではセットアップにかなりハッピーだった。より強さと自信を感じつつレースに行ったんだけど、俺はどうすれば上手く乗れるかを理解するのに周回を要しすぎたな。ミスしすぎたし、いいペースに来るまで時間を要しすぎた。いくつか抜かせていいリズムになった時には、赤旗が出ちまった。厳しい回だったけど、チームはすげえ働いた。来週俺達は絶対に強くなって戻ってくる」

 

27 (下記Tech3公式側参照)

 

9「言葉も出んわ、他のライダーのせいでレースを離脱するのは2戦連続やからな。しかも今回はKTM。ブラッドだったかミゲールだったかはワイは知らんけど、どっちでも結果は同じやな。4コーナーやって、自分自身の失敗はなにもなく転倒した。これ2戦連続で、今年4回目のやつ。本当にツイてない、今回はかなりいい形になってたのに」

 

オリベイラ、検査行きのためコメントなし。

 

Tech3公式 レクオーナ本人コメ

https://motogp.tech3racing.fr/index.php/en/news-en/archives-2021/237-gp17-algarve-portimao-2021

 

事前

27「レースを楽しみたいよ!シーズン始めにここに来た時、オレはものすごく悪戦苦闘した、でもオレは色んなことを変えた。たっくさん改善したし、ペースを保つことができるようになった。だからオレ、今週はすごく上手くできる、そう思う。楽しんで、いい順位にとどまって、ちゃんとした結果をまた闘うことを期待しているよ」

 

初日

27「全体として、オレたちにとっていい1日になったと思います。FP1ではバイクに素晴らしい感触があったよ。1人で走って、自分自身に対して作業していき、バイクを向上させてもっと自信を感じられるようにしたんだ、それが上手くいったよ。FP2でも同じ方向性を続けて、まあまあの感じを得られた。ペースは一貫性があるし、トップからそこまで離れてないね。タイム出しのラップではミスってしまい、最終コーナーでコケそうになっちゃった、ちょっとクレイジーだったよぉ。でもこの方向性を続けたいと思う。オレ達、今日はよくやったと思う。明日にひたすら集中します」

 

2日目

27「すっごくいい日だったぁ!終日強さを感じたよ。昨日既にオレ達はいい仕事ができてて、今朝のFP3でもそのやり方を続けた。1人で走って向上したよ。オレ強いペースがあるんだ。タイム出しのラップでも1人で走って、Q2直行まであとちょっとってところだったから、午後もすごく自信があったんだぁ。予選ではレースのために頑張って、これも成功したね。

Q1でもまた1人で、すごく強さが感じられた。Q2ではもう新品のリヤタイヤがなくなっちゃったから、中古のを使った。新品のソフトタイヤだったら、前3列目までには入れただろうなあでもいいんだ。オレ本当に嬉しいし、オレのチームにありがとって言いたいよ、だってオレ達すっごく頑張ったし、明日の準備も万端どころじゃないもんね」

 

レース日

27「今朝は今週末ずっとそうだったように、すごくいい感じだった。でもレースの間、バイクを止めるのにすごく問題が出ちゃったんだ。10周後に前輪に苦戦し始めた。3回か4回、転倒しそうになったのをセーブしたけど、理由がわかんない。でも後輪ハード、前輪ミディアムのタイヤでたくさん周回するのは初めてだった。かなり難しかった。でもオレはトップ10を闘えるって自信があった。いくつかのミスの後、トップグループからは離されちゃった。でもいい結果はまだ手に届くって思った。ブラッドとミゲールとたくさん闘って、ミゲールを追い越そうとした時、路面に小さいデコボコがあったんだ。オレは転倒して、オレ達はアウトだった。オレ彼のところに真っ先に行って謝罪して、無事かどうか確認したよ。彼に対してすごく申し訳ないよ」

 

ポンシャラルさん

「かなり残念です。今回もまた週末通してFPも予選もずっと速かった。僕達はいいペースがあり、2人ともいい結果を出せると思っていました。またしても、不運なことに、ダニロはKTMワークスの1人にリタイヤさせられてしまいました、ですから彼は1周も終えられませんでした、とても残念です。

イケルは素晴らしいスタートで、僕達が彼にいてほしいと期待するポジションでした。先頭集団をプッシュし、彼らと近いタイムを出せていました。でも残念ながら、今シーズン何度も見たように、彼はミスしました。3秒ロスし、いい集団からももちろん離れました。それからリカバーしてまたいいペースを見つけて、ブラッドとミゲールの2人と面白いバトルをしました。彼は転倒してミゲールを巻き込みました。それが赤旗をもたらして、ポイントを稼ぐという僕達の希望は終わりました。

ミゲールとダニロを気の毒に思います。今週、KTMはお互いに好きあってなかったみたいですね。これはレースの一部です、これまで僕が言ってきた通り、そういうふうに考えましょう。来週の最終戦では、ちょっとでもよくなることを本当に期待します。今シーズンは長く、あまり光明がなかった。次は少しの光明があることを、僕はただ望みます」

 

---

◆動画

・予選後、単独インタビュー動画(サムネの親子感草)

https://www.motogp.com/ja/videos/2021/11/06/強さを感じる/399717

 

ーシーズン2番目の予選結果だったね、何が昨日と変わった?

27「今日の結果はとっても嬉しいよ。ずっとバイクに強さを感じられたからね。全体的に、他のバイクの後追いしてないんだよ本当に。ラップタイムを更新するのに、バイクのベースに何かを見つける必要があった。昨日は強いペースがあった。でもタイムアタックではちょっと苦戦したから向上が必要だった。向上する必要があるということはわかってた。それから今日はこの点、弱点について働いた。それでうん、強さを感じられて、KTM1番になれた。オレにとって重要なのは、1人で乗ってたってこと。ずっと1人で走ったよ。自力でタイムを更新した。これはポジティブなことなんだ。ここでマルティンに起きたことは知ってるけど、全力を尽くそうとしたし、最終的にすごくいいね」

 

ー今キミがKTMで一番で、過去はKTMで後ろの方で苦戦してた、何が違ってるの?

27「あーうーん正直わかんないねぇ。ポルティマオでの最初のレースを思い出すと、オレはすごく苦戦して最後の1人としてフィニッシュした。週末の間、まったくバイクにいい感触ももてなかった。なぜかはわかんないんだけど、今回はまったく違うのは間違いないんだよね。今年トレーニングをたくさんして、たくさん学んで、だからこの1年やったこと全てが、この難しいトラックでの感触を別のものにさせて、向上できているのかなと思う。KTM機は完全に同じポテンシャルだと思う。でもオレの立場からは、向上し続けようとしたよ」

 

ー明日のレースをどう予想する?

27「うーん、まずレースをフィニッシュさせたいね。でも前の方でフィニッシュできるポテンシャルがあるよ、トップ10だけでなくもっと前で。だって1人で速く走れたから。だから前の方で闘うポテンシャルがあるよ」

 

   声ガラガラなんだけど?!風邪ひいてるのでは?大丈夫???台湾の念慈菴キャンディあげたい………(ただののど飴なのに喉痛が即刻治る秘薬)

マルティンの話は、どうもポルティマオ1で負傷してたっぽい。

 

・決勝後、単独インタビュー

https://www.motogp.com/ja/videos/2021/11/07/予期していなかった/400002

 

ー見たところ無事そうでよかったよ、何が起きたのか教えて

27「レースの間、すごく苦戦した、正直、予想していたよりも。週末の間も今朝もずっと強さを感じられていたから。レースではバイクを止めるのが難しくて、前輪が何度もロックして4回は転倒しそうになった。それでもレース中ずっと強さはあったし、45人のライダーをオーバーテイクした。最後の2周目でもそれまでと同じポイントでオーバーテイクしようとしたんだ、第13コーナーはオレにとって強みのあるポイントだった。でもその時はミゲールが近くにいて、オレはもっとイン側だった。オレはトラックのデコボコでフロントを失くした。確実にオレのミスだ。でもこんなクラッシュは予期してなかった。オレは完全にコントロールできていたと言えるから。ミゲールに申し訳ないよ。オレは彼が大丈夫だと確認できるまで一緒にいた。彼はちょっと痛いって言ったけど、運良く負傷はなにもなかった」

 

ー転倒はしたけど、週末ずっと強かったことはポジティブだよね

27「うん、MotoGPでのベストな週の一つだったと思う。トップの方の順位にいられたし、一人でたくさんタイム出せたし。わかんないけど。こんな終わり方は全然よくないけど、正直に言えば今週末の内容はハッピーだよ」

 

   やっぱ声ガラガラだな。風邪っぽい…。早くよくなって!!

 

---

◆個人の感想

凍りついたが!

レクオーナオリベイラも怪我はないみたいだから本当に安心したよ……。しかし、やらかしたなあメーカーのエース相手に、しかもホームで撃墜は一番やっちゃだめなやつ。暴動起きかねない。あれ完全にレクオーナのミスだしなあ

レクオーナによるオリベイラ撃墜は2回目か。Moto2時代、2018オーストリアFP3でチャンピオン争い中のオリベイラ相手にやらかして、アキさんに激怒されたやつ。今回はホームでレース中のやらかしだから、あれよりヤバすぎ。ポルトガルにアンチが増える……今回はチャンピオン争いをしてなかったことだけ不幸中の幸い。でも赤旗出ちゃったから上位陣のファンからもヘイト集めそう

次回はとうとうレクオーナのホームレースなんだけど、変なペナルティとかつけられないといいな……

 

Moto2、こっちは被害者側、ラミレスがFP2で怪我なくって本当によかった。レースでジリ貧だったのはタイヤチョイスをミスったせいらしい。

うーん来年アグスタ行きがモヤつく、やっぱオリジナルシャーシでやってるみたいで、あのチームはあんまり奮ってないよねラミレスは1年修行してさっさと強いチーム入ってほしいなあ


Moto3
はフォッジアが気の毒すぎた。特別ファンでもないのにレース中のフォッジアには今期目を奪われる場面が多かった。ダリビンがアレで、今回は兄ビンダーもペトルッチに対してやらかしてたことが後から判明。来年ビンダー兄弟のいるMotoGP、ハラハラ感が楽しそう…(私は見ないから超無責任)

 

◆おまけ。今週のお気に入りキャプ

・今年2回目のQ1からのQ2ド根性進出ブチ決めた。

f:id:nozoko250:20211108232644p:plain

f:id:nozoko250:20211108232836p:plain

f:id:nozoko250:20211108232910j:plain

(いいキャプ豊作…)

あのポルティマオ1を知っていれば(あれは腕上がりの手術直後だったとは言え)まさかここまでやるとは誰も思うまい…ぶっちゃけ今回、捨て回とか思ってたわ。なのにFP13コンバインドもFP4KTMダントツトップなだけでなく、Q2まで行くとは、イケルさん、なめくさっててすいませんでした(土下座)

 

せっかくのニコさんと、頷く可愛いイケルという世界一萌えるはずの絵だったんだけど……

この時実況が「ニコ・ゴヨンは来年ホットな新人のフェルナンデスとペアを組むからエキサイトするでしょう」って言ってて一瞬でクソほど萎えたんだけど……。そうなんだけどそれイケル映ってるとき言っていいことじゃない。ミサノテスト以降、Tech3勢ないし上がってくる人達が映るとよく実況がこれに似たこと言う。Tech3メンは来年の新人にエキサイト〜みたいなこと。そういうのレクオーナ本人の耳にもガンガン入ってるんだろうことまで容易に想像できて、吐き気がした。

 

この実況(マット・バート。スキンヘッドの方)Moto2でもいらんことばっか言うんだわ。今週はラミレス映る度に、ガードナーとインシデントして肩痛いとしつこくしつこく……何回言ったよ?何が言いたいのかな?悪いのは完全にあっちだったよね?ペナルティないの忖度ってハッキリわかんだねってレベルで。イライラだわ。

実況については、SBKだとMotoGPより早口で全部聞いてられないだろうから、来年はイライラしないで済むかもなあと、悲しい期待(ところが腹立つことって不思議と耳が拾っちゃうんだよねえ…)

 

・同じくQ1後、SNS

 f:id:nozoko250:20211108233046p:plain

イケルの雄っぱい……というよりおなか?肝臓?をポンポンするニコさん。ニコさんも私も大満足大満足。おしりに飽き足らずおなかとか、ニコさん連戦Q2進出に相当満足したっぽいな…ニコさんクールなのに、2年で(特にこの半年)イケルとの距離感縮まったよなあ…尊み…

 

WUPP3で絶好調。

f:id:nozoko250:20211108233133j:plain

今週は中継で2回ニコニコできた🤗

割と夏休み以降はWUPのロングランが毎戦好調なんだよねえ。でもここんところノーポイントなんよねえ。最終戦はとうとうレクオーナのホームなんで、2018バレンシアみたいな輝きに期待(あの回も盛大にミスってたけど…)

 

・ペドロくんおめでとうハグbyイケルくん

f:id:nozoko250:20211108233154j:plain

珍しくパルクフェルメにお祝いに来る可愛いレクオーナ可愛い可愛い。アコスタは2018年のCEV Moto3時代、レクオーナと同じスイス・イノベーティブ・インベスターズチーム(以下SII)に所属していた縁で、仲良しなんだよね。

アコスタが「イケルくんはMotoGP界の兄のような存在で、俺のアイドル。ライディングスタイルが好き」って言ってるのを見かけた。おこさまイケルくんが兄貴風を吹かせられる数少ない相手、それがペドロくん。……なんだけど、このハグの直前、アコスタがレクオーナのほっぺをポンポンするの。ほっぺ!なんかやっぱペドロくんの方がイケルくんより表情が大人っぽいし、力関係つよそう……。公式によると、まだ17歳で、4歳も年下ではあるが

参考  https://www.motogp.com/ja/news/2021/11/07/ペドロ-アコスタのプロフィール/399109

2018年のSIIチームからの参戦は経済的な問題で続けられなかったとある。金で苦労したから大人っぽいのか。あのチームはマットさん曰く、ルティ恐慌で大変だったらしいし。それにリソースは急成長したレクオーナ優先で注ぎ込まれてたんじゃないかって勝手に思ってる。そのレクオーナの活躍を間近で見たことはアコスタ少年にインパクトを与えたのだろうなあと思う。わりと年が近くて身近な同胞の、一番最初に見た成功例だったんじゃないかなあと。

この記事に漁師の息子って書いてある。だからあの釣りパフォーマンスだったのかー

 

・これがそのSIIチームの2018年発表会の様子。アメリカンレーシングチーム(SIIの看板が変わった姿)SNS過去ログから借り。

f:id:nozoko250:20211108233601j:plain

奥からアコスタ、レクオーナのクルーチーフのマットさん、レクオーナ、チームオーナー、ロウズ、ロウズのクルーチーフ、ラフィン。

この並びってことはもしかしてCEVでアコスタのクルーチーフをマットさんがやってたのかねアコスタのSNSがない時代ってこともあり、情報を追うのが難しそうだ。

21/11/5 Motosanレクオーナインタビュー対訳(SBK入り、KTM批判)

Motosan ポルティマオ2 木曜日インタビュー

長かったんで先にこれだけメモっとく。

https://www.motosan.es/motogp/lecuona-no-creo-que-vuelva-a-motogp-la-unica-opcion-seria-un-equipo-de-fabrica/

 

World SBKでホンダとの新たなステージが始まる

27「とっても嬉しいよ。今はMotoGPでの最後2ラウンドに集中したいけど、もちろん来年、新しいバイクとチームで次の年を始めることが楽しみだよ。オレにとっては素晴らしい機会だと思っているよ。楽しみたいな」

 

MotoGPでたくさん学んだが、向上するマージンはまだある

27「オレいっぱい学んだよ、確実に。19歳でMotoGPに上がる機会を得た。オレは今でも学び続けているし、最後あと2回のレースでも同じようにする。心底、オレはとても若いし、まだたくさん学んでいかないといけないんだ。マルケスみたいな人は、オレがわかんないくらいの回数勝っているし、ヴァレンティーノは9回だね。つまり……オレはまだここで学ぶことがあるよ」

 

ー充分な機会がなかった

27「正直、わかんない。難しいよ。これについてはあんまり言えることがないよ。MotoGPでのオレのキャリアは短かったと思ってる。コロナ禍でデビューしたけど、容易なことではなかったのは明白だよ、知らんけど。オレは変化を選んだ、オレのためにも。オレにとって重要なことは、MotoGPで続けるのか、Moto2SBKかってことではないんだ。オレにとって重要なのは、バイクに乗るのが好きだってことなんだよ、メーカーがオレを信じて、完全な機会を与えてくれるようなバイクで。オレは勝ちたいし、今回(HRC)の場合は新しいチームと一緒にバイクを改善していくよ。

オレはバイクが好きだし、バイクに乗るのが好き、それが一番オレにとって大切なことなんだ。今なら言える、うん、オレはとても幸せだよ。来年が始まるのがすごく楽しみ。今年はすごく苦労した。いいこともあったし、そうでないこともあったと思う。可能な限り最高のやり方で終えたいな。この2回のレースは楽しんで、集中して、ベストを尽くすよ」

 

2021年レビュー

27「今期の見込みとしては、オレがしていたのとは違っていた。一貫性を持つことができなかったから。色んなところで転倒したし、たくさんミスした。例えばオースティンとか、トップ10に近付く所だったのに。あの終わり方は残念だったよ。でもKTMでの経験を、可能な限りベストに終わらせたいと思うよ」

 

KTMへの批判

27「イライラするのは、オレたちに新しいモノが供給されるのは、いっつもワークスチームより遅いってこと。かなり影響のある側面があったよ。あと、若手の扱いに感心できないよね。若手を信じて育てるなら少なくとも34年は必要でしょ。でも彼らはオレに対してそうしなかった、彼らはオレを信じなかった。オレには自分の仕事を見せられる時間はちょっとしかなかったし、望んだサポートもなかった。KTMのバイクはパフォーマンス観点で、ヤマハとかドゥカティとは違う、これは明確だとオレは思う。このバイクと他のバイクを、結果から比較しなきゃいけないけど、なにしろとにかく、M1と違って、乗ってすぐ速くなれるようなバイクじゃないんだ。時間も経験も必要とするよ。最終的には、新しい道を選ばなきゃいけなくて、SBKのホンダを選んだ。オレには変化と新しい挑戦が必要だった」

 

MotoGPに戻ることは考えていない

27「絶対とは言えないけど、MotoGPに戻ってくることは考えないよ。もしあるなら、ワークスチームしかないだろうね。でもリターンについては考えない」

 

2回目のポルティマオ

27「オレ自身には目標を定めません。ここでレースした時、かなり苦しんで、さんざんな週末だった。どのセッションでも一切バイクに快適さを感じることができなかったんだよ。たしかオレは15位でフィニッシュしたんだ、他のライダーが転倒したから。彼は一番最後で、静かに、レースを終えていた。オレの目標を、向上することだとは言わない。だって50秒更新するのは難しいだろうから。でも自分がいた場所には戻りたい。このシーズンを通して、オレはこのバイクでの前輪の使い方を学んだ。ベストじゃないのは確かだよ。オレたちが求めていたより苦しんだ。でもそれはそれ。みんな同じだよ。オレたちは前進できるレベルだ。オレの目標は楽しむことだけど、同時に、オレがこれまで目標とした、トップ10だね」

 

 

  いいね、このインタビュー、長くて本人の本音っぽさあるね、Motosanの真骨頂。KTM批判とか、ファンがモヤモヤ思っていたことを、本人がはっきり言ってくれたのがよかった。

こういう前提があって、やっぱホンダワークスの座が魅力的に見えたか…来年、一番優遇してもらえそうだもんね…ホンダに大切にしてもらおうね〜!私も買い支えるからあ!!

 

--

・おまけ

2021ポルティマオ1で転倒後、静かにフィニッシュしたライダーとは、昨年チームメイトのオリベイラのこと。

ここで2020年に優勝経験があり、ここでよい結果を出すことを、多分、誰よりも強く期待されていた。そのオリベイラが転倒後も、応援している地元ファンに敬意を払うため最後まで走り切ったことに、レクオーナはなんらかのシンパシーとショックを感じたようだね

 

私は2020年のTech3が大好きで、オリベイラレクオーナも大好きだったんだけど(今はなんか完全レクオーナonlyガチ勢になっちゃったけど…)、把握できる限り、この2人のツーショット画像ってほぼ存在しないんだわ!めちゃくちゃ探したのにないんだわ!仲悪かったわけでは、決してなさそうなんだけど。コロナのせいかなあー?あとはライダー同士がなんか絡む機会あれば、率先してビンダーがオリベイラに絡みに行ってるからねw後輩のレクオーナが邪魔しないよう気を遣うんだねw

 

一緒に写ってる可愛い写真はこれやな。2020年スティリア。多分、WUPの前後と思われる。GP150戦記念ケーキ。Moto3組もいて可愛い。2枚目、なんかふざけてそうなのもかわいい。

(^○^  88)<顔に丸ごと食らわせたろか〜

(27 ; ´∀`)<やめてよ、絶対やめてよ

$$ギ・∀・$✌️<PEACE

イケル、まさかのレプリカヘルメット発売

https://www.motostorm.it/jp/helmets/full-face-helmets/shark-skwal-2-replica-iker-lecuona-mat-orange.html


これマ?????オタ歓喜!!!!


色がオレンジと黒の2色展開。肝心の白はないんかい!

アーーッ!!アラゴンスペシャルカラー↓だったのはこれの発売のためだったのか!!

f:id:nozoko250:20211031051531j:plain


後頭部のバレンシア州&バスク州旗がオミットされてるのと、牙の先端が収まりきってなさそうなのが残念だけど、全体的にオリベイラの時みたいな違和感と、デザイン自体の微妙さはないので、商品としてなかなかいいと思います。旗がない代わりにナンバーがあるし。


見つけて即刻ポチり余裕。他の通販サイトでも取り扱われてる。あとお値段ちょい高だけどebayにもある。このサイトの使用体験談がネットに落ちてるし、PayPal使えるし、わざわざサイトに日本語機械翻訳が仕込まれているくらいなので、当然日本への発送可能。これだよ!これが物売るってレベルだよ!(glorifyさんも見習って……!)


本人SNSはおろか、Sharkの公式(英語版)にも情報がまだないんだけど、ここいつも遅いんだよねオリベイラの時もそうだったような気がする。


なお公式のD-skwal2のページ。

https://shark-helmets.com/integral/d-skwal-2.html?___store=english


……そういえば、スペシャルデザインのお披露目から、その後レプリカ発売っていう流れは、完全に2021ポルティマオ1でのオリベイラと同じだ。


公式にまだ情報はないけど、勝手に作られた非オフィシャル品ってことはなさそう。本物のデザインをD-skwal2の形状に落とし込んでるし


というわけで、黒とオレンジ1つづつポチってみた。1つはAraiのラパイドネオと同じ横幅で。もう1つはワンサイズ上げて。試着気分で買う。それでも合わなかったらまた買い足す。なにしろ今手に入る唯一の本物のレクオーナグッズだからねω・`)最推しのグッズにお金使う日を心待ちにしておりました……。かぶってみてサイズ合わないほうは貸出用もしくは観賞用にするから問題ない。

到着まで2週間くらいかかるだろうか楽しみ!!


なお結局ラパイドネオを痛ヘルにデコる作業は進んでいないし、まだ寒くないから、未だに使えてすらいない。ラパイドネオをデビューさせる前にイケルメットが届きそうな気がする……

まさかレプリカヘルメット出してもらえるなんて思わなかったの………出るならもっとSBKでチャンピオン争いするとか、そういうレベルじゃないと出してもらえないんだと、勝手に思ってた

Shark様ありがとう、推し達の命をいつも守ってくれる上、オタにお布施の機会までくれてありがとう😭

2021MotoGP エミリアロマーニャ(ミサノ2)まとめメモ<2>

◆メディアの記事集。

 

 

・金曜インタビューby Speedweek

https://www.speedweek.com/motogp/news/183607/Iker-Lecuona-(KTM4)-Neues-Alterslimit-macht-Sinn.html

 

27「こういうお天気のコンディションだと、オレはいっつもいい感じなんだあ。朝はブレーキに少し問題があった。でもオレはいい感触があったし、このコンディションならここでもっと速くなれるなって感じがしたんだ。午後はブレーキの問題を解決できたよ。それからタイムを更新できたよ、FP1からの中古タイヤを使ってる状態でもね。新品タイヤをつけた時、トラックが乾き始めていたんだ。それでも表面はすごく滑りやすくて、オレは十分に運転できなかったよ。でもFP2の第二走はとってもよかったね。ずっと1人で走ってたよ。すごく速かったし一貫性があった。今日はとってもいい感じだったよ」

 

ーイケル・レクオーナ16歳の時Moto2で、Fred Corminboeuf(:当時のチームオーナー)のスイスCGBMチームに加入した。2022年からMoto3Moto2の参戦最低年齢は18歳に引き上げられたが、この決定についてどう思うのだろうか?

27「オレが16歳で、昔のチームがMoto2でレースをする機会を与えてくれた時、オレの父はあんまり喜んでなかったんだ。正直に父からそう言われた。でも今年起こったことを踏まえて、このレギュレーション変更は意義があるよね。グランプリのレースに飛び込むのにいい年齢制限だよ。

だって10歳の子供だって今は大きいサーキットに来れるからね。でも10歳じゃなにもわからないでしょ。子供なら楽しむだけだよ。バイクって素晴らしいよね、でもコインに裏面があるように、レースはとても危険なものなんだ。この規定が理に適っているとオレが判断するのはそういう理由です。正しい決定だと思うよ、だって、この素晴らしいスポーツにおいて、何が起きているのか、何が起こり得るのかを知ることは、必要だよ。16歳から18歳の間って、とても勉強できるよ、たった6ヶ月だって大きな進歩を作り出せるよ。18歳なら、起こり得ることをもっと理解できている。だからオレはこのレギュレーションを支持するよ」

 

   パッパ、2016年のエガさん代役時、まず息子の身を案じた模様。で、2016年は大丈夫だったけど、事実、2017年頭に大怪我してたから。この話題は、まさに経験者語るだね

(ちなみにレクオーナパッパはすごく息子を心配するタイプらしくて、「パッパはビビりすぎてレースをリアルタイムで直視できない、マッマは見てくれるけど」というイケルのスペイン語インタビューを読んだことがある。パッパ……あの怖そうな見た目で)

 

---

10/28公開by Motosanなんだけど、インタビュー自体は木曜日のものらしい。内容的には、「軽量級の事故連発と年齢制限引き上げ」の件。上記speedweekのとはまたちょっと違っていて、補足的に読める。

https://www.motosan.es/motogp/lecuona-muchos-piensan-que-tienen-un-marquez-o-un-rossi-en-casa-y-no-es-asi/

 

ー子供を世界選手権で早く進歩させようと、全てを捧げる親もいる

27「まずオレに息子がいたとしたら、オレは家を抵当にしようなんて思わないね。息子には、オレの両親が言うように、最初はボードゲームを買ってやって、サイコロ遊びをさせるよ。親御さん達が手に負えてなくて、限界がどこなのか理解してないんじゃないかってオレは思うよ。みんな「ウチの子はマルケスかヴァレンティーノ並み!」って思うんでしょ、でもそうじゃない。みんな可能性があって、だれしも然るべき時に(昇格したり勝ったりと言う結果に)到達する。確かにお金は必要だけど、マージンがない」

 

ードルナがMoto2Moto3の最低年齢を上げたのは正しい

27「彼らはいい判断をしたと思います。これは素晴らしいスポーツだけど、荒れた面もあって、それはすごくリスキーなんだ。最もリスクの高いスポーツの一つだよね、だって10歳か12歳の子供が大きなサーキットにいて、13歳になったらもうMoto3に行くんでしょ。やりすぎだと思う。12歳なんて、命のこともバイクのことも理解できてないよ。ただのお子様で、ただ楽しみたいだけで、速くなりたがるけど、その危険さを頭に置くことはしないよね」

 

17歳の時にライダー人生の谷を経験した

27「オレが17歳で転倒して骨折した時、バイクをやめて世界選手権を離れたいと思っちゃったよ。17歳の時は、すごく悪い時をすごしたからね。オレはずっと危険さを理解してなかった。それで17歳の頃にやっと理解できた。ドルナはいいことをしたと思うよ、親御さん達にみんな落ち着かせなきゃいけないって解らせるための手段であり、チームにライダーを自分達の意のままに使うことはできないって解らせるための手段であり、他の人がやってるように早く(上のクラスに)上がる必要はないって解らせる手段、だよね」

 

   →大人の都合で子どもが消費されて、その結果怪我したり最悪命を落とすような図式を、嫌悪しているように思えた。自分がそうされていると感じることもあったんだろう。親はまともだったのが救い。

最初のパートはちょっと前知識がないと難しかった。家売ってトレーラーで暮らしながらチャンピオンを育てたファミリーを真似しようとは思わない、ってことでしょうね、先代の27番使ってた方のことでしょうね。

イケル少年は8歳とかわりと大きくなってからバイクに乗り始めたんで、3歳とかで乗らせ始めるような親は焦りすぎと思ってる様子。

レクオーナパッパは、息子達にバイクの英才教育して次世代のマルケス育てるぞ!というタイプではなかったことが窺える。現に長男は乗ってないし…(その代わりゴルカ兄は馬に乗る)

 

---

・土曜インタビューby Speedweek

https://www.speedweek.com/motogp/news/183669/Iker-Lecuona-(KTM8)-Ich-will-nur-Spass-haben.html

 

27「予選の結果はいいですね、オレにとって今のところMotoGPクラスでのベストなグリッド順位です。でも正直言って、金曜の後、Q1に行かなきゃいけないとは予想してなかったけどね。でも闘ってQ2に進出できたよ。

残念なことにQ2では新品のフロントタイヤがなくなっちゃったんだ。だからQ1と同じ中古の前輪タイヤを使ったんだよ。後輪は3つのリヤタイヤを使って、前輪はずっと同じ1個のタイヤを使ってた。この組み合わせは転倒するリスクがすっごく高まるんだよー。それでもオレ、もっと速いラップタイムに挑戦したかったんだ。それから第4コーナーで白線を踏んでしまって、転倒しちゃいました。

それでもオレはこのスターティンググリッドにはとっても喜んでるよ。強さを感じるんだ。週末の間、ずっと前の方にいられたし。今はレースが楽しみだよぉ。

 

レクオーナくんの才能はもう疑いようもないよねあとレース3回しかないけど。

27「皆さんにオレのライディングのレベルをお見せできるのはいいですねぇ。8月からの多くのレースで、6位とか7位とかで闘ってきたでしょ。でも一番重要なことは、これらの結果によってオレがまた自信を取り戻せたってこと。今週ここでは、オレはずっとトップ10とかトップ5で闘えました。FP3で上位10人からはみ出しちゃったのは残念だけどさ。でも落ち込まないでQ1では自分を守りきったよ。オレ、この二日間でとっても勉強できたし、まだまだ学び続けるよ。リラックスして自分の仕事に集中できたね。今は明日のレースを喜んで、楽しみたいな。オレは表彰台を取らなきゃいけないってわけじゃないし。ただ楽しみたいなあ」

 

   これだけ残すと、後で見た時に「イケルくんは表彰台なんか取れなくていいって思ってたの?投げやりなの?」と曲解しそうだから解説すると、総合2位でかつ上り調子だったバニャイアは、今回3pt以上クアルタラロよりポイントを稼がないと年間チャンピオンがここでクアルタラロに確定しちゃう。一方まさかのQ1行きだったクアルタラロは、次回以降のチャンピオンシップのために表彰台を獲得しときたい。……そういう前提との対比でこういう発言をしてるんだろうね。そりゃチャンスさえあれば誰だって取りたいに決まってら!

 

でまあ、なんかツルンと年間チャンピオン確定したな……。今回レクオーナガチ勢は、初Q2進出で大喜びの後のレース転倒という、アップからのダウンにガッカリしたが(まあこの子の転倒はいつものことなんで…)、多分それを遥かに超えて、世界で一番絶望したのは、バニャイアガチ勢だよね……お察ししますまあ彼は来年があるさ。

 

---

・日曜インタビューby Motosan

https://www.motosan.es/motogp/lecuona-me-he-ido-matando-en-cada-curva-me-frustra-porque-no-he-cometido-ningun-error/

 

ー日曜のまとめ

27「複数チームの何人かのライダーと闘った。みんなストレートでだけオレを抜いて行ったね。オレがMoto2のバイクに乗ってるみたいだった、いくつもポジションを失った。オレはトップ10に向けて闘ってたし、その近くにいた。

フロントをすっごくプッシュしてたよ。問題は、後輪側に問題が出てたってこと。グリップが全っ然なかったんだ。午前は水溜りとウェットな部分が(路面に)あって、それは上手く行ったんだけど。オレにとっては普通なことだったんだけど、最後には転倒した。オレのミスではないよ。何も特別なことはしてないの。朝と同じことをレースでもしたの。すっごくいい週末だったのに、トップ10に入れないで転倒しちゃった」

 

WUPと全然違うという衝撃

27「朝はすっごくいい感じでハッピーだったよ、完全にドライだけど第三セクターに少しウェットな箇所があった。バイクにいい感触があった。バイクに変更を加えた点が強みになっていたんだ。レースでは一周目から厳しい感じだった。バイクの挙動が違ってたんだ。ちゃんと止められる時もあったし、止められない時もあった。かなりミスりながら、トラックにとどまれるように電子制御をかなりいじってたよ。Moto2バイクに乗ってるみたいだったよ。ストレートで、4メーカーのバイクに抜かされた。バイクはトラクションがぜんっぜんなくて加速もぜんっぜんなかった。最後にはブレーキングで切れ込んで転倒した」

 

ー問題はバイクにあって、オレのミスじゃない

27WUPより遅いってのはオレにとっては普通のことだよ、WUPはウェットな部分がトラックにあったし。レースではコーナー毎に自分を殺したよ。変えたのは新品タイヤに変えたことだけで、リヤがまるで機能しなかったんだよ。残念だよ、トップ10で前の方で闘えるだけのペースがあったのに。こんな終わり方はイライラしちゃうよ、オレはなんのミスもしてなかったってことをわかってるんだもん」

 

ー繰り返されないよう解決策を見つけたい

27「今オレが求めるのは、レースを終えることと、今日起きたことがもう起きないこと。オレのせいじゃない類の問題が起きるのは、これで3回目だよ。超腹立つよ、オレ、トップ10にいたのに、得られなかった。もしあんなことが起きなければオレはトップ10に入れたと思う、そういうレベルだったし、楽しかったし。毎回、オレはより深くバイクを理解してるよ。オレ達はこのメカで向上して、表彰台を闘わないといけない」

 

  →speedweekもほぼ同じ内容。

https://www.speedweek.com/motogp/news/183873/Iker-Lecuona-nach-Misano-Sturz-Nicht-mein-Fehler.html

 

---

・現オリベイラ担のトレバサンさん不在で、元オリベイラ担のギーさんが代役でクルーチーフを務めたらしい。その部分だけ抜粋。

https://www.speedweek.com/motogp/news/183686/Miguel-Oliveira-(KTM5)-Doppelter-Crew-Chief-Job.html

Redbull KTMのガレージでオリベイラの隣にはギー・クーロンがいる。ポール・トレバサンはオースティンの後、コロナウイルスのテスト結果が陽性となりイタリアには来れなかった。

88「ギーさんのことは既によく知ってますから、これは平常な状態ですよ。ポールとはビデオで常時連絡が取れます。今回は2人のクルーチーフがいると言えますね。対応全体が機能していて、チームがハッピーです」

 

  しかしながらチャンピオン確定の陰でひっそりリタイヤしてて不憫……

 

---

elfのニコ動(クルーのお仕事編)

https://mobile.twitter.com/ELFxRacing/status/1451577838214135808

 

ニコ「MotoGPマシンにおいては、シャーシ調節の可能性はほぼ無限です。バイクは上げたり下げたり前の方に曲げたり後ろの方に曲げたりできます。フォークやショックの、サスペンション全体のセッティングもあります。様々な部分で遊べますね」

9「ブレーキの間、コーナーへの侵入、加速の間に、ライダーが快適さを感じられるよう、バイクの全ての高さと配列を変えることが可能です。確かにエンジンは開けることはできません、MotoGPではそこに触ることは禁止されています。しかしエンジニアだけがほぼ全てのことをできます」

ニコ「こういう4ストロークのバイクでは、エンジンに多くの電気制御があります。ECUがそれを管理します。データを取得することで、全ての情報を分析して処理することができます。ライダーが遭遇する問題次第で、我々は、コーナー毎にバイクを調整することができます、トラクションコントロールとか、エンジンブレーキとか、アンチウィリーとか、具体的な方法でです。我々はエンジン技術者とも仕事をしていて、週末の間ずっと我々と共にいます。我々は出走ごとにライダーとコミュニケーションして、ライダーは我々に感想を伝えます。彼はトラックでのバイクの挙動を報告するのです。全員が彼のフィードバックを聞く必要があります。それから我々は、彼のニーズに沿った最適な技術的解決法を見付けるためにミーティングをします。我々はそれを行動に移し、ライダーはまた出走するのです」

 

   久々にマスクのないニコさん新規絵、男前だなあ🥳しかもイケボのフランス語とか最高ですね、ありがとう英語字幕、ありがとうelf。仁王立ちで部下の仕事監視してるニコさん草。ニコさんとエリックさんの髪型的に、ルマンかムジェロで撮り溜めしてあったものと予想する。elfはフランス企業だから、やっぱルマンが濃厚かなあー。ライダー側がペトルッチ………そこはレクオーナにしてくれよ……と思って過去ログ探ったら、元々ペトルッチとポンシャラルさん中心のシリーズに、ニコさんが出てきた形のよう、ならしょうがないな。

シーズン前に撮ったと思われるイケル動画も1個だけあった。知らんかった。

https://mobile.twitter.com/ELFxRacing/status/1375870231256702984

 

---

◆おまけ

「危険性を理解してないMoto2のガキ時代」の話題が出てたので、3600枚越えしているイケルくんフォルダから画像引っ張ってきた。

 

2016年後半にエガーター兄さんの代役した頃の画像。(そういやエガさん来期どうなるのかワクワク…Moto2に戻るのか、SBK昇格か…)

f:id:nozoko250:20211029061612j:plain

背後で耳ダンボしているのが、ニュース記事で名前の言及があったチームオーナーのFred Corminboeufさん。

 

2017年に骨折して「(27 ´ω`)もうバイクやめよかな」ってなった時ってのがこの画像の頃のことかと。withホルヘ・ナヴァロ、シュール

f:id:nozoko250:20210613192336j:plain

ちなみにこの負傷から復帰した数戦後に、また転倒して数戦お休みした。アレマルの転倒に巻き込まれて…… このへんがキャリアの谷というやつ。

 

2018年。人生山あり谷あり。前年の大失敗を経て、山を登り始めた年。好調だから当時の中継映像によく映る。かわいいキャプをたくさん収穫できる年。

f:id:nozoko250:20211029062323j:plain

 

f:id:nozoko250:20211029062453j:plain

「しょうがない🤷🏻‍♂️」

 

f:id:nozoko250:20211029062559j:plain

むちゃくちゃにかわいいぞッ!!

 

この「やめよっかな」から上り調子になった頃を回想するインタビューを最近見つけたんで、そのうち対訳しようっと